「Steam」運営のValveに対する反トラスト法訴訟が再開―原告は市場支配力の乱用と主張 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「Steam」運営のValveに対する反トラスト法訴訟が再開―原告は市場支配力の乱用と主張

今回はあくまで一度却下された訴訟の再開、つまり判決が出たわけではないのでご注意を。

ニュース ゲーム業界
Jakub Porzycki/NurPhoto/ゲッティイメージズ
  • Jakub Porzycki/NurPhoto/ゲッティイメージズ
  • Pavlo Gonchar/LightRocket/ゲッティイメージズ
  • 「Steam」運営のValveに対する反トラスト法訴訟が再開―原告は市場支配力の乱用と主張
  • 「Steam」運営のValveに対する反トラスト法訴訟が再開―原告は市場支配力の乱用と主張

ワシントン州西部地区連邦地方裁判所は2022年5月6日、“Valveが同社PCゲーム配信プラットフォーム「Steam」の市場における優位性を乱用しているとする主張を支持する裁定を下しました

2021年4月27日、Wolfire Gamesなど複数のインディーゲーム開発者が「Steam」の運営であるValveに対して、反トラスト法ならびに不正競争防止法に違反していると集団訴訟を提起。これは“販売手数料である30%を負担するためにゲームパブリッシャーは価格を引き上げざるを得ない”などといった主張に基づくものでした。

しかし、同年7月にValveは“業界参入当初から同じ手数料を要求していた”と市場支配力の乱用を否定しており、11月には裁判所は同社の反論を受け入れ訴訟を却下する判断を下していました。

今回支持された訴訟は、一度却下を受けたものに「(Valveは)ゲームプラットフォームWorld Opponent Network を2001年に買収し、数年後にそれを閉鎖した後、ゲーマーにSteamの利用を強制した」という文面を追加したバージョンであり、これが“市場における優位性を乱用している”とする原告の主張を裏付けるものとして判断された可能性があります。

なお、本件はあくまで “却下の申し立ての却下”です。恐らく今回の裁定の結果、訴訟は「証拠開示手続き(Discovery)」に繋がり、最終的な判決にはまだ時間がかかるものと思われます。

※UPDATE(2022/5/12 16:39):記事冒頭でアンカーしていたリンクをBloombergの記事から、CourtListener提供の裁判所による書類へと変更し、本文内における途中の事実関係をより正確にしました。


《ケシノ》
ケシノ

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『Roblox』はもはや大人のもの?17歳以上のユーザーが急増中

    『Roblox』はもはや大人のもの?17歳以上のユーザーが急増中

  2. この20年で最高のModとは?海外有名サイト「ModDB」の記念ランキングが公開

    この20年で最高のModとは?海外有名サイト「ModDB」の記念ランキングが公開

  3. Unityがモバイル広告企業による約2兆円の買収提案を拒否―競合他社との合併を目指す方針

    Unityがモバイル広告企業による約2兆円の買収提案を拒否―競合他社との合併を目指す方針

  4. ディズニー&マーベルのゲーム作品発表イベントが告知!新発表タイトルも―9月10日午前5時放送

  5. (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

  6. トールキン氏原作「中つ国」新作ゲーム開発を発表―Private DivisionとWētā Workshopが提携

  7. 『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も

  8. 『いっき』『アトランチスの謎』で知られる「SUNSOFT(サンソフト)」が令和に復活!

  9. 大ヒットドラマ「ブレイキング・バッド」のGTA的ゲーム計画は暗礁に乗り上げたまま…“期待しないほうがいい”

  10. 「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top