『トゥームレイダー』これまでのシリーズ総販売数は8,800万本!Embracer Groupのスタジオ・IP買収にて明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『トゥームレイダー』これまでのシリーズ総販売数は8,800万本!Embracer Groupのスタジオ・IP買収にて明らかに

リブート3部作は3,800万本を売り上げています。

ニュース ゲーム業界
『トゥームレイダー』これまでのシリーズ総販売数は8,800万本!Embracer Groupのスタジオ・IP買収にて明らかに
  • 『トゥームレイダー』これまでのシリーズ総販売数は8,800万本!Embracer Groupのスタジオ・IP買収にて明らかに
  • 『トゥームレイダー』これまでのシリーズ総販売数は8,800万本!Embracer Groupのスタジオ・IP買収にて明らかに
  • 『トゥームレイダー』これまでのシリーズ総販売数は8,800万本!Embracer Groupのスタジオ・IP買収にて明らかに

スウェーデンのEmbracer Groupが、スクウェア・エニックスから『トゥームレイダー』など50タイトル以上のIPと開発スタジオを売却する株式譲渡契約を締結したことに関連して、5月2日に同社が配信した番組で『トゥームレイダー』シリーズのこれまでの歩みが明らかになっています。

配信中に表示された資料によると、1996年発売のシリーズ第1作『トゥームレイダー』からこれまで、シリーズ合計で全世界8,800万本を販売。その中でもリブート3部作となった『トゥームレイダー(2013)』『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』は3,800万本の販売を記録しています。

また、モバイル向けタイトルのこれまでの有料ダウンロード数は5,300万回(2021年12月時点)。このダウンロード数に『Lara Croft GO』などの専用タイトルのほか、『トゥームレイダー』などのモバイル向け移植タイトルが含まれているかは明らかになっていません。

なお、今回株式譲渡されたスタジオのひとつCrystal Dynamicsは、Unreal Engine 5を使用したシリーズ最新作を開発中です。

《Mr.Katoh》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

    「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

  2. 「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

    「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

  3. 週末セール情報ひとまとめ『Library Of Ruina』『仁王2』『ディビジョン2』『アサシン クリード ヴァルハラ』他

    週末セール情報ひとまとめ『Library Of Ruina』『仁王2』『ディビジョン2』『アサシン クリード ヴァルハラ』他

  4. 話題作、人気作もお得にゲット!「INDIE Live Expo」開催記念セールがSteam/Xboxで開催中

  5. もしや『タクティクスオウガ』再リメイク?スクエニ「Tactics Ogre: Reborn」商標出願

  6. 『Gジェネ』シリーズ最新作か?バンダイナムコが「Gジェネエターナル」という商標を出願

  7. クボタが参戦!『ファーミングシミュレーター 22』DLC「Kubota Pack」発表

  8. 『ボダラン』などで知られるGearboxで9本のAAAタイトル開発中―親会社決算報告書で明らかに

  9. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  10. Frogwaresが最新作『Project Palianytsia(仮)』を発表―ビクトリア朝ミステリーとエルドリッチホラーをミックスした作風に

アクセスランキングをもっと見る

page top