ゲームの雰囲気そのままの『Cuphead』立体アニメーション装置がオーストラリアの博物館に登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゲームの雰囲気そのままの『Cuphead』立体アニメーション装置がオーストラリアの博物館に登場

今後10年間展示予定。

ゲーム文化 カルチャー
ゲームの雰囲気そのままの『Cuphead』立体アニメーション装置がオーストラリアの博物館に登場
  • ゲームの雰囲気そのままの『Cuphead』立体アニメーション装置がオーストラリアの博物館に登場
  • ゲームの雰囲気そのままの『Cuphead』立体アニメーション装置がオーストラリアの博物館に登場

まるで昔から存在していたアニメのようなアートスタイルで注目を集めたアクションゲーム『Cuphead』ですが、デベロッパーStudio MDHRはデジタル文化を中心としたオーストラリアの博物館「ACMI(Australian Centre for the Moving Image)」に展示される本作の立体アニメーション装置が動作する映像を披露しました。

この装置はゾエトロープと呼ばれるもので、回転する台とストロボライトの点滅によって立体物のアニメーションを実現。今回は3Dプリントされた100体以上の人形が使用されているそうです。博物館には今後10年間展示されるとのことなので、もしいつかオーストラリア旅行に行けた際にはACMIを訪れてみるのも良いかもしれません。

『Cuphead』はPC(Steam, GOG.com, Microsoft Store)/PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチを対象に配信中。また、当初の予定から延期してしまったもののDLC「The Delicious Last Course」も開発中です。

《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「世界ビデオゲームの殿堂」2021年ファイナリストが決定―『どうぶつの森』『コール オブ デューティ』『Portal』『Microsoft Flight Simulator』などが選出

    「世界ビデオゲームの殿堂」2021年ファイナリストが決定―『どうぶつの森』『コール オブ デューティ』『Portal』『Microsoft Flight Simulator』などが選出

  2. 2021年6月開催の「E3 2021」に10社がさらに参加ースクエニ、セガ、バンナムなど

    2021年6月開催の「E3 2021」に10社がさらに参加ースクエニ、セガ、バンナムなど

  3. 『バイオハザード ヴィレッジ』デモ版にドミトレスク夫人を“トーマス顔”にしてしまうModが登場!

    『バイオハザード ヴィレッジ』デモ版にドミトレスク夫人を“トーマス顔”にしてしまうModが登場!

  4. EMERGENCY MEETING!『Among Us』の“あのボタン”付き限定パッケージ版が海外通販サイトで発表―予約は5月12日0時から

  5. ジョン・ロメロも認めた初代『DOOM』大型Mod「Wolfenstein: Blade of Agony」の最終版がリリース!

  6. コナミ、「E3 2021」への参加を辞退―開発中の"キープロジェクト"の存在も明らかに

  7. 『原神』運営開発miHoYo本社に武装したファンがあわや襲撃間際か……原因は『崩壊3rd』キャラクターの「セクシー衣装」?

  8. 『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第5回「CRカップ」が5月15日開催決定!前回大会は同時視聴者数20万人超

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 劇場版「鬼滅の刃」が全米の週末興行収入ランキングで1位に!実写版「モータルコンバット」からトップの座を奪う

アクセスランキングをもっと見る

page top