都市伝説の謎に迫る台湾産ホラー『The Bridge Curse: Road to Salvation』発表―同名映画をゲーム化 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

都市伝説の謎に迫る台湾産ホラー『The Bridge Curse: Road to Salvation』発表―同名映画をゲーム化

2月開催の「Steam Next Fest」でも紹介予定です。

ニュース 発表
都市伝説の謎に迫る台湾産ホラー『The Bridge Curse: Road to Salvation』発表―同名映画をゲーム化
  • 都市伝説の謎に迫る台湾産ホラー『The Bridge Curse: Road to Salvation』発表―同名映画をゲーム化
  • 都市伝説の謎に迫る台湾産ホラー『The Bridge Curse: Road to Salvation』発表―同名映画をゲーム化
  • 都市伝説の謎に迫る台湾産ホラー『The Bridge Curse: Road to Salvation』発表―同名映画をゲーム化
  • 都市伝説の謎に迫る台湾産ホラー『The Bridge Curse: Road to Salvation』発表―同名映画をゲーム化
0:02 / 1:28 The Bridge Curse : Road to Salvation - Official Launch Trailer

1月20日、台湾のパブリッシャーSoftstar Entertainmentは開発中である『The Bridge Curse: Road to Salvation』を発表し、ファーストトレイラーを公開しました。

本作は2020年Netflixで公開された台湾映画「呪われの橋(原題:女鬼橋 The Bridge Curse)」を原作とした一人称ホラーゲーム。台湾のそれぞれの大学に通う6人の大学生たちが、Tunghu Universityで長年に渡り噂される都市伝説の正体を突き止めようと立ち上がります。トレイラーでは、大学キャンパス内にある"呪いの橋"での降霊シーンや、学内での探索、ステルスによる亡霊からの逃避など緊迫した様子が伝わります。さらに本作は2022年2月21日~28日開催予定の「Steam Next Fest」への出展も決定しています。

原作映画との違いも気になる『The Bridge Curse:Road to Salvation』はSteamでリリース予定。現時点で発売日は未定です。


《DOOMKID》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ボダラン』などで知られるGearboxで9本のAAAタイトル開発中―親会社決算報告書で明らかに

    『ボダラン』などで知られるGearboxで9本のAAAタイトル開発中―親会社決算報告書で明らかに

  2. 「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

    「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

  3. 「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

    「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

  4. 「メタバース」を楽しむ人の7割以上が“よく知らない”…説明できる人はわずか15%

  5. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  6. クボタが参戦!『ファーミングシミュレーター 22』DLC「Kubota Pack」発表

  7. Frogwaresが最新作『Project Palianytsia(仮)』を発表―ビクトリア朝ミステリーとエルドリッチホラーをミックスした作風に

  8. 『FF7 リメイク』がSteamにも登場か? データベースサイトにタイトルの登録が確認される

  9. 『Gジェネ』シリーズ最新作か?バンダイナムコが「Gジェネエターナル」という商標を出願

  10. 新作『サイレントヒル2』リメイクの噂をBloober Team CEOが明言を拒否―新プロジェクトは「自社のタイトルであることに変わりはない」

アクセスランキングをもっと見る

page top