Xbox One海外発表から10周年!『Sunset Overdrive』『Quantum Break』などを生み出し、「互換に強いXbox」というイメージも打ち立てたゲーム機 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox One海外発表から10周年!『Sunset Overdrive』『Quantum Break』などを生み出し、「互換に強いXbox」というイメージも打ち立てたゲーム機

海外発売は同年11月。日本では残念ながら9ヶ月遅れで翌年に。

ニュース ゲーム業界
Xbox One海外発表から10周年!『Sunset Overdrive』『Quantum Break』などを生み出し、「互換に強いXbox」というイメージも打ち立てたゲーム機
  • Xbox One海外発表から10周年!『Sunset Overdrive』『Quantum Break』などを生み出し、「互換に強いXbox」というイメージも打ち立てたゲーム機
  • Xbox One海外発表から10周年!『Sunset Overdrive』『Quantum Break』などを生み出し、「互換に強いXbox」というイメージも打ち立てたゲーム機
  • Xbox One海外発表から10周年!『Sunset Overdrive』『Quantum Break』などを生み出し、「互換に強いXbox」というイメージも打ち立てたゲーム機
当時の発表の様子

マイクロソフトの家庭用ゲーム機であるXbox Oneが、海外発表から10周年を迎えました。

「互換に強いXbox」というイメージを打ち立てた面も

Xbox OneはXbox 360の後継機となる家庭用ゲーム機で、2013年5月22日に発表されました。「All in-One entertainment system」というキャッチコピーを持ち、ゲームだけでなく映画やドラマ、Skypeなどを行えることを特徴としていました。

発表イベントではジェスチャーや音声認識でゲームを操作するデバイス「Kinect」の新型同梱を発表したほか、『Quantum Break』『コール オブ デューティ ゴースト』、EA SPORTSタイトルなどが発表されました。

他にも『Sunset Overdrive』や『デッドライジング3』、『タイタンフォール』や『Forza Motorsport 5』といった名作たちが発売された機種でもあります。

現在も「Xboxは後方互換に強い」というイメージがありますが、そのイメージはXbox Oneより始まっているように感じます。発売当初は非対応だったものの、E3 2015にてXbox 360タイトルへの互換対応を発表。すべてのタイトルが遊べるわけではありませんが、幾度ものアップデートを重ね、現在では初代Xboxを含む数多くのタイトルをカバーしています。

Xbox 360にも一部初代Xboxソフトへの後方互換はありましたが、同世代ライバル機のPlayStation 4が後方互換機能を持っていなかったこともあり、Xbox Series X|Sにかけて互換に強いイメージを打ち立てたのではないでしょうか。

海外発売は11月、日本では9ヶ月遅れに

海外では13ヶ国において発表から約半年後の2013年の11月22日に発売しましたが、日本では残念ながら約9ヶ月ほど遅れた2014年9月4日の発売となりました。

その代わりローンチタイトルは29タイトルと多く、『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』や『ウォッチドッグス』、『アサシン クリード IV ブラックフラッグ』や『ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー』といった名作が発売されました。

決して順調とは行きませんでしたが、Xbox Oneは現在のXboxやゲーム業界につながるものを残しました。発売10周年記念日はもう少し先となりますが、当時所有していた(あるいはまだ現役の方)や、Xbox Series X|SからXboxを使うようになった方も、思いを馳せてみてはいかがでしょうか。


《みお》

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Steam“おま国”解禁の「ドラゴンボール」ゲーの同時接続プレイヤー数はその後……

    Steam“おま国”解禁の「ドラゴンボール」ゲーの同時接続プレイヤー数はその後……

  2. 「ゲームの主流を再定義する」なんて言ってない―『ラスアス』ニール・ドラックマン氏が海外ソニーインタビューの内容を否定

    「ゲームの主流を再定義する」なんて言ってない―『ラスアス』ニール・ドラックマン氏が海外ソニーインタビューの内容を否定

  3. もし“終わった”シリーズ作品を復活させられるなら……思い浮かべたものは?

    もし“終わった”シリーズ作品を復活させられるなら……思い浮かべたものは?

  4. 最大70%OFF!『ダンガンロンパ』『極限脱出』などのシリーズ作がセット&セールでコスパ抜群─アクションADVやSRPGもお買い得【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

  5. 「非常に好評」ターン制ストラテジー続編『Warhammer 40,000: Mechanicus II』発表!

  6. Valve新作TPSの噂が加速。6vs6ヒーローシューター『Deadlock』とされるスクリーンショット&プレイ動画が海外コミュニティで話題に

  7. 『CoD』のActivisionなどがテキサス州ユバルデ銃乱射事件の犯人を“教育”したとして被害者家族から提訴される

  8. 『真・女神転生 III Nocturne HD Remaster』Steam版が最安値の996円!魔界と化した東京を生き残れ

  9. デザインも“小ネタ”もこだわったのに…!Devolver Digitalが「クリックされなかった作品のウェブサイト」トップ15を発表

  10. 『The Last of Us』『アンチャーテッド』のニール・ドラックマン氏、次回作について「最もスリリングなプロジェクト」「ゲームの主流を再定義する可能性がある」米ソニーのインタビューに語る

アクセスランキングをもっと見る

page top