農業シム『Pumpkin Days』―プレイヤーは2人以上の相手と結婚することもできる【開発者インタビュー】【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

農業シム『Pumpkin Days』―プレイヤーは2人以上の相手と結婚することもできる【開発者インタビュー】【UPDATE】

恋愛対象は100人以上!迷っちゃいます。

連載・特集 特集
農業シム『Pumpkin Days』―プレイヤーは2人以上の相手と結婚することもできる【開発者インタビュー】【UPDATE】
  • 農業シム『Pumpkin Days』―プレイヤーは2人以上の相手と結婚することもできる【開発者インタビュー】【UPDATE】
  • 農業シム『Pumpkin Days』―プレイヤーは2人以上の相手と結婚することもできる【開発者インタビュー】【UPDATE】
  • 農業シム『Pumpkin Days』―プレイヤーは2人以上の相手と結婚することもできる【開発者インタビュー】【UPDATE】
  • 農業シム『Pumpkin Days』―プレイヤーは2人以上の相手と結婚することもできる【開発者インタビュー】【UPDATE】
  • 農業シム『Pumpkin Days』―プレイヤーは2人以上の相手と結婚することもできる【開発者インタビュー】【UPDATE】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Pumpkin Interactive開発、PC向けに2月2日に正式リリースされた農業シミュレーション『Pumpkin Days』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、3D農業シミュレーションゲーム。農業、魚釣り、料理などと言った農業シムの基本となる要素に加え、性別のないキャラクタークリエイションや4つの難易度、100人以上の恋愛対象キャラクターなど、他の作品ではなかなか見られない要素が特徴です。記事執筆時点では日本語未対応。

『Pumpkin Days』は、2,570円で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

Monique Blaize氏(以下Monique)こんにちは、Monique Blaizeです。多くの人からはMomoと呼ばれています。私は生活シミュレーションゲームが大好きなのですが、他にも日本スタイルのマンガや絵を描くのが大好きです。2012年にサヴァンナ芸術工科大学を卒業し、ゲームデザインの学士号を取得しました。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Monique私は大学を卒業後、ゲーム業界の仕事を探したのですが見つからず、諦めた時に本作のアイデアが生まれました。2013年のことです。私はKickstarterキャンペーンで開発資金を集めることにして、ありがたいことに、2014年には本作の資金集めに成功しました。私はゆったりとした生活シミュレーションゲームが好きなのですが、当時そういったジャンルのゲームがあまりなく、だったら自分で理想の農業ゲームを作ってしまおうと思ったのです。

――本作の特徴を教えてください。

Monique本作には農業シムのファンからリクエストされた、個性的な要素がいくつか入っています。まず、キャラクターを作成する際、性別がありません。代わりに、体型スライダーを使うことで男らしさや女らしさを表現するのです。これにより、プレイヤーは性別という枠に囚われないキャラクターを作成できます。また、本作には他の作品のキャラクターカスタマイズではあまり見られない、体重スライダーもあります。

本作には、性別に関係なくデート可能なキャラクターが100人以上登場します。また、プレイヤーは2人以上の相手と結婚することもできるので、複数のキャラクターと同時に恋愛関係になれます。

ゲームシステム面だと、本作には難易度選択があり、これも農業ゲームではなかなかないものではないでしょうか。本作では育てたり、クラフトしたり、発見したりできるアイテムがとてもたくさんあります。90種類以上の作物、90種類以上の魚、500以上のレシピ、他にもたくさんのアイテムが登場しますよ。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Moniqueはい、本作は『牧場物語』シリーズから多大な影響を受けており、『どうぶつの森』シリーズからの影響も少しあります。開発開始時点で、家庭用ゲーム機向けのシリーズ最新の3D農業シムということもあり、特に『牧場物語 わくわくアニマルマーチ』から影響を受けました。その後に発売された携帯ゲーム機向けの作品は遊んでおらず、今では3Dの農業ゲーム自体が珍しいものになってしまいました。

――本作の日本語対応予定はありますか?有志翻訳は可能でしょうか?

Monique残念ながら、日本語対応予定はありません。わずか3人の小さなチームであるということと、資金が限られているためです。しかし有志翻訳ができるよう、Mod対応に向けて現在作業を行なっています。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Monique幸運にも、まったくありませんでした。本作の開発はすべてリモートで行われたのです。何か影響があったとすれば、家にいなくてはいけなかったので、おそらくより開発が進んだということでしょうか。

――本作の配信や収益化はしても大丈夫でしょうか?

Moniqueはい、もちろんです。私たちはコミュニティとの関係をとても大事にしているスタジオですので、本作の配信や動画作成をしたいという方のお手伝いを喜んでさせていただきます。TwitterやTwitchで本作のことに触れている方にも、なるべくご挨拶させていただくように努めています。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Monique本インタビューを読んでいただき、ありがとうございます!皆さんが安全で健康でいられることをお祈りしております!もし本作を遊んでいただけましたら、感謝申し上げます。ガッカリすることがないと良いのですが。

――ありがとうございました。



◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に300を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。

※UPDATE(2021/2/22 20:25):記事内のタイトルの誤記を修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。

《Chandler》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top