日本でも発売確定の『Dead Space』リメイクが上位に!Steam売上ランキングまとめ―W杯効果か『FIFA 23』も強し | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

日本でも発売確定の『Dead Space』リメイクが上位に!Steam売上ランキングまとめ―W杯効果か『FIFA 23』も強し

基本無料ハクスラや新作ファンタジーPvPvEも人気!

ニュース ゲーム業界
日本でも発売確定の『Dead Space』リメイクが上位に!Steam売上ランキングまとめ―W杯効果か『FIFA 23』も強し
  • 日本でも発売確定の『Dead Space』リメイクが上位に!Steam売上ランキングまとめ―W杯効果か『FIFA 23』も強し
  • 日本でも発売確定の『Dead Space』リメイクが上位に!Steam売上ランキングまとめ―W杯効果か『FIFA 23』も強し
  • 日本でも発売確定の『Dead Space』リメイクが上位に!Steam売上ランキングまとめ―W杯効果か『FIFA 23』も強し
  • 日本でも発売確定の『Dead Space』リメイクが上位に!Steam売上ランキングまとめ―W杯効果か『FIFA 23』も強し
  • 日本でも発売確定の『Dead Space』リメイクが上位に!Steam売上ランキングまとめ―W杯効果か『FIFA 23』も強し
  • 日本でも発売確定の『Dead Space』リメイクが上位に!Steam売上ランキングまとめ―W杯効果か『FIFA 23』も強し

現在のSteamの売上ランキングやプレイヤー数ランキングのまとめをお届けします。今週は『ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード』や『EA SPORTS FIFA 23』が好調です。

現在のSteamのグローバル売上ランキングおよび日本の売上ランキング上位5位は以下のようになっています。

グローバル売上ランキング

  1. Steam Deck

  2. 『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』

  3. 『Counter-Strike Global Offensive』

  4. 『Dota 2』

  5. 『EA SPORTS FIFA 23』

日本売上ランキング

  1. 『Apex Legends』

  2. 『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』

  3. 『ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード』

  4. 『遊戯王マスターデュエル』

  5. 『EA SPORTS FIFA 23』

11月20日から12月18日まで開催されていたFIFAワールドカップの効果か、60%オフ3,880円となっている『EA SPORTS FIFA 23』がグローバルと日本の両方で5位にランクインしています。決勝での熱い戦いや日本チームの活躍もあり、今回も高い注目度となっていました。

日本3位の『ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード』は、43%オフ5,630円に。シリーズでも特に高い人気を誇る『FF7』のリメイクです。12月14日には前日譚を描くリマスター作『クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- リユニオン』が発売されたほか、リメイクの続編となる『ファイナルファンタジーVII REBIRTH』もPS5向けに発表されています

気になるゲームをピックアップ!

日本地域にて、予約購入受付中のリメイク版『Dead Space』が売上9位となっています。一時期はストアページのリージョンロックで発売が危ぶまれていましたが、先日PC版に限って日本での正式発売が確定。海外コンソール版にも日本語字幕が収録されることが明らかになりました。

日本売上10位の『アンディセンバー(UNDECEMBER)』は、スマートフォン向けにも提供されている基本プレイ無料のハクスラARPGです。「戦場を経て強くなる」というハクスラの醍醐味にのみ集中して開発されており、プレイヤーがビルドを作り上げていく楽しみが提供されているとのことです。Steamレビューはラグ問題や誤BANなどによって賛否両論ですが、ゲーム自体の面白さを評価する声は多く見られます。

プレイヤー数30位となっている『Dark and Darker』は、現在プレイテスト実施中のPvPvEハードコアファンタジーダンジョンFPS。フレンドとパーティを組んでお宝を探しつつ、プレイヤーやモンスターに気をつけながら脱出を目指します。本作の特徴は古典的なファンタジーアドベンチャーゲームをリスペクトしており、雰囲気やUIなどにその特徴を感じられます。


クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- リユニオン -PS4
¥5,510
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16) - PS5
¥8,091
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《みお》

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『真・女神転生 III Nocturne HD Remaster』Steam版が最安値の996円!魔界と化した東京を生き残れ

    『真・女神転生 III Nocturne HD Remaster』Steam版が最安値の996円!魔界と化した東京を生き残れ

  2. 『The Last of Us』『アンチャーテッド』のニール・ドラックマン氏、次回作について「最もスリリングなプロジェクト」「ゲームの主流を再定義する可能性がある」米ソニーのインタビューに語る

    『The Last of Us』『アンチャーテッド』のニール・ドラックマン氏、次回作について「最もスリリングなプロジェクト」「ゲームの主流を再定義する可能性がある」米ソニーのインタビューに語る

  3. 『CoD』のActivisionなどがテキサス州ユバルデ銃乱射事件の犯人を“教育”したとして被害者家族から提訴される

    『CoD』のActivisionなどがテキサス州ユバルデ銃乱射事件の犯人を“教育”したとして被害者家族から提訴される

  4. もし“終わった”シリーズ作品を復活させられるなら……思い浮かべたものは?

  5. Valve新作TPSの噂が加速。6vs6ヒーローシューター『Deadlock』とされるスクリーンショット&プレイ動画が海外コミュニティで話題に

  6. 「多くのプレイヤーがスマーフを嫌っているが、この行為は一般的になっている」―オハイオ州立大学の学生がゲームの「スマーフ行為」に関する研究を発表

  7. 『バルダーズ・ゲート3』開発元のLarian Studios、ワルシャワに新スタジオを開設。新たな2つのRPGの開発に挑む

  8. 「非常に好評」ターン制ストラテジー続編『Warhammer 40,000: Mechanicus II』発表!

  9. 最大70%OFF!『ダンガンロンパ』『極限脱出』などのシリーズ作がセット&セールでコスパ抜群─アクションADVやSRPGもお買い得【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

  10. デザインも“小ネタ”もこだわったのに…!Devolver Digitalが「クリックされなかった作品のウェブサイト」トップ15を発表

アクセスランキングをもっと見る

page top