もし『ハースストーン』にチェスのグランドマスターが挑んだら?公式チャンネルがミニドキュメンタリー公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

もし『ハースストーン』にチェスのグランドマスターが挑んだら?公式チャンネルがミニドキュメンタリー公開

ガルリ・カスパロフ氏は偉大なチャンピオンであり、かつてAIとのチェス対局で敗北した経験のある人物。

ゲーム文化 カルチャー
もし『ハースストーン』にチェスのグランドマスターが挑んだら?公式チャンネルがミニドキュメンタリー公開
  • もし『ハースストーン』にチェスのグランドマスターが挑んだら?公式チャンネルがミニドキュメンタリー公開
  • もし『ハースストーン』にチェスのグランドマスターが挑んだら?公式チャンネルがミニドキュメンタリー公開

Blizzard Entertainmentのオンライン戦略カードゲーム『ハースストーンHearthstone)』にチェスの「グランドマスター」が挑むミニドキュメンタリーが、ゲーム公式YouTubeチャンネルで公開されました。

ドキュメンタリーの主役は、史上最高のチェスプレイヤーのひとりと言われるロシアの元チェス選手ガルリ・カスパロフ氏です。かつて15年連続世界チャンピオンとなったカスパロフ氏ですが、1996年と1997年にAIとのチェス勝負を行い、2度目の対戦で敗北した経験があります。

そんなカスパロフ氏が『ハースストーン』で再びAIに挑む、という導入で始まるこの映像。『ハースストーン』プレイヤーであるチェスの弟子から戦略を教わるなど、さまざまな対策や自分なりのスタイルを用意し、いよいよカスパロフ氏は対局の時間を迎えます。

映像では、ここで対局相手はAIではなく、世界ランク2位になったこともあるプロプレイヤーのスリッサ氏であることが判明します。もちろんこの事実は対局前のカスパロフ氏には明かされず、AIが相手だと思っています。このサプライズ対局の結末はぜひ映像で実際にご確認ください。


《Mr.Katoh》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「NFTが好きなわけではない」VALORANT公式が「キルジョイ」について釈明

    「NFTが好きなわけではない」VALORANT公式が「キルジョイ」について釈明

  2. ツイートから『DARK SOULS』アイテム説明風文章を生成するbotが登場―ゲムスパはどんな感じに?

    ツイートから『DARK SOULS』アイテム説明風文章を生成するbotが登場―ゲムスパはどんな感じに?

  3. ちょっとした発見がたくさん!『ストII』生みの親・西谷亮氏がTwitterにて(おそらく)ロケテスト時代の資料を公開

    ちょっとした発見がたくさん!『ストII』生みの親・西谷亮氏がTwitterにて(おそらく)ロケテスト時代の資料を公開

  4. これが世界最小『DOOM』再生デバイスかも?1.3インチディスプレイ、ボタン操作可能なマシンが登場

  5. 最高か―病み系配信者育成ADV『NEEDY GIRL OVERDOSE』初週10万本突破!ゲーム内スタンプもDiscord向けに無料配布

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

  8. 『マインクラフト』で遊びながら英語を学べるケンブリッジ大学製マップ「ADVENTURES IN ENGLISH」がマーケットプレイスに登場

  9. ローグライク要素も含む武侠アクションRPG『Bloody Spell』正式リリース!

  10. ドウェイン・ジョンソンが新たなゲーム原作映画を準備中―ファンの予想はクソコラ祭りに発展

アクセスランキングをもっと見る

page top