映画版『It Takes Two』の優先契約をAmazonが締結―ドウェイン・ジョンソンらが製作総指揮に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

映画版『It Takes Two』の優先契約をAmazonが締結―ドウェイン・ジョンソンらが製作総指揮に

映画版製作と同時に発表されたテレビ版については新報は無いようです。

ニュース ゲーム業界
Kevin Mazur/Getty Images Entertainment/ゲッティイメージズ
  • Kevin Mazur/Getty Images Entertainment/ゲッティイメージズ
  • 映画版『It Takes Two』の優先契約をAmazonが締結―ドウェイン・ジョンソンらが製作総指揮に
  • 映画版『It Takes Two』の優先契約をAmazonが締結―ドウェイン・ジョンソンらが製作総指揮に
  • 映画版『It Takes Two』の優先契約をAmazonが締結―ドウェイン・ジョンソンらが製作総指揮に
  • 映画版『It Takes Two』の優先契約をAmazonが締結―ドウェイン・ジョンソンらが製作総指揮に

2022年2月、Game of the Year受賞作『It Takes Two』の映画・テレビ化プロジェクトが進行中であると報道されました。そのうち映画版に関して、Amazon Studiosと俳優のドウェイン・ジョンソンが代表を務めるSeven Bucks Productionsが、製作プロジェクトに関わることが海外メディアVarietyによって報じられています

報道によると、製作は既報と変わらずdj2 Entertainmentが担当するものの、今回Amazonが本作の優先権を取得し、Seven Bucks Productionsがプロデュースを務めることになったそうです。また、同社代表であるドウェイン・ジョンソンが映画に出演するか否かについては、公式には確認が取れていないといいます。

なお今回の報道では、映画版と同時に製作が発表された本作のテレビ版について新報は記されていません。


《ケシノ》

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『真・女神転生 III Nocturne HD Remaster』Steam版が最安値の996円!魔界と化した東京を生き残れ

    『真・女神転生 III Nocturne HD Remaster』Steam版が最安値の996円!魔界と化した東京を生き残れ

  2. 「多くのプレイヤーがスマーフを嫌っているが、この行為は一般的になっている」―オハイオ州立大学の学生がゲームの「スマーフ行為」に関する研究を発表

    「多くのプレイヤーがスマーフを嫌っているが、この行為は一般的になっている」―オハイオ州立大学の学生がゲームの「スマーフ行為」に関する研究を発表

  3. 無許可販売の疑い深まる…海外版『ヴァンガードプリンセス』パブリッシャーのeigoManga、著作権者を“今になって”捜索中

    無許可販売の疑い深まる…海外版『ヴァンガードプリンセス』パブリッシャーのeigoManga、著作権者を“今になって”捜索中

  4. 2024年の『CoD』は4年ぶりの『Call of Duty: Black Ops 6』に決定!6月10日に詳細発表予定

  5. デザインも“小ネタ”もこだわったのに…!Devolver Digitalが「クリックされなかった作品のウェブサイト」トップ15を発表

  6. Valve新作TPSの噂が加速。6vs6ヒーローシューター『Deadlock』とされるスクリーンショット&プレイ動画が海外コミュニティで話題に

  7. 『コール オブ デューティ』新作と思われるティーザーサイトが見つかる―6月開催「Xbox Games Showcase」でお披露目か

  8. 【期間限定無料】地球外の機械を調査する「非常に好評」パズルゲーム『Machinika Museum』Steamにて無料配布!

  9. 『ヴァンガードプリンセス』著作権は誰のもの?海外版と『R』版、2つの販売元が互いの動画に著作権侵害の申し立て―原作者の意思はわからず

  10. 「ずっとやりたかったようなゲームが出るまで待ちくたびれたから、自分で作ることにした」業を煮やした海外名作開発者の次回作とは

アクセスランキングをもっと見る

page top