1人だけポケモンの世界から来てない?『VALORANT』新キャラが実質ポケモントレーナーだと話題に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

1人だけポケモンの世界から来てない?『VALORANT』新キャラが実質ポケモントレーナーだと話題に

キュートなクリーチャーを操る新エージェント「ゲッコー」。その特性から、国内外で『ポケモン』とかけ合わせたミームが流行の兆しを見せているようです。

ニュース 最新ニュース
YouTube「1人よりも // ゲッコー エージェントトレーラー - VALORANT」より
  • YouTube「1人よりも // ゲッコー エージェントトレーラー - VALORANT」より
  • 1人だけポケモンの世界から来てない?『VALORANT』新キャラが実質ポケモントレーナーだと話題に
  • 『VALORANT』公式サイトより
  • YouTube「IT'S ALL YOU // Episode 6: Act II キックオフ - VALORANT」より
  • YouTube「IT'S ALL YOU // Episode 6: Act II キックオフ - VALORANT」より

3月8日から『VALORANT』で開幕中のシーズン「Episode 6 Act II」に、新エージェント「ゲッコー」が実装されました。

可愛らしいデザインのクリーチャーを使役するという能力から、『ポケットモンスター』シリーズとかけ合わせたミームが国内外で広がっているようです。

◆クリーチャーと一緒に戦うニューカマー「ゲッコー」

「ゲッコー」はロサンゼルス出身の青年で、ロール(役割)は索敵や妨害が持ち味の「イニシエーター」。固い絆で結ばれたクリーチャーを率いており、それぞれがアビリティ使用時に機能します。

たとえば、黄色い小型恐竜のような見た目の「ウィングマン」は、索敵とスタンを兼ね備える強力なアビリティ。さらにスパイクの設置や解除もこなせるのですが、テクテクと歩いて行く姿はなんとも健気ですね…。

ほかにも視界を奪う「ディジー」や広範囲にダメージを与えるいわゆるモロトフの「モッシュピット」、そしてアルティメットアビリティ「スラッシュ」は、クリアリングしつつ敵の拘束が可能。それぞれの発動時には、クリーチャーたちが一生懸命働く姿を披露してくれます。

拘束効果のある「スラッシュ」は、戦況を一気に打開してくれそう

そんな「ゲッコー」の相棒たちに、多くのプレイヤーがメロメロ状態。さらには、「ゲッコー、ポケモンみたいなアビリティ出すやん」「連れてるかわいいやつポケモンみてえ」「ゲッコーなんか1人だけポケモンの世界から来てない?」といった声も続出していました。

またゲームキャスターの岸大河さんも、自身のTwitter上で「ゲッコーのイメージトレーニング」という文章とともに、『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』のゲーム映像を投稿。「レッツゴー」機能でパーモットを操っていたのですが、おそらくは「ウィングマン」に見立てていたのでしょう。

◆『ポケモン』×「ゲッコー」のミームが広がる

「ゲッコー」と『ポケモン』を重ね合わせるプレイヤーは国内だけではありません。たとえば、NA地域の名門チーム「Sentinels」は公式Twitter上で、各アビリティを“御三家ポケモン”に見立てたコラージュ画像を投稿しています。

また、2月13日から3月4日にかけて開催されていた世界大会「LOCK//IN」を制したEMEA代表「FNATIC」の公式Twitterも、『ポケットモンスター』シリーズの新作風画像を公開。パッケージには「GEKKO GREEN」と銘打たれており、「どのスターターを選ぶべきか」とファンに問いかけていました。

まだ実装されて間もない「ゲッコー」ですが、すでにコミュニティ内では人気が爆発している模様。コンペティティブモード(ランクマッチ)はもちろん、競技シーンでの活躍にも期待したいところですね。


《サワディ大塚》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『モンハンワイルズ』現状ではスイッチ版はない―『モンハン』世界を最大限描くことを目指すため

    『モンハンワイルズ』現状ではスイッチ版はない―『モンハン』世界を最大限描くことを目指すため

  2. 2016年に発表され、その後開発中止や再始動など紆余曲折があった『Year of the Ladybug』現行プロジェクト版の1stティザー映像公開!2024年秋に何かが起こる?

    2016年に発表され、その後開発中止や再始動など紆余曲折があった『Year of the Ladybug』現行プロジェクト版の1stティザー映像公開!2024年秋に何かが起こる?

  3. 『CoD:MW3』AI生成のスキンアイテム販売―AI台頭によるアーティスト解雇への懸念も

    『CoD:MW3』AI生成のスキンアイテム販売―AI台頭によるアーティスト解雇への懸念も

  4. 『桃鉄』最新作が安い!『マリオ』『ポケモン』などもお手頃価格─『バルダーズ・ゲート3』2,728円など、ゲオ店舗のセールを現地調査

  5. 任天堂への殺害予告で逮捕された男を京都地検が起訴―「スプラトゥーン甲子園2023 全国決勝大会」などイベント2件が中止

  6. 『Warframe』開発元の新作アクションRPG『Soulframe』世界観を紹介するゲームプレイ動画が公開

  7. Ziggurat Interactiveが30以上の3DO用タイトルの権利をPrism Entertainmentより獲得

  8. 『グランド・セフト・オート』シリーズ最新作『GTA6』正式発表!流出受けてトレイラーを予定より早く公開―舞台は「バイスシティ」

  9. 【PC版無料配布開始】コインランドリー兼ゲーセンシム『Arcade Paradise』&サバイバルホラー『Maid of Sker』Epic Gamesストアにて

  10. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

アクセスランキングをもっと見る

page top