『New World』が大幅なプレイヤー増加、全員新規スタートのサーバーオープンの影響か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『New World』が大幅なプレイヤー増加、全員新規スタートのサーバーオープンの影響か

本作はプレイヤーがクラフトする自給自足な要素もあります。

PC Windows
『New World』が大幅なプレイヤー増加、全員新規スタートのサーバーオープンの影響か
  • 『New World』が大幅なプレイヤー増加、全員新規スタートのサーバーオープンの影響か
  • 『New World』が大幅なプレイヤー増加、全員新規スタートのサーバーオープンの影響か
  • 『New World』が大幅なプレイヤー増加、全員新規スタートのサーバーオープンの影響か

Amazon Gamesが送るMMORPG『New World』のプレイヤー人口が、新規サーバー開放後の11月2日以降、大幅に増加しています。

本作は「Aeternum」という世界を舞台にしたMMORPG。木を切る、クラフトするといったサバイバル要素も強いですが、ダンジョンなどではパーティでの協力が必須になってくる本格派のMMOです。

2021年9月の正式リリース直後は90万人を超えるSteam同時アクセス数を記録し、ログイン待ちに何人も並ぶ状態でした。その熱狂も時間と共に落ち着いていきましたが、それでもピーク時2万人を超えるほどの根強い人気を誇っています。

そんな『New World』ですが11月2日から新規サーバーを複数オープンしており、それ以降からプレイヤー数が増加。10月のピーク時が約7万人のところ、11月は13万人を超える盛況ぶりです。

新規サーバーは既存サーバーからのキャラクター移行はできず、全プレイヤーが新たなキャラクターでゲームを始めます。また、本作はポーションや装備品をNPCが販売しておらず、プレイヤーの手によって制作され、マーケットを通して流通するといった独特の経済システムを持っています。

もちろんPrime Gaming特典やセールといった他の要因も考えられますが、1年以上たって経済が成熟したサーバーではなく、新天地でフレッシュに楽しみたいプレイヤーが多く集まっている可能性は高いと言えるでしょう。

『New World』は、WindowsPC向けにSteamにて4,200円で配信中です。


《kaiware》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』10年以上の早期アクセス期間を経て6月ついに正式リリース!ロードマップも公開

    クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』10年以上の早期アクセス期間を経て6月ついに正式リリース!ロードマップも公開

  2. 実写ドラマの興奮冷めやらず『Fallout 76』にファンが続々参戦。Steam版同接は過去最高の5万人を記録

    実写ドラマの興奮冷めやらず『Fallout 76』にファンが続々参戦。Steam版同接は過去最高の5万人を記録

  3. 『ドラゴンズドグマ 2』次回アップデートではポーン関連の調整が多め。4月配信パッチ内容公開

    『ドラゴンズドグマ 2』次回アップデートではポーン関連の調整が多め。4月配信パッチ内容公開

  4. ラジコンカーで街中を爆走するレースゲーム『Volt Recharge』発表―カスタマイズした機体で白熱の画面分割/オンライン対戦に挑め

  5. 『Cities: Skylines II』圧倒的不評なDLC「Beach Properties」の返金対応が発表―開発方針も見直しへ

  6. モンスター収集RPGホラー『Monstronomy』Steamでリリース―ダークウェブで発見された“ポケモン”風ゲームに隠された恐怖とは

  7. 穏やかな森の中で暮らすサバイバル『Under Canopies』Steamストアページ公開―動物の飼育や料理を楽しみながら自然と調和して生活

  8. 発売から4年“非常に好評”『No one lives under the lighthouse Director's cut』日本語に対応!一人称視点灯台ホラーADV

  9. 基本プレイ無料の王道SRPG『鈴蘭の剣:この平和な世界のために』正式リリースが2024年夏に決定。ファイナルCBTも実施予定

  10. Steam版『バニーガーデン』突如リリース!お紳士の憩いの場がPCでも開店

アクセスランキングをもっと見る

page top