新作ホラーADV『野狗子: Slitterhead』ユーザーの質問に答える映像後編公開―怪物に対抗できる?収集要素は?など気になる部分にスタッフが回答 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新作ホラーADV『野狗子: Slitterhead』ユーザーの質問に答える映像後編公開―怪物に対抗できる?収集要素は?など気になる部分にスタッフが回答

『SIREN』シリーズを手がけたスタッフだからこそ、“自分たちらしい”プロモーションもやりたいとのこと。

ニュース ゲーム業界
新作ホラーADV『野狗子: Slitterhead』ユーザーの質問に答える映像後編公開―怪物に対抗できる?収集要素は?など気になる部分にスタッフが回答
  • 新作ホラーADV『野狗子: Slitterhead』ユーザーの質問に答える映像後編公開―怪物に対抗できる?収集要素は?など気になる部分にスタッフが回答
  • 新作ホラーADV『野狗子: Slitterhead』ユーザーの質問に答える映像後編公開―怪物に対抗できる?収集要素は?など気になる部分にスタッフが回答

Bokeh Game Studioは、新作ホラーアドベンチャー『野狗子: Slitterhead』について、ユーザーからのさまざまな質問に回答する映像「Q&A Session with Bokeh Game Studio Founders: Part Two」を公開しました。

2月25日に公開されたセッション映像の後編となる本映像では、ゲームプレイやコンセプトなど、よりゲーム内容に踏み込んだ部分に回答しています。質問に答えているのは本作のプロデューサー・佐藤一信氏、クリエイティブディレクター・外山圭一郎氏、ゲームディレクター・大倉純也氏です。

映像内では、本作の対応言語に日本語・英語が含まれており今後できる限り増やしていきたいこと、ゲーム内で出会った怪物に対して「対抗する」「逃げる」どちらの要素も搭載したいことなど、気になる要素に対する回答が満載。本作はオープンワールドのではないものの、一直線な物語にならないような「多面的な方向から物語をあぶり出すトリッキーな仕掛け」を用意するとのことです。

また、外山圭一郎氏が回答するということもあり、同氏がディレクターを務めた『SIREN』シリーズファンからの質問も多数登場。本作のストーリーへのこだわりはどのようなものか、『SIREN』における「アーカイブ」のような世界観を深める収集要素があるかなどの質問にも積極的に回答しています。

なかには「Bokeh Game Studioで働くチャンスはある?」などのユニークな質問も。かつて『SIREN』のCMを踏まえた「本作でも表現ギリギリのテレビCMやネットCMはあるの?」という質問には、テレビでは現代だと難しいと答えつつも、自分たちらしいプロモーションを用意するとのことです。


《Mr.Katoh》
Mr.Katoh

酒と雑学をこよなく愛するゲーマー Mr.Katoh

サイドクエストに手を染めて本編がなかなか進まない系。ゲーマー幼少時から親の蔵書の影響でオカルト・都市伝説系に強い興味を持つほか、大学で民俗学を学ぶ。ライター活動以前にはリカーショップ店長経験があり、酒にも詳しい。好きなゲームジャンルはサバイバル、経営シミュレーション、育成シミュレーション、野球ゲームなど。日々のニュース記事だけでなく、ゲームのレビューや趣味や経歴を活かした特集記事なども掲載中。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. “WHO AM I?”はこの人だった!コジプロの次回作にエル・ファニングが出演か?

    “WHO AM I?”はこの人だった!コジプロの次回作にエル・ファニングが出演か?

  2. 『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

    『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

  3. 「ゲーム障害への対策は必要」CESAら組織のゲーム障害調査研究会、大規模調査の中間発表明らかに

    「ゲーム障害への対策は必要」CESAら組織のゲーム障害調査研究会、大規模調査の中間発表明らかに

  4. 『サイバーパンク2077』クエストディレクターは続編プロジェクトにも参加―アメリカでの新スタジオ設立予定も

  5. コジマプロダクションからミステリアスなメッセージ再び―謎のイメージの答えは次回“どこか”で判明?

  6. 欧州バンナムが『Park Beyond』開発のLimbic Entertainmentの株式過半数を取得―『TROPICO6』などの開発に携わるデベロッパー

  7. 『ニード・フォー・スピード』シリーズ最新作が10月7日午前0時にお披露目!

  8. 『メトロ エクソダス』スタッフがウクライナ侵攻の戦闘任務で戦死…より鮮明になるゲーム業界への影響

  9. 『サイバーパンク2077』凄まじきアニメ効果、同接数なんと7倍に!―世界観設定の解像度高める内容が再訪招いたか

  10. 海外との価値観の差?国内では普通に売ってる『CHAOS;HEAD NOAH』、販売認められずSteam発売中止に

アクセスランキングをもっと見る

page top