『ウィッチャー』リメイクはオープンワールド、『サイバーパンク』はアニメも好調―CD PROJEKTのQ3決算報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ウィッチャー』リメイクはオープンワールド、『サイバーパンク』はアニメも好調―CD PROJEKTのQ3決算報告

『サイバーパンク2077』のDLC開発に注力しているようです。

ニュース ゲーム業界
『ウィッチャー』リメイクはオープンワールド、『サイバーパンク』はアニメも好調―CD PROJEKTのQ3決算報告
  • 『ウィッチャー』リメイクはオープンワールド、『サイバーパンク』はアニメも好調―CD PROJEKTのQ3決算報告
  • 『ウィッチャー』リメイクはオープンワールド、『サイバーパンク』はアニメも好調―CD PROJEKTのQ3決算報告
  • 『ウィッチャー』リメイクはオープンワールド、『サイバーパンク』はアニメも好調―CD PROJEKTのQ3決算報告
  • 『ウィッチャー』リメイクはオープンワールド、『サイバーパンク』はアニメも好調―CD PROJEKTのQ3決算報告
  • 『ウィッチャー』リメイクはオープンワールド、『サイバーパンク』はアニメも好調―CD PROJEKTのQ3決算報告

CD PROJEKTは、2022年第3四半期決算報告にて、現在同社が取り掛かっている各プロジェクトの進捗などについて発表しました。

公開されたスライドでは、まずは2022年大きく話題となったゲームである『サイバーパンク2077』とそのアニメシリーズについて触れられました。コードネーム「Canis Majoris」として発表されていた初代『ウィッチャー』のリメイクが、ストーリー主導のシングルプレイ・オープンワールドRPGであることも改めて公表されています。

また、12月には『ウィッチャー3 ワイルドハント』の新世代機向けアップデートも控えています。

その他、業績等に加えて、各プロジェクトへのスタッフの割り当てもグラフで公開されています。最も多くの人員が割かれているのは『サイバーパンク2077』のDLC「仮初めの自由」ですが、コードネーム「Polaris」として発表されている『ウィッチャー』の新シリーズにも、少しづつ力を入れているようです。


ワールド・オブ・サイバーパンク2077 (G-NOVELS)
¥4,400
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《kaiware》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 最大80%OFF! アトラスの“大問題作”や『戦場のヴァルキュリア』、良作アクションにパズルなどがどれもお買い得【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

    最大80%OFF! アトラスの“大問題作”や『戦場のヴァルキュリア』、良作アクションにパズルなどがどれもお買い得【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

  2. EAが開発中の「ブラックパンサー」&「アイアンマン」ゲームはオープンワールドになる?求人情報に気になる記載

    EAが開発中の「ブラックパンサー」&「アイアンマン」ゲームはオープンワールドになる?求人情報に気になる記載

  3. オンラインRPG『Fallout 76』PCとXbox版がAmazonプライム会員向けに無料配布開始

    オンラインRPG『Fallout 76』PCとXbox版がAmazonプライム会員向けに無料配布開始

  4. 開発15年で早期アクセス9年のローグライクRPGついに完成か『Caves of Qud』年内の正式リリースに向けたロードマップ公開

  5. Steamにて最大80%オフの『Fallout』シリーズセールが開催!―1週間の『Fallout 76』フリープレイも実施中

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. FPSフェスティバルがやってくる―「Steam FPS Fest 2024」開催!4月15日から22日までの一週間

  8. 裏で何かが動いてる?開発難航の『Hollow Knight: Silksong』SteamDBでアセット更新が確認される

  9. 『The Elder Scrolls』シリーズのTV化は望み薄?トッド・ハワード氏が後ろ向きなコメント

  10. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

アクセスランキングをもっと見る

page top