『ストリートファイター』キャラが英語の教科書に!0フレで“公式オッケー”する事態に「凄い」「時代は変わった」と好意的な反応 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ストリートファイター』キャラが英語の教科書に!0フレで“公式オッケー”する事態に「凄い」「時代は変わった」と好意的な反応

英語の教科書に『ストリートファイター』キャラが登場。描いたのは『ラブプラス』シリーズ等で知られる箕星太朗氏。

ゲーム文化 カルチャー

『ラブプラス』シリーズや『めがみめぐり』、『GOD WARS』、『√Letter ルートレター』、『LoveR』といった作品でキャラクターデザインを手がけているクリエイター、箕星太朗氏。令和3年度からは、中学生向けの英語教科書「NEW CROWN」のイラストも担当しています。

そんな箕星氏が、同教科書に『ストリートファイター』シリーズの「リュウ」「春麗」「さくら」を描いたことが明らかになり、注目を集めています。


格ゲーキャラのコスプレをしている場面をオーダーされた箕星氏は、「世界で一番有名な格ゲーのストリートファイターのキャラにしたい」という思いから、カプコンに連絡をとったとのこと。話を受けたカプコン側も、「英語の教科書に載るという大変光栄な事ですので、0フレで公式オッケー出させていただきました」と快諾し、本件に至ったようです。

なお、”0フレ”という表現は格ゲーマー以外にはあまり耳慣れない表現かもしれません。

格闘ゲームにおいて、1フレームは60分の1秒。シリーズ最新作『ストリートファイター V』における最速技の発生が3~4フレーム(ボタンを押してから60分の3~4秒後に攻撃判定が出現する。弱パンチや弱キックが該当)であることを考慮すると、「0フレで公式オッケー」というのが、いかに素早い反応だったかが分かります。

Twitter上では、「すごい!」「ストリートファイターが教科書に載るとは」といった好意的反応が多数。さらにキャラクター本人ではなく、そのコスプレイヤーを描いた場面という点についても、「時代の流れを感じる」等の反応が寄せられています。

『ストリートファイター』キャラが英語の教科書に登場!箕星太朗氏の依頼に公式が“0フレオッケー”する事態に、「凄い」「時代は変わった」と好意的な反応

《ねんね太郎》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. そっぽ向いても大惨事はそのまま!『レッド・デッド・リデンプション2』世界の自動修復を防いで永続性を強化するModが登場

    そっぽ向いても大惨事はそのまま!『レッド・デッド・リデンプション2』世界の自動修復を防いで永続性を強化するModが登場

  2. 『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第5回「CRカップ」が5月15日開催決定!前回大会は同時視聴者数20万人超

    『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第5回「CRカップ」が5月15日開催決定!前回大会は同時視聴者数20万人超

  3. まもなく米国で公開の実写映画版「モータルコンバット」フェイタリティシーンがお披露目

    まもなく米国で公開の実写映画版「モータルコンバット」フェイタリティシーンがお披露目

  4. 『サイバーパンク2077』初期バージョンに存在していた「ウォールランニング」を復活させるModが登場! 一部で機能制限あり

  5. まさに至宝!『DEATH STRANDING』「クリフォード・アンガー」1/2スタチューが予約開始

  6. 史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

  7. 真田広之のアクションが光る! 実写映画版「モータルコンバット」序盤7分が披露

  8. 発売直後のインディーゲームがプレイヤー数15万人を突破、Xbox Game Passの影響も大―『レインパレード: イタズラ雲の冒険!』が快調を報告

  9. 『GTA V』をクリアするためには最低でも700人以上を殺めなければならない―海外ユーザーが約半年をかけた検証結果を報告

  10. 殺される度に強くなる! まるでゲームのようなSFアクション映画「コンティニュー」公開決定―タイムループの謎を解き明かせ

アクセスランキングをもっと見る

page top