『オクトパストラベラーII』世界初の実機プレイ映像!各地の様子やバトル、冒頭イベントも【TGS2022】【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『オクトパストラベラーII』世界初の実機プレイ映像!各地の様子やバトル、冒頭イベントも【TGS2022】【UPDATE】

TOKYO GAME SHOW 2022 スクウェア・エニックス公式配信にてお披露目されました。

家庭用ゲーム PS5
『オクトパストラベラーII』世界初の実機プレイ映像!各地の様子やバトル、冒頭イベントも【TGS2022】【UPDATE】
  • 『オクトパストラベラーII』世界初の実機プレイ映像!各地の様子やバトル、冒頭イベントも【TGS2022】【UPDATE】
  • 『オクトパストラベラーII』世界初の実機プレイ映像!各地の様子やバトル、冒頭イベントも【TGS2022】【UPDATE】

スクウェア・エニックスは、TOKYO GAME SHOW 2022 スクウェア・エニックス公式配信にてPS5/PS4/ニンテンドースイッチ/Windows向けRPG『オクトパストラベラーII』の実機プレイ映像を公開しました。

世界初公開であったという実機プレイでは、お金ではなく干し肉でやり取りする獣人の村、西部開拓地のような町、カヌーで水上移動もできる水の都、そして進んだ文明の都会といった様々なロケーションを歩き回る様子を確認可能。さらにワンボタンでシームレスに昼と夜を切り替えることでBGMも途切れなく変化する様子も実際に見ることができます。

また映像では本作の特徴のひとつであるフィールドコマンドについても実行されているほか、新システムである「底力」によって迫力ある攻撃を繰り広げる戦闘も披露されています。

そして番組の最後にはイベントの例として、「ヒカリ」の冒頭イベントも実機プレイで公開。最序盤から引き込まれる会話シーンだけでなく、戦闘するところまでみられます。

『オクトパストラベラーII』は、PS5/PS4/ニンテンドースイッチ/Windows(Steam)向けに2023年2月24日に発売予定です。

※UPDATE(2022/9/18 15:30):公式生放送のアーカイブが公開されたため、記事冒頭の動画を差し替えました。

《いわし》

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『FF7 リバース』事前ダウンロードが明日2月27日より開始!約4年ぶりの新作まであとわずか

    『FF7 リバース』事前ダウンロードが明日2月27日より開始!約4年ぶりの新作まであとわずか

  2. スクエニ発パーティーシューター『FOAMSTARS』新シーズン「GROOVY DISCO」3月9日開催―「FOAMSTARS PARTY in ホロライブ」開催日も決定

    スクエニ発パーティーシューター『FOAMSTARS』新シーズン「GROOVY DISCO」3月9日開催―「FOAMSTARS PARTY in ホロライブ」開催日も決定

  3. 「ダリルバルデ」も参戦!“ガンプラ”ACT『ガンダムブレイカー4』アセンブル・ミッションのプレイ映像も確認できる「ガンブレ情報局」配信

    「ダリルバルデ」も参戦!“ガンプラ”ACT『ガンダムブレイカー4』アセンブル・ミッションのプレイ映像も確認できる「ガンブレ情報局」配信

  4. 五十嵐孝司氏による『ブラッドステインド』ベストプライス版が5月16日に発売決定!今後のアプデではカオスモードとVSモードの実装も予定

  5. 武器や流派によって変わる多彩な戦闘―『Rise of the Ronin』メイキング映像第2章「The Fight」が公開

  6. シリーズ最新作『New 電波人間のRPG FREE!』スイッチにて2024年中に基本無料で配信【Nintendo Direct 2024.2.21】

  7. 『FF7 リバース』配信ガイドライン公開―野村哲也氏から配信禁止区間がない理由の説明も

  8. 『Dead Island 2』Xbox版が海外でGame Pass入り―ロサンゼルス舞台のゾンビARPGが突然の発表

  9. 任天堂が気になる「次世代機」の方針や転売対策に言及―勢いが続くニンテンドースイッチは“未知の領域”に突入

  10. ニンテンドースイッチの国内販売台数がニンテンドーDSを超える…気になる次世代機については言及避ける

アクセスランキングをもっと見る

page top