セクシー美女のご褒美求めるACT、PS版では驚愕の変化……人によってはむしろさらなるご褒美に? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

セクシー美女のご褒美求めるACT、PS版では驚愕の変化……人によってはむしろさらなるご褒美に?

なにが“ご褒美”になるかはよくわからないですよね。

ゲーム文化 カルチャー
セクシー美女のご褒美求めるACT、PS版では驚愕の変化……人によってはむしろさらなるご褒美に?
  • セクシー美女のご褒美求めるACT、PS版では驚愕の変化……人によってはむしろさらなるご褒美に?
  • セクシー美女のご褒美求めるACT、PS版では驚愕の変化……人によってはむしろさらなるご褒美に?
  • セクシー美女のご褒美求めるACT、PS版では驚愕の変化……人によってはむしろさらなるご褒美に?

先日発表されたあるプラットフォーマーアクションゲームが発売ハードによって大きくその内容を変えたことが海外で話題となりました。

Gamerantなどが報じるところによれば、問題のタイトルはEastasiasoftよりニンテンドースイッチ向けに発表された『20 Ladies』というアクションゲーム。牧歌的なグラフィックで展開するプラットフォーマーアクションである同作ですが、ステージに隠された水着美女たちを探し、その後ステージをクリアしていくことで彼女たちのあられもない姿が見られるという、セクシーな要素を特色としたタイトルであるようです。

これだけでは昨今のニンテンドースイッチでは少なくないようなタイトルのひとつでしかない同作ですが、話はここからです。Eastasiasoftが同日に発表したPS5/PS4向けの『20 Bunnies』というタイトルを見てみると一目瞭然でしょう。両作品は明らかに同じゲームの別ハード版となっていますが、両者にはどうしようもないほどに大きな違いが……。なんと『20 Ladies』の“ご褒美”が『20 Bunnies』ではウサギの可愛らしいケモノ美少女になっています。

この2バージョンが存在することについてEastasiasoftからのアナウンスは行われていません。「美女が駄目ならケモノにすればいい」というのは日本で海外の事情が語られるときによくまことしやかに囁かれる都市伝説ですが、本当にそれを狙ったような例を目にすることは珍しいところなのかも知れません。

一方で好みが合わない美女キャラの“ご褒美”を期待するぐらいなら、かわいいケモノキャラの方に惹かれるだろう人間もいるだろうことを考えると、何がホントに“ご褒美”なのか、奥深さを感じ得ずにはいられない読者の方もいるのではないでしょうか。

お好みはどちら?

『20 Ladies』『20 Bunnies』いずれも2021年11月19日にそれぞれのハードにて海外向けに配信予定です。

《Arkblade》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 基本プレイ無料WW2協力ゾンビFPS『Projekt Z』Kickstarterをキャンセル

    基本プレイ無料WW2協力ゾンビFPS『Projekt Z』Kickstarterをキャンセル

  2. 松本人志?や和田アキ子?、東ブクロまで登場する『龍が如く』実写パロディ!

    松本人志?や和田アキ子?、東ブクロまで登場する『龍が如く』実写パロディ!

  3. 『F.E.A.R』ライクな強化兵士ガンフーFPS『Trepang2』最新ティーザー!新デモは6月に公開

    『F.E.A.R』ライクな強化兵士ガンフーFPS『Trepang2』最新ティーザー!新デモは6月に公開

  4. 「ゆっくり茶番劇」ドワンゴが商標登録への4つのアクション発表―所属コミュニティーからは権利抹消申請の報告も

  5. これで終息なるか?「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄手続きを5月23日に開始すると登録者が報告

  6. 感染禍の東京を描いた珈琲ゲーム、自分を古墳と思い込む男の子のADVに要注目―ゲムスパ注目インディーWavesその1【ILE2022】

  7. この動き絶対見たことある! 現実の渋谷でオープンワールドゲームの動きを再現する超力作映像が公開

  8. 波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

  9. ゾンビ禍なのに出社強要上司、あなたのPCに美少女が迷い込むADVなど珍ゲーム続々!ゲムスパ注目インディーWavesその2【ILE2022】

  10. 小島監督も“感無量”の「LUDENS MASK」は5月末発売―気になる『デススト』続編はノーマン・リーダスが再言及

アクセスランキングをもっと見る

page top