ナムコ名作タイトルの“キービジュアル”紹介映像シリーズにて『鉄拳』公開!超貴重な『神威(仮称)』の映像も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ナムコ名作タイトルの“キービジュアル”紹介映像シリーズにて『鉄拳』公開!超貴重な『神威(仮称)』の映像も

「ナムコ ミュージアム オブ アート」では、さまざまな名作タイトルを紹介。

ゲーム文化 カルチャー
ナムコ名作タイトルの“キービジュアル”紹介映像シリーズにて『鉄拳』公開!超貴重な『神威(仮称)』の映像も
  • ナムコ名作タイトルの“キービジュアル”紹介映像シリーズにて『鉄拳』公開!超貴重な『神威(仮称)』の映像も
  • ナムコ名作タイトルの“キービジュアル”紹介映像シリーズにて『鉄拳』公開!超貴重な『神威(仮称)』の映像も

バンダイナムコエンターテインメントは、ビデオゲームの“キービジュアル”を作品ごとに紹介する「ナムコ ミュージアム オブ アート」第10回にて格闘ゲーム『鉄拳』を公開しました。

『鉄拳』は1994年にアーケード向けにナムコ初の3D対戦格闘ゲームとして稼働開始。映像では、ナムコが国内のアミューズメントメーカーとしては3Dビデオゲームをいち早く手がけたことなど、これまでの歩みなどを紹介しています。

また、映像内では開発されていた3D対戦格闘ゲーム『神威-KAMUI-(仮称)』の映像も公開。指田稔氏によると、20年前にサルベージして保管してあった秘蔵映像ということで、非常に貴重な内容であることが伺えます。

ナムコ ミュージアム オブ アート」ではそのほか、『ゼビウス』『ワンダーモモ』『源平討魔伝』『バラデューク』などナムコの名作タイトルも紹介しています。


《Mr.Katoh》

酒と雑学をこよなく愛するゲーマー Mr.Katoh

サイドクエストに手を染めて本編がなかなか進まない系。ゲーマー幼少時から親の蔵書の影響でオカルト・都市伝説系に強い興味を持つほか、大学で民俗学を学ぶ。ライター活動以前にはリカーショップ店長経験があり、酒にも詳しい。好きなゲームジャンルはサバイバル、経営シミュレーション、育成シミュレーション、野球ゲームなど。日々のニュース記事だけでなく、ゲームのレビューや趣味や経歴を活かした特集記事なども掲載中。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

    日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  3. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

    大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

  4. 『モンハン』20周年記念番組が放送決定!約2時間の特大ボリューム、なお『モンハンワイルズ』の情報はなし

  5. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  6. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  7. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  8. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

  9. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  10. ZETA DIVISIONにストグラなどで人気の「ファン太」さんが新加入!さっそく得意なベジータの声マネを披露―「邪魔するぜぇ!」

アクセスランキングをもっと見る

page top