オリジナル版から「Pay to Win」を見直し―欧米版『LOST ARK』ローカライズ成功の秘訣とは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

オリジナル版から「Pay to Win」を見直し―欧米版『LOST ARK』ローカライズ成功の秘訣とは

不正アカウント削除も成功の一助になったようです。

PC Windows
オリジナル版から「Pay to Win」を見直し―欧米版『LOST ARK』ローカライズ成功の秘訣とは
  • オリジナル版から「Pay to Win」を見直し―欧米版『LOST ARK』ローカライズ成功の秘訣とは
  • オリジナル版から「Pay to Win」を見直し―欧米版『LOST ARK』ローカライズ成功の秘訣とは
  • オリジナル版から「Pay to Win」を見直し―欧米版『LOST ARK』ローカライズ成功の秘訣とは

米ワシントン・ポストのインタビューにて、Amazon Gamesクリストフ・ハートマン副社長とスタジオ事業運営責任者ローラ・スター氏は、同社が欧米運営を担当するMMORPG『LOST ARK』成功の背景を明かしました。

本作は2019年に韓国のSmilegateが開発し、同国向けにリリースされたMMORPGです。欧米ではAmazon Gamesがリリースを引き受け、先日にはユーザー数が2,000万人を突破するなど世界的な人気を誇るタイトルに成長。ハートマン氏いわく、その成功の裏には「マネタイズ(収益化システム)」の見直しがあるそうです。

韓国版『LOST ARK』にはラスボスに備えてより良い装備品を手に入れるなど、ゲームプレイを快適にするための課金システム、いわゆる「Pay to Win」が存在したとのこと。そこでAmazon Gamesは、欧米プレイヤーの嗜好に合わせるため、(オリジナル版で)課金購入可能なほぼ全てのアイテムをゲーム内通貨で買えるようにしたといいます。さらにインタビューでは、宝箱などの購入品のランダム性を減らし「公平に感じられるようにした」ことや、他リージョンより無料ペット・アイテム配布を多くするなどの初心者向けサポートについても語られました。

また、同社はアクティブプレイヤー数維持のために不正なアカウント削除などにも前向きな姿勢を見せており、ハートマン氏は「コミュニティと共に時間をかけて成長・進化する体験を提供することを常に考えている」とコメントしています。

※UPDATE(2022/3/9 16:05):本文の「マネタイズの見直し」の詳細について、語弊のあった部分を加筆修正しました。コメントでのご指摘ありがとうございました。


《ケシノ》
ケシノ

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. まもなく発売のオープンワールド狩猟FPS『ウェイ オブ ザ ハンター』ゲームの流れをおさらいするトレイラー公開

    まもなく発売のオープンワールド狩猟FPS『ウェイ オブ ザ ハンター』ゲームの流れをおさらいするトレイラー公開

  2. 無限に広がる異空間から脱出できるか…Co-opもできるホラーADV『Escape the Backrooms』Steam早期アクセス開始

    無限に広がる異空間から脱出できるか…Co-opもできるホラーADV『Escape the Backrooms』Steam早期アクセス開始

  3. 一人称視点都市建設シム『Technicity: Prologue』無料配信開始―最大4人のオンライン協力対応

    一人称視点都市建設シム『Technicity: Prologue』無料配信開始―最大4人のオンライン協力対応

  4. PC版『Marvel's Spider-Man Remastered』がSteam/Epic Gamesストアにて配信開始!

  5. サバイバルホラー『Alone in the Dark』発表―クトゥルフ神話をテーマにした名作のリ・イマジネーション版【THQ Nordic デジタルショーケース2022】

  6. 蘇る、傭兵部隊オープンワールドSRPG『Jagged Alliance 3』ゲームプレイを伝える新映像!【THQ Nordic デジタルショーケース2022】

  7. ローグライト農業シム『Moondrop』Steam早期アクセス開始―全てを消し去る霧と戦いながら作物栽培

  8. 期待の不気味かわいいローグライク・カルト教祖アクション『Cult of the Lamb』日本語対応で発売!新要素含むサポートを長期展開予定

  9. Steam版『ヘブンバーンズレッド』はKey作品未体験者でも楽しめるのか?グロ系アクション好きゲーマーがプレイしてみた

  10. 悪夢のような家を探索するPS1風ホラーADV『Traumada』リリース―少女失踪事件の真実を暴け

アクセスランキングをもっと見る

page top