SWAT部隊FPS『Ready or Not』Steam早期アクセスが今年末に開始へ―ソロ・Co-opのキャンペーンも搭載 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SWAT部隊FPS『Ready or Not』Steam早期アクセスが今年末に開始へ―ソロ・Co-opのキャンペーンも搭載

支援者向けのキー提供が滞っていたため、配信開始を決断。

PC Windows
SWAT部隊FPS『Ready or Not』Steam早期アクセスが今年末に開始へ―ソロ・Co-opのキャンペーンも搭載
  • SWAT部隊FPS『Ready or Not』Steam早期アクセスが今年末に開始へ―ソロ・Co-opのキャンペーンも搭載
  • SWAT部隊FPS『Ready or Not』Steam早期アクセスが今年末に開始へ―ソロ・Co-opのキャンペーンも搭載

VOID Interactiveは、タクティカル系FPS『Ready or Not』のSteam早期アクセス版を2021年末に配信することを発表しました。

本作はプレイヤーがSWAT部隊として、敵対勢力を鎮圧するために戦うタクティカル系FPS。世界中の警察組織にアドバイスを求め、挑戦的かつリアルな交戦ルール・スコアシステムやリアリズムを追求した弾道の貫通、跳ね返り、膨張、運動量などのあらゆる挙動を正確に再現していることが特徴です。

これまで支援者向けにテストビルドは配信されていたものの、Steamでの配信時期は発表されていませんでした。しかしこの度、Steamで2021年末に早期アクセスとして配信されることが決定。突如配信時期を決定した理由は、支援者向けパッケージに同梱されるSteamキーの提供数が上限に達し、さらなるキーの発行のためにはSteamでゲームを販売しなければならないためだといいます。

インディーゲームが多く溢れるSteamという市場において、際立った存在になるために確かな製品を提供する責任があると考えていましたが、Steamで発売することで行き渡っていない支援者へのキーの提供も行えるようになります。

なお、本作のアルファ版ではついにNDA(秘密保持契約)が解禁され、5つの新たなCo-opおよびシングルプレイステージが追加されていましたが、Steam版の配信にあたりベータ版へと移行しました。Steam向けコードも改めて提供されるとのことです。


《みお》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『ポケモン』×『クラフトピア』なオープンワールドサバイバル『パルワールド』新トレイラー!【INDIE Live Expo 2022】

    『ポケモン』×『クラフトピア』なオープンワールドサバイバル『パルワールド』新トレイラー!【INDIE Live Expo 2022】

  2. 『ルーンファクトリー5』この夏PC版登場か?SteamDBにて名前が見つかる

    『ルーンファクトリー5』この夏PC版登場か?SteamDBにて名前が見つかる

  3. 日本の不良が主役の『番長タクティクス』Steamストアページ公開―3Dステージ2Dピクセル描画のターンベースタクティクスRPG

    日本の不良が主役の『番長タクティクス』Steamストアページ公開―3Dステージ2Dピクセル描画のターンベースタクティクスRPG

  4. “ホラー要素が全くない”廃墟探索もできる!探索系ホラー『米砂原醫院』Steamストアページが公開

  5. 美少女オープンワールドサバイバルRPG『Girls' civilization 3』早期アクセス2022年夏頃開始―カオスな世界のシリーズ最新作

  6. 『太閤立志伝V DX』イベコンアプデ予定あり!効果音名の対応表も近日公開予定

  7. 『スカイリム』が『サイレントヒル』のような雰囲気に―水中バグが原因?

  8. 『遊戯王 マスターデュエル』新テーマ「相剣」は「ドラグマ」「氷水」と密接な関係に!対戦がさらに面白くなる背景を解説

  9. 『モンハンライズ:サンブレイク』太刀、ランスの新アクション公開!新たな納刀動作「威合」などが追加へ

  10. 最大60人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』オープンベータテストがスタート―早期アクセスは6月1日より

アクセスランキングをもっと見る

page top