これが炎のレストラン(物理)だ!『Recipe for Disaster』で楽しむハプニング経営シム【爆レポ】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

これが炎のレストラン(物理)だ!『Recipe for Disaster』で楽しむハプニング経営シム【爆レポ】

今回はレストラン経営シム『Recipe for Disaster』をご紹介。次々と襲い掛かる火災という名のハプニングに負けず首皮一枚で明日を掴みましょう。

連載・特集 プレイレポート
これが炎のレストラン(物理)だ!『Recipe for Disaster』で楽しむハプニング経営シム【爆レポ】
  • これが炎のレストラン(物理)だ!『Recipe for Disaster』で楽しむハプニング経営シム【爆レポ】
  • これが炎のレストラン(物理)だ!『Recipe for Disaster』で楽しむハプニング経営シム【爆レポ】
  • これが炎のレストラン(物理)だ!『Recipe for Disaster』で楽しむハプニング経営シム【爆レポ】
  • これが炎のレストラン(物理)だ!『Recipe for Disaster』で楽しむハプニング経営シム【爆レポ】
  • これが炎のレストラン(物理)だ!『Recipe for Disaster』で楽しむハプニング経営シム【爆レポ】
  • これが炎のレストラン(物理)だ!『Recipe for Disaster』で楽しむハプニング経営シム【爆レポ】
  • これが炎のレストラン(物理)だ!『Recipe for Disaster』で楽しむハプニング経営シム【爆レポ】
  • これが炎のレストラン(物理)だ!『Recipe for Disaster』で楽しむハプニング経営シム【爆レポ】

最新ゲームが毎日大量にリリースされる昨今。メーカーやストアのゲーム紹介だけでは「どんなゲームかわからない!」とお嘆きのGame*Spark読者も多いのではないでしょうか。私もプレイするまで正体が掴み切れず泣いています。そこで“なるべく早く”をモットーに、ゲームの生の内容をお届けするのが本企画「爆速プレイレポ」。

今回はDapper Penguin Studiosが開発を、Kasedo Gamesがパブリッシャーを担い、2021年11月05日にSteamにて、PC(Windows)向けに早期アクセスリリースしたレストラン経営シム『Recipe for Disaster』について生の内容をお届けしたいと思います。

『Recipe for Disaster』とは?

本作はオーソドックスなレストラン経営シム。店の間取りや内装・外装の手入れに始まり、スタッフの雇用・配置、材料仕入れ、レシピ作成・値段設定、時にはお客様の要望やハプニングにも臨機応変に対応していく……そんな管理ゲームの色合いが強いです。

とはいえそれぞれの要素が難しいということはなく、プレイ体験自体はいたってシンプル。街づくりや管理系ゲームをあまり得意としない筆者であっても、本作は十分に楽しく遊べました。早速紹介してまいりましょう。

設定・操作・言語

本作はキーボード&マウス操作に対応。WASDを中心にした左手の配置でカメラワークやオブジェクトなどをおおまかに操作をしつつ、マウスで細かく調整をかけていくような感覚です。またグラフィックも細かく設定できるので、自身のPCスペックと相談しながら調整すると良いでしょう。そして言語は日本語にもバッチリ対応。一部の表記が直訳すぎたりしますが、プレイに大きな支障はありませんでした。

エディター

メニュー画面から「作成する」を選ぶと、プレイヤーの分身となる従業員アバターの外見・能力を設定できる「アバターエディター」、制服デザインを設定できる「制服エディター」、新レシピなどを設定できる「料理本」にアクセスできます。これらはゲーム本編中にも登場するので、特にアバターについては今のうちに設定しておくと良いかもしれません。

ということでお馴染みスパくんを作成。

チュートリアル

チュートリアルではゲームの基本操作と進行について解説されています。実際にゲームをプレイして手を動かしながら学習できますし、普通にやれば5分程度で終わるので是非とも予習しておきたいところ。

本編開始

さあ経営のイロハを学んだことですし、「新規ゲーム」で辣腕を振るってまいりましょう。ゲームはレベルクリアによって進行し、それぞれのレベルに設けられた目標の達成がクリア条件になります。今回の目標は、同時に5つのテーブルに客がすわり、累計8つのテーブルで注文を受け、1日で150ドルを稼ぐなどなど……なお店の人気度が30%を割ったらゲームオーバーです。

なあに、まずは小手調べ。チュートリアルの経験を生かしてテキパキ処理をしていきましょう。画面中央で半壊している椅子を片付け、店のメニューとレシピを確認してから従業員を雇います。開店後は見下ろし型のカメラでレストラン内部をモニターしつつ、キャラクターやオブジェクトをクリックしてより具体的なアクションを指示していきます。

レシピ

こちらはゲーム中にアクセスするレシピエディターです。画面内の各工程ブロックと矢印が左から右に進み完成品ブロックに収束します。工程ブロックは材料や調理法などが、完成品ブロックは盛り付け方などさらに細かい調整が可能。お客様は揚げ物が食べたい、この調理法が苦手、などなど様々なリクエストを抱えてテーブルにつきます。

それに対してレシピ料理はそれぞれに特性があるため(ブロック下部にアイコン表示)、お客様に合わせて選択していくと良いでしょう。スクショだけではわかりづらいかもしれませんが、実際にプレイして触ってみると視覚的にわかりやすい。とはいえ各レベルには予めレシピが用意されており、開始時点ではプレイヤーは特に内容をいじる必要はさほどありませんが……。

スタッフ

こちらはスタッフリストと雇用画面。各スタッフには料理、接客、掃除といった「技能」が幅広く設定されています。技能レベルは5段階で最高5。さらにこれ以外に行動傾向の「特性」が設定されています。グリル調理や掃除は得意だけどオーブンや配膳が苦手というように、各スタッフは得手不得手が異なります。店の内装や、レシピで要求される調理法から逆算してよく吟味すると良いでしょう。これ以外にも雇用コストや給料といった要素もあるのでそれらも要検討。

配置

さてレストラン内部にカメラを戻します。調理器具やテーブルなど一通りのオブジェクトが揃ったら、それぞれに先ほど雇用したスタッフを割り当てる必要があります。ここでも各キャラの技能や特性から仕事を割り振ると良いでしょう。1番2番3番とあるのは優先順位です。あるテーブルに対して1番目のスタッフが別件対応中であれば、2番目以降が代わりに仕事をするという具合ですね。

いやしかし仕事のアサインを各オブジェクトでいちいち設定するのは面倒だな……そんな時はコピーして貼り付けちゃいましょう。アサインウィンドウ内右上のアイコンクリックで設定をコピーしたら、対象の各オブジェクトをクリックして回れば完了。小さいことかもしれませんが、こういう親切な設計がプレイ体験を向上させていると感じます。

開店

準備もできたし店開くかね……と、メニュー表を見たら料理の値段が少々安いと感じました。そこで宇宙バナナを1千万ドルに値上げする大胆な経営方針を打ち出します。酔狂な石油王が話題作りのために買ってくれるに違いありません。店の評判も星がいっぱいついてウハウハになることでしょう。

開店しました。記念すべきオープン初日。ゲーム内時間はざっくり朝昼晩で流れており、プレイ速度は画面右下のアイコンで操作します。当倍速でじっくり観察するもよし、早送りでさっさと進めるも良し。らっしゃいやすいよ!宇宙バナナとか特におすすめ!

値段に激怒する客。

不承不承もとの値段に戻す筆者。

キッチンがだいぶ汚れてきたので、エディターで作成した絶妙に使えない技能が揃った「スパくん」を掃除に割り当てます。画面下部のスプレーアイコンをクリックしてから、上部のひし形緑アイコンを押してエリアを選択。

あとは他オブジェクトと同じ要領でスタッフをアサインすれば完了です。

なんやかんやで店内は賑わい、次々と目標が達成されていきます。

そのため材料も底をつき始めたので発注をかけます。こちらも画面下部のアイコンから選択。あんまり量を仕入れると倉庫に入りきらなくなるので注意が必要です。

レベルクリア!画面右、店に対して圧倒的不評がレビューに並びますがクリアしてしまえばこっちのもの。勝てばよかろうなのです。

別のレベルにて

さて首尾よくレベル2に進んだ筆者。

机の配置やスタッフの雇用も慣れたもので、一見すると上手くいっているように見えます。

画面右上に表示される赤枠がクレーム。

まさかの「トイレが無い」というクレームが来て評価が下がりました。外に茂みがあるだろう!しかし今回は敗北条件である評価がシビアなので、辛口レビューでこれ以上酷評される前に改善を図ります。

…………手狭な個室にガラス扉を設けることで個室を開放的にアレンジ。

何もかも丸見えな演出に匠の技が光ります。

ひと波乱ありましたが無事1日が終了。レベルクリアするまでゲーム内では時間並びに日数が経過していきます。こちらの画面はその日の経営リザルト。

真っ赤に燃える数字が見えますがすべて気のせい。なお資金を下回って赤字を叩き出すと破産してそのままゲームオーバーになってしまいます。こういう収支のバランスも経営の肝なのでよく考えて店を回したいところですね。

さあ2日目です。よくよく見返すと初日の時点で評価がゲームオーバー値に触れていましたがきっと大丈b………

………………………………………………。

(バグということにしてお便りを出そうとするも正気に戻った図)

成功のカギは調度品にあった

もう一度やり直します。今回は調度品にこだわり内装を整えてみましょう。これにより店内に清潔感を演出し、料理を待つお客様にもご好評いただくという作戦です。

そんな矢先に発生する火事。経営にはハプニングがつきもので、それはレストランであっても同じでした。調理器具には火災発生のパーセンテージが設定されており、技能の低いスタッフが調理すると火事になる……らしいのですが、どのスタッフでもあまり大差なかった体感です。ともあれ火災中はスタッフが逃げ惑ってしまい仕事になりません。

とっとと消火作業を!という筆者を尻目に、炎はどんどん燃え広がっていくのでもうオブジェクトごと処分して事なきを得ます。

全員ぼろぼろの状態で帰宅。

ハプニング祭り

なんやかんやで5日まで首皮一枚で生き残ったレストラン。

ぎりぎりの状態ではありますが6日目も目標達成を目指して頑張りましょう。画像だけではわからないかもしれませんが、実はここまで30秒に一回のペースで火事が連続していたので接客どころの騒ぎではありませんでした。

……と、説明している傍からまた火の手が上がります。しかも休憩なしで酷使を続けたスタッフはその横で力尽き、ぐったりと横になって倒れる始末。しかし大丈夫、今回は各調理器具を離して設置したので燃え広がることはありません。

燃え広がった。

棚まで燃え始めた。

ゲームオーバー

………………………………………………。

おわりに

人気を得るためには時に炎上も辞さないというのがレストラン経営の極意なのでしょうか(錯乱)。ともあれ実際に経営してみてわかったのは、本作は準備と調整のゲームであるということ。レシピと相性の良いスタッフと効率的なアサインをざっくり決めたら、あとはレストラン開店中に細かく指示を出して調整していく……いやはや面白いプレイ体験でした。

現時点でも全体的に見て良く作りこまれているので、今後のアップデートでさらに遊びやすさに磨きがかかることを期待してやみません。

タイトル:『Recipe for Disaster』
対応機種:PC(Windows)
記事におけるプレイ機種:PC(Windows)
発売日:2021年11月05日
記事執筆時の著者プレイ時間:3時間
価格:通常価格 1,868円、セール価格 1,587円(21年11月12日まで)

《麦秋》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top