「Steam Deck」にアンチチートサービス「Easy Anti-Cheat」を簡単に利用できるようアップデート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「Steam Deck」にアンチチートサービス「Easy Anti-Cheat」を簡単に利用できるようアップデート

既存のEACゲームに対する本機のサポートを簡単にできるようになるとのこと。

ゲーム機 ハードウェア
「Steam Deck」にアンチチートサービス「Easy Anti-Cheat」を簡単に利用できるようアップデート
  • 「Steam Deck」にアンチチートサービス「Easy Anti-Cheat」を簡単に利用できるようアップデート
  • 「Steam Deck」にアンチチートサービス「Easy Anti-Cheat」を簡単に利用できるようアップデート

Valveは、携帯型ゲーミングPC「Steam Deck」にアンチチートサービス「EAC(Easy Anti-Cheat)」を簡単に追加できるようになったと発表しました

「EAC」は『Apex Legends』や『Dead by Daylight』などに用いられている、Epic Gamesが提供しているアンチチートサービスです。昨年には本機への正式サービスが報告。そして先日、既存のEACゲームに対する本機のサポートを、新サービスとの統合やSDKバージョン、ゲームバイナリのアップデートなしで追加できるようになったと発表されました。

昨年にはアンチチートサービス「BattlEye」が互換レイヤー「Proton」に統合され、開発者がBattlEyeにタイトルを連絡するだけで有効化されるようになりました。これらのアップデートにより、大手アンチチートサービスを本機で簡単に利用できるようになります。

「Steam Deck」の初期販売地域はアメリカ、カナダ、欧州連合、イギリスで、2022年2月に出荷開始予定です。

《三ツ矢》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. RTX 40シリーズの威力を発揮するRCカーレースゲーム『Racer RTX』11月配信!

    RTX 40シリーズの威力を発揮するRCカーレースゲーム『Racer RTX』11月配信!

  2. どこかで見た日本の風景をVRで体験できる『VR JAPAN』がSteam配信開始!

    どこかで見た日本の風景をVRで体験できる『VR JAPAN』がSteam配信開始!

  3. 無改造の初代ゲームボーイで『グランド・セフト・オート V』をプレイする猛者が現る

    無改造の初代ゲームボーイで『グランド・セフト・オート V』をプレイする猛者が現る

  4. 新型VRヘッドセット「Oculus Rift S」発表!外部センサーも必要なし

  5. 障がい者向け拡張可能コントローラー「Xbox アダプティブ コントローラー」数量限定で国内向けに発売!

  6. ネオ新宿が舞台のFPS『Raw Data』VR作品初のSteam売り上げ上位

  7. 原材料不足に苦しんできた「Steam Deck」から嬉しいお知らせ!「問題の多くは徐々に解消」

  8. カッターでザクザク、ライターで炙って…最高級版「Steam Deck」の耐久テスト動画が公開

  9. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  10. VR対戦スポーツ『Sparc』にマルチアングル観戦とクロスプラットフォーム対戦が実装―最新のアップデートで実現

アクセスランキングをもっと見る

page top