『DOOM II』16面はレベルデザイナーのマイホームが元ネタだった!ゲーム内と実際の様子を比較する映像が公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『DOOM II』16面はレベルデザイナーのマイホームが元ネタだった!ゲーム内と実際の様子を比較する映像が公開

もちろんインプはいませんし、武器も配置されていません。

ゲーム文化 カルチャー
『DOOM II』16面はレベルデザイナーのマイホームが元ネタだった!ゲーム内と実際の様子を比較する映像が公開
  • 『DOOM II』16面はレベルデザイナーのマイホームが元ネタだった!ゲーム内と実際の様子を比較する映像が公開

id Softwareの伝説的FPS『DOOM II』(1994年、MS-DOS)のとあるステージについて、同作のレベル・シナリオデザインを担当していたSandy Petersen氏(現在はテーブルゲーム会社の社長)が、当時施工中だったマイホームの間取りをもとにデザインしていたことを明かしました。

YouTubeチャンネル、Sandy of Cthulhuが公開した映像では、『DOOM II』第16ステージ「Suburbs」の実機プレイの様子と、Petersen氏自ら(奥様とワンちゃん達も)が案内する自宅内の様子の比較映像を確認できます。

一部の部屋が省略されていたり、ゲームエンジンの技術的制約から2階部分が再現されていなかったりといくつか相違点はあるものの、Petersen氏の家の間取りと概ね合致していることが分かります。もちろんインプはいませんし、武器も配置されていません。

また第16ステージには、かつてPetersen氏が住んでいた実家(ご両親はまだ住んでいるそう)も登場していたことが明らかに。映像終盤には、実機プレイの様子と、素敵なご実家の様子の比較も収録されています。

25年の以上の時を経て、ようやく元ネタが明かされた『DOOM II』の第16ステージ。今日我々がプレイしているゲームにも、もしかしたらレベルデザイナーの自宅が登場していたりするのかもしれませんね。

《S. Eto》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. エヴァ初号機を『テラリア』で再現する強者現る!Steamコミュニティページでマップデータも公開中

    エヴァ初号機を『テラリア』で再現する強者現る!Steamコミュニティページでマップデータも公開中

  2. 日本語にも対応した『スカイリム』大型Mod「Enderal」パッチはこれで最後―開発チームは未公開の商用プロジェクトにシフト

    日本語にも対応した『スカイリム』大型Mod「Enderal」パッチはこれで最後―開発チームは未公開の商用プロジェクトにシフト

  3. 個人開発のSFローグライトアクション『Morbid Metal』ティザートレイラー映像を公開

    個人開発のSFローグライトアクション『Morbid Metal』ティザートレイラー映像を公開

  4. 熱帯雨林サバイバル『Green Hell』前日譚を描く「Spirits of Amazonia」パート1配信日が1月28日に決定

  5. サバイバルゲーム『Rust』2013年の早期アクセス以来最大プレイヤー数を記録―有名ストリーマー配信など影響

  6. ラヴクラフト系ホラーADV『THE SHORE』トレイラー! 娘を救うため禁断の島で謎を解く

  7. コジプロが2021年デジタルカレンダーを無料配布―シンボルキャラ「ルーデンス」が各月を彩る!

  8. 2021年1月31日でPLAYISMの『2064: Read Only Memories』日本パブリッシング終了―PS4/スイッチ版はパブリッシャー変更で再販

  9. ゲームボーイソフト新作カートリッジ『The Shapeshifter』Kickstarterキャンペーン開始―目標額はすでに達成済み

  10. 初期『GTA』風の中世オープンワールド『Rustler』早期アクセス開始日決定! 実写トレイラーも披露

アクセスランキングをもっと見る

page top