『LoL』『VALORANT』ライアットゲームズが開発環境システムへの侵入被害を報告―個人情報への被害はなし | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『LoL』『VALORANT』ライアットゲームズが開発環境システムへの侵入被害を報告―個人情報への被害はなし

ソーシャルエンジニアリング攻撃による侵入であったとのことです。

ニュース ゲーム業界
『LoL』『VALORANT』ライアットゲームズが開発環境システムへの侵入被害を報告―個人情報への被害はなし
  • 『LoL』『VALORANT』ライアットゲームズが開発環境システムへの侵入被害を報告―個人情報への被害はなし
  • 『LoL』『VALORANT』ライアットゲームズが開発環境システムへの侵入被害を報告―個人情報への被害はなし

ライアットゲームズは、開発環境のシステムが侵入を受けたと公式Twitterアカウントにて発表しました。

発表によると、侵入はソーシャルエンジニアリング攻撃によるものとされています。ソーシャルエンジニアリング攻撃とは、ハッキングやコンピュータウイルスなどの技術的方法を使わずに、業務メールを装うなどして人の心の隙を突いてパスワードや機密情報を入手するという手法です。

プレイヤーのデータや個人情報は取得された形跡はないとのことですが、侵入を受けた開発環境には影響があったようで、コンテンツのリリースに一時的な影響が生じているとツイートには記されています。詳しい状況については調査が継続中であるとのことです。

同社の運営するゲームについては、『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』が1月19日に接続問題があると報告していたほか、パッチ13.2のリリーススケジュールに影響があり、テスト済みのバランス変更の大部分についてはホットフィックスによる対応範囲拡大に取り組んでいるとのこと。またアーリASUの実装がパッチ13.3に移行するということも告知されています。

『VALORANT』についても1月19日には接続問題があると報告されていましたが、記事執筆時点ではパッチなどの影響については報告されていません。

《いわし》
いわし

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 明日のニンダイで続報か?『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』一時的に海外ストアで価格が掲載

    明日のニンダイで続報か?『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』一時的に海外ストアで価格が掲載

  2. 『Fallout 76』や『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』が対象! PCゲーム定期便「Humble Choice」2023年2月度ラインナップ発表

    『Fallout 76』や『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』が対象! PCゲーム定期便「Humble Choice」2023年2月度ラインナップ発表

  3. 果たしてどんな役回りに?『The Last of Us』ジョエル役声優が「もしPart 3で依頼されたら出たい」と前向きな姿勢

    果たしてどんな役回りに?『The Last of Us』ジョエル役声優が「もしPart 3で依頼されたら出たい」と前向きな姿勢

  4. 任天堂が2023年3月期第3四半期の決算を公開―『ポケモンSV』は2,000万本、『スプラトゥーン3』は1,000万本を突破!

  5. テイクツーCEOが「AIには『GTA』のライバルは作れない」と断言―ただし、技術の飛躍には興奮している

  6. 任天堂が今年度業績予想を下方修正も、非正規含む全従業員の基本給を10%アップ!

  7. 約7年の沈黙を破り『Pixel Piracy』突然のアップデート―あわせて関係者による8年前の不正も告発

  8. 『Ori』が『マリオ』なら新作は『ゼルダ』―開発元ディレクターが新プロジェクトを語る

  9. Game Passとの統合を望む声も?Xboxにてゲームサブスク「Ubisoft+」が近日開始か

  10. 『RDR2』売り上げ本数は5,000万本以上、『GTA V』は1億7,500本―ロックスター2大ビッグタイトルの偉大な記録

アクセスランキングをもっと見る

page top