「仄見える少年」作画・松浦健人氏が披露した『ドラクエ11』イラストが圧倒的!冒険を共にした仲間たちの思い出が蘇る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「仄見える少年」作画・松浦健人氏が披露した『ドラクエ11』イラストが圧倒的!冒険を共にした仲間たちの思い出が蘇る

「仄見える少年」作画担当など多くの実績を持つ松浦健人氏が、このたび『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』のファンアートを公開しました。

ゲーム文化 カルチャー
「仄見える少年」作画・松浦健人氏が披露した『ドラクエ11』イラストが圧倒的!冒険を共にした仲間たちの思い出が蘇る
  • 「仄見える少年」作画・松浦健人氏が披露した『ドラクエ11』イラストが圧倒的!冒険を共にした仲間たちの思い出が蘇る

週刊少年ジャンプで連載された「仄見える少年」の作画担当でも知られている松浦健人氏が、自身のTwitterアカウントにて『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』のファンアートを公開。松浦氏のファンを中心に、大きな話題となっています。

国民的な人気を博し、今もゲーム業界の最前線で活躍を続けるRPGシリーズ『ドラゴンクエスト』。同名の1作目が発売された1986年5月27日から数え、35年におよぶ年月を刻んでいます。その道程の中で様々な作品を生み出すと共に、多くのユーザーを虜としてきました。

そんな名シリーズの35周年を踏まえ、松浦氏が『ドラゴンクエストXI』に登場する主要キャラクターを描いたイラストをお披露目。主人公を中央に据え、彼を支えて冒険に挑んだ仲間達の姿や胸に秘めた想いを、卓越した画力で雄弁に表現しています。

現在リリースされているナンバリング作品の中では、最新作に当たる『ドラゴンクエストXI』。それだけに、プレイした記憶が鮮明に残っている方も多いことでしょう。今回披露されたイラストを通じ、当時の思い出を振り返ってみてはいかがですか。

《臥待 弦》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ゴールデンアイ 007』風スパイシューター『Agent 64: Spies Never Die』デモ版配信開始!

    『ゴールデンアイ 007』風スパイシューター『Agent 64: Spies Never Die』デモ版配信開始!

  2. カプコン、『バイオハザード4』などで写真を無断使用したとして提訴される―損害賠償請求は1,200万ドル以上に

    カプコン、『バイオハザード4』などで写真を無断使用したとして提訴される―損害賠償請求は1,200万ドル以上に

  3. 『モンハン』シリーズに「チャチャブー」が戻る予定は“現状ない”―Redditインタビューで辻本Pが回答

    『モンハン』シリーズに「チャチャブー」が戻る予定は“現状ない”―Redditインタビューで辻本Pが回答

  4. 映画版『ボーダーランズ』は「これまで見たことがないような作品になる」―ローランド役ケヴィン・ハートが語る

  5. 『原神』すべてが麗しい「凝光」の新作フィギュア公開!LEDギミック搭載、小物まで事細かに表現された驚きのハイクオリティ

  6. あのゲーミングマスクの詳細や新型Razer Bladeなどが発表されたRazer E3イベントまとめ【E3 2021】

  7. ご本人様降臨!『バイオハザード ヴィレッジ』巨大貴婦人「ドミトレスク」のモデル本人がコスプレ披露

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. Netflix実写シリーズ「アサシン クリード」脚本家に映画「ダイ・ハード」のジェブ・スチュアート氏を起用していることが明らかに

  10. Co-opホラー『Phasmophobia』ベータ版に2種類の新ゴースト「Yokai」「Huntu」が追加予定

アクセスランキングをもっと見る

page top