「サイレントヒル新作」「ELDEN RING 2」「小島監督のHL3」……ジェフ・キーリーがAIによる画像生成で遊ぶ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「サイレントヒル新作」「ELDEN RING 2」「小島監督のHL3」……ジェフ・キーリーがAIによる画像生成で遊ぶ

お題から画像を生成する「Midjourney」を使用。

ゲーム文化 カルチャー
「サイレントヒル新作」「ELDEN RING 2」「小島監督のHL3」……ジェフ・キーリーがAIによる画像生成で遊ぶ
  • 「サイレントヒル新作」「ELDEN RING 2」「小島監督のHL3」……ジェフ・キーリーがAIによる画像生成で遊ぶ
  • 「サイレントヒル新作」「ELDEN RING 2」「小島監督のHL3」……ジェフ・キーリーがAIによる画像生成で遊ぶ

「The Game Awards」のプロデューサーとしても知られるゲームジャーナリストのジェフ・キーリー氏が、AI画像生成プログラム「Midjourney」で生成された画像を紹介しています。

「Midjourney」は招待者のみの限定ベータ版が公開中

このプログラムは望む絵の構成を入力するだけで、AIがそれに沿った画像を生成してくれるというもの。例えば記事冒頭のツイートは「THE LAST OF US ON A SPACE STATION(宇宙ステーションでのThe Last of Us)」と入力して生成された画像です。若干不気味な抽象画のようですが、それっぽい雰囲気を醸し出していますね。

「Hideo Kojima's Half-Life 3」
「Elden Ring 2」
「Denzel Washington as Kratos」
「New Silent Hill Game」
「The Game Awards 2075」
「Geoff Keighley having lunch with Hideo Kojima on the beach」

まだまだ発展段階のAI画像生成。この先もっと精度が上がっていけば、これを利用した全く新しい何かが生み出されるかもしれません。ジェフ・キーリー氏も「AIで何ができるのか見るのは本当に驚く。そしてそれはアーティストやクリエイティビティをどう刺激するのだろうか」と語っています。


《RIKUSYO》

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. シリーズ続編で「化けた」ゲームと言えば?

    シリーズ続編で「化けた」ゲームと言えば?

  2. 声優の小原乃梨子さん逝去 88歳―「のび太」「ドロンジョ」「ペーター」「コナン」など多数のキャラクターで活躍

    声優の小原乃梨子さん逝去 88歳―「のび太」「ドロンジョ」「ペーター」「コナン」など多数のキャラクターで活躍

  3. 駆け出しゲーマーの頃、初めて100時間以上遊んだゲームは何だったか覚えてる?

    駆け出しゲーマーの頃、初めて100時間以上遊んだゲームは何だったか覚えてる?

  4. 『天穂のサクナヒメ』アニメ連動企画「深掘り!サクナヒメの米作り」が日本農業新聞Webサイトでスタート。同作の稲作関連シーンを詳細に解説

  5. 『サイバーパンク2077』では「十分に限界に挑めてはいなかった」―続編「Orion」ではよりリアルなディストピアで人間を描く

  6. ゲームトレイラーと本編の内容が違った…!『メタルギアソリッド2』『Hello Neighbor』他、海外ゲーマーたちの叫び

  7. 雰囲気抜群のビークルでウェイストランドを走り回ろう!終末世界でもドライブが楽しめる『Fallout 4』向けMod配信

  8. 『Cult of the Lamb』日本に来た教祖様が終電逃してヤケ酒…京都府PRキャラとも激突するやんちゃぶりを見せる

  9. 格闘ゲームの祭典「EVO」、2025年はなんと4回も開催!アメリカにフランス、そして日本も

  10. 早く歩けよ!ゲーマーに嫌われがちなNPC護衛/尾行ミッション…海外ゲーマーの恨みが募る

アクセスランキングをもっと見る

page top