8kgの機器を背負って25分のVR体験…!USJ『モンハン』アトラクションの“マジ狩り”っぷりにハンター騒然 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

8kgの機器を背負って25分のVR体験…!USJ『モンハン』アトラクションの“マジ狩り”っぷりにハンター騒然

USJ『モンハン』VRアトラクションが「ハードすぎる」と話題。8kgの機器を背負って、一狩り行こうぜ!

ゲーム文化 カルチャー
8kgの機器を背負って25分のVR体験…!USJ『モンハン』アトラクションの“マジ狩り”っぷりにハンター騒然
  • 8kgの機器を背負って25分のVR体験…!USJ『モンハン』アトラクションの“マジ狩り”っぷりにハンター騒然
  • 8kgの機器を背負って25分のVR体験…!USJ『モンハン』アトラクションの“マジ狩り”っぷりにハンター騒然
  • 8kgの機器を背負って25分のVR体験…!USJ『モンハン』アトラクションの“マジ狩り”っぷりにハンター騒然

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下USJ)にて「モンスターハンターワールド:アイスボーン XR WALK」が2022年1月21日より開催予定です。「解禁!マジ狩りワールド!」と題されたVR映像と特殊効果によるアトラクションなのですが、あまりにも“マジ”な仕様がファンの間で話題となっています。

本アトラクションは、参加者が大剣・太刀・ハンマー・スラッシュアックス・ヘビィボウガンから武器を選び、VRにより360度の視野で再現される雪原を自らの足で歩き回りながら、「イヴェルカーナ」を討伐するもの。『モンスターハンター』ファンなら誰もがあこがれる、リアリティあふれる体験が可能になる…のですが、参加中は約8kgもの専用機器を背負い、かつ前述した武器を構える必要があります。さらにアトラクションの体感時間は約25分ほど。クリアにはかなりの体力が要求されそうです。

しかし、逆にこのハードな条件がファンを刺激したのか、「筋トレしなきゃ」「誰かトレーニングして行こうぜwww」との好反応が続出。よくよく考えてみると、ゲーム内のハンターは重そうな装備を身に着けて走ったり転がったりしていますし、「逆にリアルなのか?」との声も上がっています。偽りなし、本格的な“マジ狩り”と言えるでしょう。

ちなみにUSJ公式HPには、「体力に自信のない方、自力歩行ができない方(杖なしでは歩行ができない方を含む)は体験できません」との注意書きが記されています。興味のある方は実際に、ダンベルやお米などで「8kg」の荷物を背負う訓練を行ってから挑んだほうが良いかもしれません。

「モンスターハンターワールド:アイスボーン XR WALK」は、2022年1月21日(金)から8月28日(日)までの開催となります。その他詳細につきましては公式HPをご確認ください。

※【11月2日午前9時アップデート】文中の日付を訂正しました。

《高村 響》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『シヴィライゼーション VI』自分の都市を作らずゲームに勝利する海外ストリーマー現る!公式Twitterからも称賛の声

    『シヴィライゼーション VI』自分の都市を作らずゲームに勝利する海外ストリーマー現る!公式Twitterからも称賛の声

  2. 『NASCAR 2005』からヒントを得たリアル“壁走り”NASCARが正式に禁止―危険行為として認定

    『NASCAR 2005』からヒントを得たリアル“壁走り”NASCARが正式に禁止―危険行為として認定

  3. 倒した敵を味方にできるPS2/GC風3DアクションRPG『Sword of the Necromancer: Revenant』Kickstarter開始!

    倒した敵を味方にできるPS2/GC風3DアクションRPG『Sword of the Necromancer: Revenant』Kickstarter開始!

  4. 盗まれる程おいしそうな「スイート・ロール」も作れる!「The Elder Scrolls: The Official Cookbook」邦訳版が3月3日発売

  5. 『FF14』「絶オメガ検証戦」不正ツール使用チーム所属メンバーが処罰を受ける―報酬や称号は全没収へ

  6. HD-2D風ピクセルアート武侠RPG『Wandering Sword』ゲームプレイトレイラー! デモ版も近日初公開

  7. 渦中のメンバー“外部ツールの使用は事実”『FF14』界隈揺るがすレイドレース「ズームハック」―他上位勢はツールを使うはず、そこに対抗するためだった【UPDATE】

  8. キャラクター/アカウントの削除は“デジタル切腹”か― 『FF14』不正ツール騒動が生んだ新たなミーム

  9. クレカ不正利用し失踪した「父ノ背中」プロゲーマーが契約解除―代表曰く75万円の借金も「もういい」

  10. 『FF14』「絶オメガ検証戦」不正行為について吉田Pが公式コメント―「少なくとも僕は、当該チームをワールドファーストチームとは認めません」

アクセスランキングをもっと見る

page top