回線状況によらない公平性を目指す―『VALORANT』の“プレイの一貫性”にライアットがコメント | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

回線状況によらない公平性を目指す―『VALORANT』の“プレイの一貫性”にライアットがコメント

「プレイヤー個人のパフォーマンス」を除外した「競技の公正さ(公平性)」を調査しています。

PC Windows
回線状況によらない公平性を目指す―『VALORANT』の“プレイの一貫性”にライアットがコメント
  • 回線状況によらない公平性を目指す―『VALORANT』の“プレイの一貫性”にライアットがコメント
  • 回線状況によらない公平性を目指す―『VALORANT』の“プレイの一貫性”にライアットがコメント

ライアットゲームズは、『VALORANT』のゲームプレイの一貫性について調査内容を公開しました。

日本代表チーム「ZETA DIVISION」が国際大会「2022 VALORANT Champions Tour Stage 1 ― Masters Reykjavik」でプレイオフ進出を決めるなど競技シーンでの盛り上がりが目立つ本作ですが、そうした競技性に深く関わるゲームプレイの一貫性に関する調査の現状が明らかにされています。

まだ作業中であるという本件は、ゲームプレイ感覚が試合ごとに違ったり、高Pingプレイヤーに優位性があるように感じるということに対しての調査。具体的には以下の様な報告が寄せられていたとのことです。

  1. 「自分のネットワーク状態が安定していても、試合ごとに遅延の度合いが違うと感じる」

  2. 「他のプレイヤーが自分に対処できる速度が、試合ごとに速かったり遅かったりする」

  3. 「自分のVALORANTのプレイに、非常に一貫性がないように感じる。試合によっては自分がヘッドショットをどんどん決めているときもあれば、同じことが自分の身に起こることもある」

  4. 「高Pingのプレイヤーは、低Pingのプレイヤーに比べて、ピークするときに不当な優位性があると感じる」

こうした事象は「プレイヤー個人のパフォーマンス」と「競技の公正さ(公平性)」に分類できるとしており、プレイヤーが超集中状態にある時のパフォーマンスの高まりやそれと相対するプレイヤーの受ける感覚を除外して、公平性を調査・改善していくとのことです。

具体的な調査についても紹介されており、それによると重点的に取り組んでいるのは「レイテンシ」であるとのこと。既存の測定で捉えられない「レイテンシ」変動要因として、一貫性欠如を隠すために導入する遅延であるネットワークバッファリングと、パケット到達時間のばらつきであるネットワークジッタを挙げています。この点における小さな改善は可能であり、進行中の調査も2022年後半に再び報告予定であるとしています。

2番目の調査内容として、ネットワーク状況やクライアント・サーバー間処理によるプレイヤーパフォーマンスへの影響を示す「正確性」については、良好で基準を満たしているとのことです。

最後に高Pingプレイヤーに対して不利に感じるという意見はかなり深刻に受け止めているとしていますが、現在は上記2分野に注力しており「基幹システムの監査が終了したら、高Pingプレイヤーに対して、プレイヤーがなぜこのように感じているのかの調査を行う予定です」と記されています。

『VALORANT』はWindows向けに基本無料で配信中です。


《いわし》

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』10年以上の早期アクセス期間を経て6月ついに正式リリース!ロードマップも公開

    クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』10年以上の早期アクセス期間を経て6月ついに正式リリース!ロードマップも公開

  2. 実写ドラマの興奮冷めやらず『Fallout 76』にファンが続々参戦。Steam版同接は過去最高の5万人を記録

    実写ドラマの興奮冷めやらず『Fallout 76』にファンが続々参戦。Steam版同接は過去最高の5万人を記録

  3. 『ドラゴンズドグマ 2』次回アップデートではポーン関連の調整が多め。4月配信パッチ内容公開

    『ドラゴンズドグマ 2』次回アップデートではポーン関連の調整が多め。4月配信パッチ内容公開

  4. 『Cities: Skylines II』圧倒的不評なDLC「Beach Properties」の返金対応が発表―開発方針も見直しへ

  5. 穏やかな森の中で暮らすサバイバル『Under Canopies』Steamストアページ公開―動物の飼育や料理を楽しみながら自然と調和して生活

  6. ファンタジーとSFが融合したスペイン発JRPG『Runa』Kickstarterキャンペーン開始―わずか2日で目標額の2倍以上を達成

  7. ラジコンカーで街中を爆走するレースゲーム『Volt Recharge』発表―カスタマイズした機体で白熱の画面分割/オンライン対戦に挑め

  8. 画面が増え続けるトンデモ『テトリス』無料リリース。『Baba is You』作者による新作落ち物パズル

  9. Steam版『バニーガーデン』突如リリース!お紳士の憩いの場がPCでも開店

  10. 北欧神話サバイバル『Valheim』追加予定の新バイオーム「Ashlands」4月22日夜ゲームプレイトレイラー公開

アクセスランキングをもっと見る

page top