瀬戸利樹がPS5™で『FORSPOKEN』を遊びつくす!美しい色彩、豊かな“影の表現”にも注目 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

瀬戸利樹がPS5™で『FORSPOKEN』を遊びつくす!美しい色彩、豊かな“影の表現”にも注目

「ファイナルファンタジー」等で知られるスクウェア・エニックスによる魔法アクションRPG「FORSPOKEN」が1月24日にリリースされた。一時期は入手困難だったPlayStation®5が家電量販店等に並ぶようになったいま、本作のシネマティックな世界観やストーリーを体感してほしい。

家庭用ゲーム PS5
PR
瀬戸利樹/photo:Maho Korogi
  • 瀬戸利樹/photo:Maho Korogi
  • 瀬戸利樹/photo:Maho Korogi
  • PlayStation®5
  • 瀬戸利樹/photo:Maho Korogi
  • 「FORSPOKEN(フォースポークン)」© 2023 Luminous Productions Co., Ltd. All Rights Reserved.
  • 「FORSPOKEN(フォースポークン)」© 2023 Luminous Productions Co., Ltd. All Rights Reserved.
  • 瀬戸利樹/photo:Maho Korogi
  • 瀬戸利樹/photo:Maho Korogi

「ファイナルファンタジー」等で知られるスクウェア・エニックスによる魔法アクションRPG「FORSPOKEN」が、1月24日にリリース(PlayStation®5版)された。一時期は入手困難だったPS5が家電量販店等に並ぶようになったいま、本作のシネマティックな世界観やストーリーを映画ファンにこそ体感してほしい。そこでシネマカフェでは、幼少期から熱心なゲーマーであり、「共演者ともゲームで遊ぶ時間が増えた」と昨今のゲームブームを語る俳優・瀬戸利樹さんにPS5×「FORSPOKEN」の魅力を教えてもらった。


「FORSPOKEN」公式サイト

――まずは、瀬戸さんのゲーム遍歴を教えて下さい。

僕はずっと少年野球をやっていたのですが、小学校低学年くらいのときに野球ゲーム「パワプロ(実況パワフルプロ野球)」をきっかけにゲームにもハマりました。従兄弟がゲーム好きで、昔のゲームも含めて様々な作品を遊びながら育ってきました。最近では「Apex Legends」をやったり、共演者と「Dead by Daylight」で遊んだりしています。

――ゲームの情報収集は普段どのようにされていますか?

昔から自分の周りが遊んでいるゲームをやってみるタイプでしたが、最近はゲーム実況の配信を観て「これは面白そう」と思ったものを入手することが多いですね。それこそ「FORSPOKEN」も実況配信を観て気になっていたタイトルです。

<FORSPOKEN(フォースポークン)>

この物語は、ニューヨークの裁判所から始まる。主人公フレイ・ホーランドは複数の窃盗事件を起こし、裁判にかけられていた。裁判官の恩情で釈放された彼女は、愛猫と共に街から出て人生とやり直そうと試みる。しかしその矢先に仕事相手である犯罪集団に襲撃され、プランは白紙に。途方に暮れていたとき、彼女は謎の現象に巻き込まれて美しくも残酷な異世界「アーシア」へと飛ばされてしまう。そしてその腕には、意思疎通が可能な魔法のブレスレット「カフ」が巻かれていた……。正体不明のカフの助けを借り、フレイは故郷ニューヨークへ帰る方法を探してアーシアでの旅を始める――。

リアルからファンタジーへとスライドしていく導入をはじめ、フレイの“相棒”となる謎の腕輪の生命体“カフ”の存在、凸凹バディ的なふたりの掛け合いの面白さなど映画好きの心をくすぐる設定や物語の展開、共感しやすいリアルなキャラクターといったポイントが網羅されている。

――その「FORSPOKEN」は、人生に行き詰まった主人公が異世界「アーシア」に飛ばされたことで始まる壮大な旅を描くアクションRPGです。映画的なストーリーや独創的な世界観などが話題ですが、実際にプレイしていかがでしたか?

まずはオープンワールド(広大なフィールド内をプレイヤーが自由に探索できる形式)であること。映像も綺麗ですし、そこに魔法とパルクール(走る・跳ぶ・登るを組み合わせ、建物や障害物を移動する運動技術)が組み合わさるのが新しいと感じました。

――パルクールは、映画好きにはおなじみの要素ですね。

パルクールは、本作の特に大きな魅力だと思います。これまでの魔法ファンタジー系の作品は空を飛べても、地上での移動に楽しみを追求したものは少なかったように感じます。オープンワールドはフィールドが広いぶん移動時間もかかりますが、「FORSPOKEN」はパルクールで高いところを登ったりアクロバティックな動きでショートカットしつつ、世界観を楽しみながら移動できます。

しかも特訓して会得するわけじゃなく序盤から使えるし、ワンボタンでパルクールが発動するから操作も簡単なのがいいですよね。移動はもちろん、戦闘時の回避や防御にもパルクールの要素が入っていて観ている分にも楽しいです。

――物語が裁判シーンから始まるというのも斬新ですよね。主人公のフレイは孤児院出身で、貧乏生活から抜け出すためにもがいているけど窃盗の罪で逮捕。その後、裁判官に温情をかけられて釈放されるも、今度は事故で異世界に飛ばされてしまう。クリスマスのニューヨークを再現したリアルな街並み含めて、映画や海外ドラマを観ている感覚になりました。

僕もまだ途中ですが、主人公のお父さんの話が出てきたり「続きが気になる」と思えるストーリーですよね。映画やドラマのいいとこどりをしている感覚で、日本人含めて世界の色々な人が楽しめるための工夫を感じました。女性が主人公というのも珍しいですよね。

――「FORSPOKEN」は敵キャラクターも女性でしたね。しかも、これまでの女性主人公ゲームのように最初から心身が「強い」わけではなく、追い詰められた若者という真逆の設定です。

そこもポイントですよね。なぜこのような設定にしたのか、制作者の方に意図や誕生秘話を色々と伺ってみたいです。それくらいレアな内容だと思います。

――本作の特徴の一つでもある魔法バトルについてはいかがですか?

色々なタイプの魔法を使えるので、相手によって「これがいいんじゃないか」と考えながら戦うのが楽しかったです。

――パルクールと魔法を組み合わせて、近距離と遠距離&攻防一体のバトルを楽しめるのも「FORSPOKEN」の魅力だと感じました。

そうですね。援護射撃をしてくれる魔法があるのですが、それがいまのところ一番のお気に入りです。それで攻撃をアシストしてもらいつつ、僕はパルクールで相手の攻撃をよけまくっていました。そういう戦い方もできますし、敵を縛り付ける魔法などもあってありがたかったですね。色々なタイプの魔法があるので、どんどん戦法を試せて、その中で自分に合ったスタイルが見つかると思います。

遊びやすさでいうと、魔法を出す際のコマンドが複雑なものではなくワンボタン、ツーボタンで済みますし、宝箱を空けるときなども画面上に「△を押す」と出るので普段ゲームをやり慣れていない方も楽しめるはず。チュートリアルもわかりやすいですしね。もしそれでも不安な方は、ストーリーを中心に追っていけるように難易度を低くできますし、他にも自分の遊びやすいように細かく難易度を設定できます。しっかり補足をしてくれる、始めやすいタイトルだと感じました。

――今回、PS5で「FORSPOKEN」をプレイしてみて、いかがでしたか?

ロードの速さが全く違いますし、プレイ中の振動もリアルでしたね。たとえば岩を上るときと走るときといったように、動きに応じて振動の種類が変わるように感じました。こういう細かい設定をしてくれているから、世界観に入り込みやすかったです。

また、ボタンを押す→魔法が発動する反応も速かったです。押した瞬間にアクションが起こるから、自分の感覚と一切ズレがありませんでした。それこそ、プレイしているときは全く違和感がないくらいでしたね。そしてやっぱり、グラフィックのスゴさ。「FORSPOKEN」には映像の滑らかさを優先したモードに加えてグラフィックの美しさを優先するモードもあるのですが、僕はこれまでそうしたモードが搭載されているゲームを知らなくて。PS5の性能だからこそ成立したのかなと思いました。

――ゲーム好きの目から見て、PS5のグラフィックはどう映りましたか?

僕自身、様々な世代のゲームをやってきたからこそ思うのですが、PS5は色のバリエーションが豊富だと感じます。例えば「影」ひとつにしても様々な種類がありますし、グラデーションも滑らかですよね。そういった部分が、映像の美しさやリアリティにつながっているように思います。

――今後PS5でプレイしたいタイトルはありますか?

まずは「FIFA」ですね。じっくり育成をするなら野球ゲームも好きですが、プレイするならサッカーゲームが好きです。実際の試合を観ているような臨場感を、PS5で楽しみたいです。そして、「FINAL FANTASY XVI」(6月22日発売予定)。「FINAL FANTASY VII」のときに「二次元のキャラクターを好きになるってこういうことか」というくらいドハマりしたんです(笑)。グラフィックも絶対にものすごく綺麗でしょうから、いまからプレイするのが楽しみです。


「FORSPOKEN」公式サイト

<FORSPOKEN(フォースポークン)>

通常版、デラックス・エディションともに発売中!

【PS5用】

■パッケージ版

・通常版 9,680円(税込)

■ダウンロード版

・通常版 9,680円(税込)

・Digital Deluxe Edition 14,080円(税込)

© 2023 Luminous Productions Co., Ltd. All Rights Reserved.


プロフィール:瀬戸利樹

主な近年の作品はドラマ「仮面ライダーエグゼイド」「シンデレラはオンライン中!」「偽装不倫」「推しの王子様」「私たち結婚しました4」「僕らのミクロな週末」など。また自身初ミュージカルとなる「FLAGLIA THE MUSICAL~ゆきてかえりし物語~」('22年)では主演を務めるなど、ドラマや映画・舞台など幅広いジャンルで活躍をしている。

<提供:ソニー・インタラクティブエンタテインメント>

瀬戸利樹がPS5™で「FORSPOKEN」を遊びつくす!影にもグラデーションが…映像の美しさが “リアリティ”につながる

《text:SYO/photo:Maho Korogi》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ、後継機が発売されないまま7年以上が経過。任天堂歴代据え置きハードの中でもトップの寿命に

    ニンテンドースイッチ、後継機が発売されないまま7年以上が経過。任天堂歴代据え置きハードの中でもトップの寿命に

  2. 『三國志8リメイク』10月24日発売!数々の新要素やメインビジュアル公開

    『三國志8リメイク』10月24日発売!数々の新要素やメインビジュアル公開

  3. 渋谷舞台のARPG『REYNATIS/レナティス』はDay1パッチでバトル・探索・その他を改善―体験版からの調整内容が明らかに

    渋谷舞台のARPG『REYNATIS/レナティス』はDay1パッチでバトル・探索・その他を改善―体験版からの調整内容が明らかに

  4. 幽霊調査ホラー『Phasmophobia』延期となっていたコンソール版はハロウィーンの時期にリリース―今年後半には価格引き上げも予定

  5. 人気ポーカーローグライク『Balatro』ニンテンドースイッチ向けのダウンロード販売が再開!

  6. PS5/PC向け新作5vs5ヒーローシューター『CONCORD』ベータ先行アクセス開始!

  7. PS名作『ドカポン!怒りの鉄剣』リマスター版、時代の流れに逆らえず「ぶっ〇す」表現緩和

  8. 映画「ベスト・キッド」がベルトスクロールACTに!『The Karate Kid: Street Rumble』発表

  9. “圧倒的に好評”デッキ構築型ゲーム『Balatro』PS5/スイッチ向け日本語パッケージ版10月24日発売―特典つき予約開始

  10. 任天堂新作ホラー?『笑み男』海外版動画から内容が浮上…自殺や家庭内虐待の描写が含まれる高めのレーティングのダークな作品か?

アクセスランキングをもっと見る

page top