私が作った『Halo』ではない―原作開発者が実写ドラマ版について言及 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

私が作った『Halo』ではない―原作開発者が実写ドラマ版について言及

なお、同氏は“本作を嫌っているわけではない”としています。

ゲーム文化 カルチャー
私が作った『Halo』ではない―原作開発者が実写ドラマ版について言及
  • 私が作った『Halo』ではない―原作開発者が実写ドラマ版について言及
  • 私が作った『Halo』ではない―原作開発者が実写ドラマ版について言及

現在日本でもU-NEXTにて配信中のドラマシリーズ「Halo」ですが、原作ゲーム開発者のMarcus Lehto氏はTwitterにて本作に対する見解を示しました。

Lehto氏は主人公であるマスターチーフのデザインを手掛けるなど『Halo』開発の中心にいた人物であり、現在ではエレクトロニック・アーツにてゲームディレクターとして活動しています。一方でドラマ版「HALO」は、北米やカナダでトップクラスのストリーミング数を誇るものの、一部ファンの間で“マスターチーフがすぐにヘルメットを脱いでしまった”などといった点を理由に、原作との乖離が批判されている作品でもあります。

時は遡ること5月14日、YouTubeチャンネルLate Night Gamingが本ドラマを「粗悪で安価な改変」と痛烈に批判する動画を投稿。Twitterでファンたちが動画内の指摘について語り合っていたところ、Lehto氏が現れ「ドラマが何処からインスピレーションを得たのかわからない。これは私が作った『Halo』ではない」と意見を述べました。

なお、後に同氏は再びファンたちの議論に参加し「(ドラマ版が)“好きではない”と言ったことは無い。ただ私が作った『Halo』とは全く違う、別のユニバースのようだ」と前述のコメントが本作を“嫌っているが故のものでは無い”ことを強調しています。



《ケシノ》
ケシノ

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. まるでコントのようなグダグダ感!爆笑必至な『モンハンライズ:サンブレイク』狩猟動画に、「3人吹き飛ぶところでダメだった」

    まるでコントのようなグダグダ感!爆笑必至な『モンハンライズ:サンブレイク』狩猟動画に、「3人吹き飛ぶところでダメだった」

  2. 【週刊トレハン】「ゆっくりザコシ」2022年6月29日~7月2日の秘宝はこれだ!

    【週刊トレハン】「ゆっくりザコシ」2022年6月29日~7月2日の秘宝はこれだ!

  3. 『レッド・デッド・リデンプション2』法執行システムを大幅改良するMod登場

    『レッド・デッド・リデンプション2』法執行システムを大幅改良するMod登場

  4. takej選手は涙のツイート…「REJECT」Zepher選手がLFTを表明、『VALORANT』エースプレイヤーの次なるチームは? 

  5. イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

  6. バットマン俳優ロバート・パティンソンが『FF7』のエアリスとティファとの秘められた三角関係を明かす

  7. 「父ノ背中」の『レインボーシックス シージ』部門、再編ートップリーグ経験もある選手が加入

  8. 先史文明を築き上げるコロニーシム『Sapiens』早期アクセス開始日決定!

  9. 『ボンバーガール』が『ボンバーガール レインボー』へ!近日公開の予告とともに新規ビジュアルも公開

  10. 非日常なドレス姿にドキッ!『FF7 リメイク』ティファが立体化―PLAY ARTS改・スタティックアーツ二種の予約開始

アクセスランキングをもっと見る

page top