『KOF XV』キャラクタートレイラー第4弾「八神庵」公開! 八神流古武術がヒーローチームを襲う | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『KOF XV』キャラクタートレイラー第4弾「八神庵」公開! 八神流古武術がヒーローチームを襲う

おなじみの「泣け!叫べ!そして死ねぇ!」や「3段笑い」なども健在です。

ニュース 発表
『KOF XV』キャラクタートレイラー第4弾「八神庵」公開! 八神流古武術がヒーローチームを襲う
  • 『KOF XV』キャラクタートレイラー第4弾「八神庵」公開! 八神流古武術がヒーローチームを襲う
  • 『KOF XV』キャラクタートレイラー第4弾「八神庵」公開! 八神流古武術がヒーローチームを襲う
  • 『KOF XV』キャラクタートレイラー第4弾「八神庵」公開! 八神流古武術がヒーローチームを襲う
  • 『KOF XV』キャラクタートレイラー第4弾「八神庵」公開! 八神流古武術がヒーローチームを襲う
  • 『KOF XV』キャラクタートレイラー第4弾「八神庵」公開! 八神流古武術がヒーローチームを襲う
  • 『KOF XV』キャラクタートレイラー第4弾「八神庵」公開! 八神流古武術がヒーローチームを襲う
  • 『KOF XV』キャラクタートレイラー第4弾「八神庵」公開! 八神流古武術がヒーローチームを襲う
  • 『KOF XV』キャラクタートレイラー第4弾「八神庵」公開! 八神流古武術がヒーローチームを襲う

SNKは、対戦格闘ゲーム『THE KING OF FIGHTERS XV』に参戦する「八神庵」のキャラクタートレイラーを公開しました。

八神庵は、シリーズ2作目『THE KING OF FIGHTERS '95』から参戦している、シリーズ初代主人公「草薙京」のライバルにあたる存在です。切り裂くような体術と特有の紫炎を操る八神流古武術の使い手で、ファンの間では草薙京に次ぐ準主人公のような存在として、シリーズ通して高い人気を誇ってきました。おなじみの「泣け!叫べ!そして死ねぇ!」や「3段笑い」なども健在です。



『THE KING OF FIGHTERS XV』は2021年に発売予定。対応プラットフォームや価格は未定です。

《茶っプリン》

ゲームライター 茶っプリン

「ゲームの新情報を一番に知りたい、そして色んな人に広めたい」そんな思いからゲームライターに。インサイドではニュースライター、時々特集ライターとして活動。関係者、ユーザーから生まれるネットブームにも興味あり。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 最大70%OFF!『ダンガンロンパ』『極限脱出』などのシリーズ作がセット&セールでコスパ抜群─アクションADVやSRPGもお買い得【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

    最大70%OFF!『ダンガンロンパ』『極限脱出』などのシリーズ作がセット&セールでコスパ抜群─アクションADVやSRPGもお買い得【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

  2. 『GTA5』の継続的売上が2025年秋発売『GTA6』への自信の根拠、市場の期待は“最高潮”―テイクツーCEOが決算説明会にて語る

    『GTA5』の継続的売上が2025年秋発売『GTA6』への自信の根拠、市場の期待は“最高潮”―テイクツーCEOが決算説明会にて語る

  3. 【期間限定無料】地球外の機械を調査する「非常に好評」パズルゲーム『Machinika Museum』Steamにて無料配布!

    【期間限定無料】地球外の機械を調査する「非常に好評」パズルゲーム『Machinika Museum』Steamにて無料配布!

  4. マイクラセール実施中!『マインクラフト』15周年記念でシリーズ作品が一挙お買い得に

  5. 「ずっとやりたかったようなゲームが出るまで待ちくたびれたから、自分で作ることにした」業を煮やした海外名作開発者の次回作とは

  6. 『ディビジョン』シリーズ新作『Tom Clancy’s The Division Heartland』開発中止―発表から3年

  7. ローグライクにストラテジーにサンドボックス…何度も繰り返し遊べるゲームを集めたSteam「無限リプレイフェス」5月20日まで開催

  8. シリーズ最新作『GTA6』は2025年秋に発売予定!親会社テイクツーの決算報告書で明らかに

  9. 『PAYDAY 3』不振で開発元・StarbreezeのCEOが交代に…「異なるリーダーシップが必要」と判断、未来はどうなる?

  10. ニンテンドースイッチ後継機2025年3月発売へ―日本経済新聞が報じる

アクセスランキングをもっと見る

page top