高速で敵を倒していくオールドスクールFPS『Dread Templar』日本語対応で正式リリース! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

高速で敵を倒していくオールドスクールFPS『Dread Templar』日本語対応で正式リリース!

多数の武器とスキルで自分なりの戦い方を見つけよう。

ゲーム文化 インディーゲーム
高速で敵を倒していくオールドスクールFPS『Dread Templar』日本語対応で正式リリース!
  • 高速で敵を倒していくオールドスクールFPS『Dread Templar』日本語対応で正式リリース!
  • 高速で敵を倒していくオールドスクールFPS『Dread Templar』日本語対応で正式リリース!
  • 高速で敵を倒していくオールドスクールFPS『Dread Templar』日本語対応で正式リリース!
  • 高速で敵を倒していくオールドスクールFPS『Dread Templar』日本語対応で正式リリース!
  • 高速で敵を倒していくオールドスクールFPS『Dread Templar』日本語対応で正式リリース!
  • 高速で敵を倒していくオールドスクールFPS『Dread Templar』日本語対応で正式リリース!
  • 高速で敵を倒していくオールドスクールFPS『Dread Templar』日本語対応で正式リリース!
  • 高速で敵を倒していくオールドスクールFPS『Dread Templar』日本語対応で正式リリース!

Fulqrum PublishingおよびT19 Gamesは、2021年より早期アクセスを展開していたオールドスクールFPS『Dread Templar』の正式リリースを発表しました。

本作は昔ながら90年代シューティングゲームに現代的な一人称視点シューターの要素を加えた作品。多数の武器とスキルを組み合わせながら地獄のクリーチャー軍団を薙ぎ倒していきます。

  • ダッシュやスローモーションタイムなど、FPSならではの技を使って過酷でハイスピードなステージをクリアしよう。

  • 100種類以上のスキルとアップグレードをアンロックして唯一無二の組み合わせを選び、自分だけのスタイルでプレイしよう。

  • 20種類以上の敵タイプと9体のボスを血の霧に変えよう。日本刀から銃、非道な兵器まで、10種類を超える武器が登場。

  • 25を超えるステージには19のサイドエリアと170のシークレット、そして素晴らしい報酬が手に入る20の難解な謎解きが待っている。

  • 手描き風のレトロアートを楽しもう。武器、敵、背景などすべてのゲーム要素が90年代のシューティングゲームを彷彿とさせるレトロなピクセルアートで彩られる。さらに5種類のフィルターを選んで全く新しいビジュアルの演出も可能!

懐かしい雰囲気と爽快感あふれるゲームプレイが楽しめる『Dread Templar』はSteam/GOG.com/Epic Gameストアにて通常価格2,050円/19.99ドルで配信中(2月3日までは15%オフが適用)。嬉しいことに日本語にも対応しています。


【PS5】Minecraft Legends
¥4,318
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
Minecraft Legends(マインクラフト レジェンズ) -Switch
¥5,280
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《RIKUSYO》

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

    大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

  3. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

    日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  4. ZETA DIVISIONにストグラなどで人気の「ファン太」さんが新加入!さっそく得意なベジータの声マネを披露―「邪魔するぜぇ!」

  5. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

  6. 『モンハン』20周年記念番組が放送決定!約2時間の特大ボリューム、なお『モンハンワイルズ』の情報はなし

  7. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  8. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  9. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  10. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

アクセスランキングをもっと見る

page top