『FFタクティクス』のような『ゼルダ』が計画されていた…『メトロイドプライム』開発スタジオ元スタッフが語るボツ作品 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『FFタクティクス』のような『ゼルダ』が計画されていた…『メトロイドプライム』開発スタジオ元スタッフが語るボツ作品

過去と現在を行き来する『ゼルダ』のSRPG。結構面白そう……。

ニュース ゲーム業界
『FFタクティクス』のような『ゼルダ』が計画されていた…『メトロイドプライム』開発スタジオ元スタッフが語るボツ作品
  • 『FFタクティクス』のような『ゼルダ』が計画されていた…『メトロイドプライム』開発スタジオ元スタッフが語るボツ作品
  • 『FFタクティクス』のような『ゼルダ』が計画されていた…『メトロイドプライム』開発スタジオ元スタッフが語るボツ作品
  • 『FFタクティクス』のような『ゼルダ』が計画されていた…『メトロイドプライム』開発スタジオ元スタッフが語るボツ作品

『メトロイドプライム』や『ドンキーコングリターンズ』で知られるRetro Studiosが、『ファイナルファンタジー タクティクス』のような『ゼルダの伝説』作品を計画していたことが所属していた人物の証言により明らかになりました。

これは、ゲームの様々な知識に関する動画を投稿するYouTuber、DidYouKnowGaming?のチャンネルで明らかになったもの。「Heroes of Hyrule(ハイラルの英雄)」というタイトルが付けられたこのタイトルは、従来のゼルダシリーズとは異なる『ファイナルファンタジー タクティクス』のようなシミュレーションRPGとして計画されていました。

ゲームは3人の英雄が活躍する過去パートが3分の2、少年が偶然ガノンが封印された書を手にする現在パートが3分の1という2つの時間軸で展開される構成になっていました。

物語としてはリンクがゼルダ姫をガノンから救うことに失敗し、それに気づいたゴロン族のDunal、リト族のSeriph、ゾーラ族のKrelと呼ばれる3人の英雄がガノンを魔法の書に封印するところから始まります。3人はそれぞれ力、勇気、知恵のトライフォースを体現した存在であるとのことです。

3人の英雄たちは魔法の書を破壊しようとしたものの、完全に破壊することは不可能でした。そこで、魔法の書をバラバラにしてハイラル王国に散らばらせることに。その後、主人公の少年・Koriが骨董品屋で偶然魔法の書を見つけることになります。

少年が主人公のパートは、従来らしい伝統的なゼルダ的ゲームプレイを体験できるとのことでしたが、ダンジョンや戦闘は存在せず、NPCとの会話や釣りなどのミニゲームに焦点が当てられていました。

魔法の書のページを集めていく中で過去パートに切り替わり、3人の英雄が操作可能に。英雄パートはターン制のストラテジーとパズルによって構成されており、詳細不明の「カメオキャラクター」を呼び出して冒険のアシストをしてもらうことも可能だったとのことです。

過去のクエストをクリアすると現在パートで少年が知識を得て、徐々に話しかけられるキャラクターやできることが増えていくというものになっていたそうです。

Retro Studiosは本作が任天堂と『ゼルダ』シリーズにとって良い作品になると信じ、「新たなキャラ、ストーリー、ゲームシステムで豊かなゼルダの世界を広げます。また、実績のある携帯ゲーム機上のシミュレーションRPG市場に新たなテーマを導入し、最終的に任天堂の名にふさわしい製品を提供することになる」とプレゼンしました。

しかし、任天堂の企画開発本部からは即座に「これはダメ」と却下されてしまったとのこと。却下の詳しい理由は不明ですが、当時プログラマーとして在籍していたPaul Tozour氏は「ゲームプレイコンセプトに興味が無いようでした」と証言。素晴らしいものになる可能性があったと、今でも名残惜しい様子でした。


タクティクスオウガ リボーン -PS5
¥4,482
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
メトロイド ドレッド -Switch
¥4,410
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《みお》
みお

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『スト6』予約開始記念!名作ACT『Capcom Arcade Stadium:ファイナルファイト』を2022年12月12日まで期間限定で無料配布中

    『スト6』予約開始記念!名作ACT『Capcom Arcade Stadium:ファイナルファイト』を2022年12月12日まで期間限定で無料配布中

  2. 20周年特番後の「気長にお待ち下さい」から5年…フロムの小倉康敬氏が『ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON』発表で約束を果たしたことを報告

    20周年特番後の「気長にお待ち下さい」から5年…フロムの小倉康敬氏が『ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON』発表で約束を果たしたことを報告

  3. 今年のGOTYは『ELDEN RING』!その他「The Game Awards 2022」受賞作品もひとまとめ【TGA2022】

    今年のGOTYは『ELDEN RING』!その他「The Game Awards 2022」受賞作品もひとまとめ【TGA2022】

  4. ユービーアイソフトの「トム・クランシー」シリーズのライターが20年以上務めていた開発スタジオの退社を発表

  5. ライアットゲームズが『VALORANT』を模倣したとして中国企業「NetEase」を提訴―具体的な模倣デザインも明かされる

  6. 『デススト』『アーマード・コア』新作も!「The Game Awards 2022」発表内容ひとまとめ

  7. 『デススト』続編!小島監督新作『DEATH STRANDING 2』PS5向けで発表―トレイラーに隠されたヒントとは【TGA2022】

  8. 日本で買えないSteam版『The Callisto Protocol』購入の“抜け道”が発見されるも、対策される

  9. 米連邦取引委員会がマイクロソフトのアクティビジョン・ブリザード買収差し止め求め提訴―『Starfield』等根拠に

  10. 果たして今後はどうなる?「まだ『ELDEN RING』でやりたいことはある」GOTY受賞の宮崎英高氏が語る

アクセスランキングをもっと見る

page top