伝説の残虐ゲー『POSTAL』が、2022年に長編ドキュメンタリー化!世間をザワつかせたゲームの歴史を振り返る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

伝説の残虐ゲー『POSTAL』が、2022年に長編ドキュメンタリー化!世間をザワつかせたゲームの歴史を振り返る

何かと日本とも縁深いゲームシリーズ。ドキュメンタリーではそのへんにも触れられるのでしょうか?

ゲーム文化 カルチャー
伝説の残虐ゲー『POSTAL』が、2022年に長編ドキュメンタリー化!世間をザワつかせたゲームの歴史を振り返る
  • 伝説の残虐ゲー『POSTAL』が、2022年に長編ドキュメンタリー化!世間をザワつかせたゲームの歴史を振り返る
  • 伝説の残虐ゲー『POSTAL』が、2022年に長編ドキュメンタリー化!世間をザワつかせたゲームの歴史を振り返る

8月15日午前2時に放送されたレトロシューター中心の発表イベント「Realms Deep」にて、残虐ゲーム『POSTAL』シリーズを追う長編ドキュメンタリー「Going Postal: The Legacy Foretold」を発表しました。

本ドキュメンタリーは、銃を乱射して一般人や警察官を次々に殺していくという内容が物議を醸し、銃乱射事件の犯人が熱心にプレイしていたとして各国で発売禁止となった初代『POSTAL』とブラックジョーク満載のおバカなゲームと化し、12年後にはDLCもリリースされた『POSTAL 2』を中心としたドキュメンタリーになる模様。ほかにも初代のリマスター版『POSTAL Redux』や、ウーヴェ・ボル監督による実写映画『POSTAL The Movie』、開発元が変わりメタスコア24点を記録したPostal III』など、興味深い歴史を抱えたビデオゲームシリーズです。

なお、『POSTAL』シリーズはほぼ全作品が日本語吹替版が発売されたほか、初代『POSTAL』で日本語版限定で収録されたマップ「東京・大阪」(現在はSteam版でもプレイ可能)が存在したり、『Postal 2』は日本にて世界最速で発売されたりと、暴力的なゲームでありながら何かと日本とも縁深い作品。その辺りの言及にも期待したいところです。

開発元・RWSのボス、Vince Desi氏による日本ユーザー向けメッセージ

「Going Postal: The Legacy Foretold」は2022年に公開予定です。

《みお》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ブランド名は“サカ・グッチ”?『FF』シリーズ生みの親・坂口博信氏が『FF14』で裁縫師としてアイテムをマーケットに出品

    ブランド名は“サカ・グッチ”?『FF』シリーズ生みの親・坂口博信氏が『FF14』で裁縫師としてアイテムをマーケットに出品

  2. 映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」日本語吹替版声優追加発表―ブライアン警察署長に堀内賢雄さん、バーキン博士は平田広明さん

    映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」日本語吹替版声優追加発表―ブライアン警察署長に堀内賢雄さん、バーキン博士は平田広明さん

  3. イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

    イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

  4. 西部開拓時代モチーフのサバイバルSLG『Above Snakes』Kickstarterキャンペーン開始!ゾンビと戦い、世界を広げながら生き残れ

  5. 『セガサターン』と『初代プレステ』がオシャレな腕時計に!? 古の「セガ」マニアから歓喜の声

  6. 『ペルソナ5』のクイーンとナビが立体化!手に取りやすい「POP UP PARADE」シリーズで予約受付開始

  7. 『クラフトピア』開発元の最新作『パルワールド』第2弾PV公開―不思議な生物「パル」と力を合わせて冒険や戦闘、工場労働も?

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 太ももが“すべ肌加工”でより眩しく!「ライザ」白水着フィギュア、1月21日予約開始

  10. 「ファミコン通信」創刊号から3号まで復刻の「復活!ファミコン通信」1月31日まで無料配信中

アクセスランキングをもっと見る

page top