最高額は約400万円!海外オークションで『悪魔城ドラキュラ』公式NFTアートが高額落札 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

最高額は約400万円!海外オークションで『悪魔城ドラキュラ』公式NFTアートが高額落札

他にも、初代『悪魔城ドラキュラ』の全体マップをモチーフにしたアートが約300万円で落札されています。

ゲーム文化 その他
最高額は約400万円!海外オークションで『悪魔城ドラキュラ』公式NFTアートが高額落札
  • 最高額は約400万円!海外オークションで『悪魔城ドラキュラ』公式NFTアートが高額落札
  • 最高額は約400万円!海外オークションで『悪魔城ドラキュラ』公式NFTアートが高額落札
  • 最高額は約400万円!海外オークションで『悪魔城ドラキュラ』公式NFTアートが高額落札

コナミデジタルエンタテインメントは『悪魔城ドラキュラ』シリーズ35周年を記念して、同シリーズをモチーフにした14のNFTアートを現地時間1月13日から1月15日にかけてオークション形式で販売していましたが、そのうちの一つが3万3千ドル(日本円換算で約400万円)で落札されました

落札されたアートの元になったのは、『悪魔城伝説』の1ステージ目で流れるBGM「Beginning」のファミリーコンピューター版です。他にも、初代『悪魔城ドラキュラ』の全体マップをモチーフにしたアートが2万6千ドル(日本円換算で約300万円)で落札されるなど、当シリーズの人気の根強さが伺えます。また、今回のNFTアートの落札者には、初回特典としてホームページにニックネームを掲載する権利が付与されます。

なお、「今回販売するNFTと同一のNFTは再販されませんが、本NFTと同一のゲームタイトルのデータに紐づくNFTを今後販売する可能性」があるとのことです。


《ケシノ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』第9回「CRカップ」の開催が6月4日に延期-カスタムマッチの「エラー落ち」が改善されないため

    『Apex Legends』第9回「CRカップ」の開催が6月4日に延期-カスタムマッチの「エラー落ち」が改善されないため

  2. 波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

    波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

  3. これで終息なるか?「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄手続きを5月23日に開始すると登録者が報告

    これで終息なるか?「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄手続きを5月23日に開始すると登録者が報告

  4. ひたすら空気を読め!究極の空気読みゲーム『空気読み。オンライン』6月よりSteamで早期アクセス開始【INDIE Live Expo Winter 2022】

  5. 『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

  6. ゆったり養蜂シミュレーション『APICO』配信開始! ハチの繁殖や保護を体験

  7. 小島監督も“感無量”の「LUDENS MASK」は5月末発売―気になる『デススト』続編はノーマン・リーダスが再言及

  8. 2人のゲームクリエイターの物語描く『GOODBYE WORLD』2ndトレイラー公開!

  9. 天の川銀河の中心へ!『マインクラフト』驚愕のブラックホール再現が公開―過去には中性子星なども作成

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top