『GTA V』売り上げ本数が全世界で1億4,000万本を突破!『RDR2』も3,600万本を超える大ヒット | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『GTA V』売り上げ本数が全世界で1億4,000万本を突破!『RDR2』も3,600万本を超える大ヒット

テイクツー・インタラクティブが最新の決算説明会にて報告しました。

ニュース ゲーム業界
『GTA V』売り上げ本数が全世界で1億4,000万本を突破!『RDR2』も3,600万本を超える大ヒット
  • 『GTA V』売り上げ本数が全世界で1億4,000万本を突破!『RDR2』も3,600万本を超える大ヒット
  • 『GTA V』売り上げ本数が全世界で1億4,000万本を突破!『RDR2』も3,600万本を超える大ヒット


テイクツー・インタラクティブは最新の決算説明会にて、『グランド・セフト・オートV』の売り上げが全世界で1億4,000万本を突破したことを明かしました。

PS3/Xbpx 360向けで発売されてからすでに7年以上が経過している同作ですが、2020年の売り上げは発売された2013年に次ぐ記録を残しているとのこと。またテイクツー全体の2020年第3四半期の純売上高は前年比から7%減の8億6,100万ドルでしたが、純利益は11%増加して1億8,200万ドルに達したことも報告されています。


さらに『レッド・デッド・リデンプション2』に関しても売り上げが3,600万本を超えたほか、『レッド・デッド・オンライン』では2020年12月に、2018年のサービス開始から新規プレイヤーも含めた最多プレイヤー数を記録したことが明かされました。

なお、テイクツーは2021年以降も『GTAオンライン』『レッド・デッド・オンライン』のサポートを約束。『GTA V』は次世代機でのリリースも予定されており、これらの数字は今後も伸びていくことが予想されます。


《TAKAJO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. PlayStation Storeでのビデオコンテンツ販売・レンタルが8月31日をもって終了

    PlayStation Storeでのビデオコンテンツ販売・レンタルが8月31日をもって終了

  2. EAが『ニード・フォー・スピード』新作を延期―開発チームは『バトルフィールド』を支援

    EAが『ニード・フォー・スピード』新作を延期―開発チームは『バトルフィールド』を支援

  3. 権利関係の係争続くクトゥルフADV『The Sinking City』のSteam版は「デコンパイル・ハッキングによるもの」―開発元のFrogwaresが主張

    権利関係の係争続くクトゥルフADV『The Sinking City』のSteam版は「デコンパイル・ハッキングによるもの」―開発元のFrogwaresが主張

  4. 東方Project第18弾『東方虹龍洞』発表! 霊夢、魔理沙、咲夜、早苗の4人が異変に臨む─“能力”を任意で装備する、挑戦的システムを採用

  5. Forever Entertainmentがスクエニの過去作リメイクを手掛けることを発表―『パンツァードラグーン:リメイク』販売元が1IPを複数タイトル展開

  6. 宇宙の力をコントロールする『VALORANT』新エージェント「アストラ」発表!

  7. Epic Gamesストアにて狂気と死の航行ホラーアドベンチャー『Sunless Sea』期間限定無料配信開始

  8. 誘拐されたサイコパスの館から脱出するホラーADV『Don't Be Afraid』公式日本語対応アップデート配信!

  9. 『バトルフィールド』新作は2021年のホリデーシーズンに発売予定―春に情報公開

  10. 『バトルフィールド』新作は「これまで以上に多くのプレイヤーが参加できる」―EAのCEOが決算説明会で明かす

アクセスランキングをもっと見る

page top