オリジナルIPを育てて最高の”時”を届けたい―新たにゲーム事業へ参入する「TBS GAMES」の果たす役割をふたりのキーマンに訊く | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

オリジナルIPを育てて最高の”時”を届けたい―新たにゲーム事業へ参入する「TBS GAMES」の果たす役割をふたりのキーマンに訊く

TBSグループが掲げるオリジナルIPの開発・拡張戦略の一環としてゲームの世界へと足を踏み入れたTBS GAMES。ドラマやアニメ、そしてイベントなど多彩なコンテンツを保有するTBSは、一体どのようにしてゲーム業界で存在感を示していくのでしょうか。

ニュース ゲーム業界
オリジナルIPを育てて最高の”時”を届けたい―新たにゲーム事業へ参入する「TBS GAMES」の果たす役割をふたりのキーマンに訊く
  • オリジナルIPを育てて最高の”時”を届けたい―新たにゲーム事業へ参入する「TBS GAMES」の果たす役割をふたりのキーマンに訊く

2023年7月5日、TBSテレビは自社ブランドTBS GAMESの発足とゲーム事業への本格参入を発表しました。

TBSグループが掲げるオリジナルIPの開発・拡張戦略の一環としてゲームの世界へと足を踏み入れたTBS GAMES。ドラマやアニメ、そしてイベントなど多彩なコンテンツを保有するTBSは、一体どのようにしてゲーム業界で存在感を示していくのか。

TBSテレビ取締役の龍宝正峰氏、そして同社特任執行役員でありTBS GAMES事業責任者の蛭田健司氏へのインタビュー取材を行い、そのビジョンを伺いました。

TBSテレビ取締役の龍宝正峰氏(写真左)と、特任執行役員・TBS GAMES事業責任者の蛭田健司氏

──まずはおふたりの経歴やゲームとの関わりについてお聞かせください。

龍宝正峰氏(以下、龍宝)私は編成局とデジタル配信、そして新規IPを手掛けるセクションの担当取締役をやっています。TBSでは2030年に向けて取り組むべき施策をまとめた中期経営計画「VISION2030」の中で自社IPをしっかり広く伝えていくことを掲げており、放送だけではなくネットでの動画配信やリアルイベントなど、従来とは異なる展開を含めてコンテンツを広く多角的に展開していくことを目指しています。

コンテンツ産業において自社IPは大きな意味を持ちますから、我々が今まで得意としていなかったアニメやゲームの領域を強化していくことが会社としての目的ですね。ゲームとは少し違いますが、TBSはアニメの制作会社にも出資していますし、部署として「アニメ映画イベント事業局」という名称の頭にアニメが入っていることも強化したい意思の表れです。

私個人の経歴やゲームとの関わりで言いますと、営業職をやっていましたのでクリエイティブな方面よりは営業としてゲーム会社とお取引させていただいていました。過去にもゲームやアニメという事業には積極的に取り組みたいと考えて社内で色んなことを提案した時代があったのですが、なかなかスタートしませんでした。それが今回の事業をスタートするにあたって取り組めることになったので、事業担当として実務を進めていく蛭田を後ろで支える役割をして行くのかなと思っています。

──テレビ局の営業でゲーム会社と関わるというのは、具体的にどのような形なのでしょうか。

龍宝分かりやすく言うとCMですよね。注目タイトルの新発売に大々的にキャンペーンをします、というタイミングでTBSに発注をいただく、という仕事でした。

──例えば「TBSのアセットを使えばこういうことができますよ」という提案なども必要になるのでしょうか。

龍宝基本的にはシンプルにCMをお願いすることが多いです。ただ、時にはそうしたこともありました。例えばプロ野球のゲームにTBSのアナウンサーを起用してもらう、ようなケースですね。

──なるほど。ちなみに龍宝さんご自身はゲームはプレイされるのでしょうか。

龍宝実は、あまりやってなかったですね。好きでプレイしていた時期もあったんですけど、時間の問題でプレイしていると体がもたなくなってしまったので(笑)。ただ、今の状況でやらないのは駄目だなと思って、プレイするようにしているのが現状です。

──ありがとうございます。それでは蛭田さんも、あらためて自己紹介をお願いします。

蛭田健司氏(以下、蛭田)私は元々セガで『サクラ大戦』シリーズや、コーエーテクモで『無双』シリーズに携わっていたゲームクリエイターで、今でも現役ですし、死ぬまでゲームクリエイターだと思っています。ただ特徴的なのは、キャリアの中で過去3回、大きなゲーム事業の立ち上げに携わっていて、今回で4回目になるということです。

元々はプログラマーからスタートした技術者で、2社でCTOを経験している技術畑の人間なんですけれども、事業立ち上げの際には人材を採用して育成していくことも必要になっていくので、人材開発室長という立場も経験させていただきました。新規事業では事業戦略が必要になってくるので事業戦略室にいたこともありますし、室長をお任せいただいたこともあります。さらにコーエーテクモではカナダのスタジオに5年間在籍して責任者をやっていた時期もあって、経営を学びながら英語が話せて海外事情にも詳しくなりました。今は技術・人材開発・事業戦略・海外という4つのスキルの柱があるかなと思っています。

このスキルがあれば事業を1から立ち上げて、人材を採用・育成しながら事業を拡大し、海外へ広げていくことができる。そのベースとして技術があるので、ちゃんと技術的に実現可能な計画を立てて海外にまで広げていくという事業をお任せいただくには適した人間なのかなと思っています。

龍宝2030年に向けてTBSが新しいことをやろうと思い、ゲーム分野の勉強のために当時は外部にいた“蛭田さん”のお知恵を拝借しました。そして色々とお教えいただく中で「やっても良いよ」と言っていただいて。

蛭田いやいや「是非やらせてください」と(笑)。

龍宝それでジョインしていただきました(笑)。そこからは“TBSの蛭田”としてゲーム事業の推進を担っている。という流れですね。

──蛭田さんはジョインにあたって「結構なチャレンジになる」と仰っていたのを拝見しましたが、実際にはどう?

蛭田本当に迷いはしました。私のモチベーションは自分の利益より「社会貢献がどれだけできるか」というところにあります。ゲームの誕生以来、ゲーム業界は右肩上がりで伸びている一方で、日本は少子高齢化が進んで地方も元気がなくなって……と、大きな課題を抱えています。実はだいぶ前からゲーム業界が社会のお役に立てることはないだろうかと考えていて、NPO法人(NPO法人国際ゲーム開発者協会日本)の理事も務めさせていただいているんです。

ゲーム業界をいかに拡大して地域貢献できるかを考えたときに、このTBSという巨大なグループがゲーム事業に興味を持って参入してくださるのは大変ありがたいことだなと感じ、だったら自分がやりたいと手を挙げさせていただきました。

28あるJNN系列局の方々とも協力してできることがあるのではないかなとも思っていまして、特にeスポーツはこれからどんどん盛り上がっていくはず。それは地域の活性化にも繋がるであろうと考えています。

──今はアナウンサーもゲーム配信をする時代で、テレビ局とゲームの親和性もあるのではと感じます。まずTBSとして「VISION2030」があり、その中の一部としてゲームをやっていくという姿勢がスタートなんですね。

龍宝正確には「やっていく」というより、蛭田が来るまでは「やりたいけど、どうしたらいいんだろう」という状態でした。ライツを外部に提供して100%おまかせしてゲームを作っていただく、みたいな例はいくつかあったんですけど、内部でしっかり取り組んだ経験はありませんでしたから。

「VISION2030」を策定したのが2020年で、3年ごとにフェーズを区切ってアップデートしていくのですが、具体的にゲームについて動き始めたのは一昨年の秋ぐらいですね。

──第一フェーズの終わりに遂に実現した、という訳ですね。

龍宝「VISION2030」の中にはゲームについていくつも言及があるんですけど、その当時は書いた人もどうやるか分からないという感じだったと思います(笑)。それが蛭田が入ってきて、ようやく進んでいます。

──どこまで内製してどこからを外製するのかなど社内の体制についても伺いたいのですが、現在はどのような状況でしょうか。

蛭田社内からは元々テレビ局員として働いていた方が何人もジョインしてくれていますし、加えてゲーム業界からゲームプロデューサーの採用も始めて、まずは社内のゲームプロデューサーを増やしている段階です。社外のゲーム会社様と繋いでいく役割をしっかりやっていこうと考えています。例えば番組をゲーム化するにあたって、過去はゲーム会社様にある程度お任せして作っていただいていた体制から、番組からのアイディアであったり意見であったりっていうものをしっかりと反映させて、番組の視聴者の方が求めるものに仕上げるという体制に変えていく、というイメージですね。

「グループ全体で取り組むぞ」と号令を掛けてくれているのが、過去の取り組みと全然違うところかなと思います。例えば新番組をスタートするときってあっちこっちでイベントやったりするんですよね。赤坂サカス広場でリアルイベントをやったり情報番組で取り上げて頂いたり、更にはアニメ化・ドラマ化・映画化・舞台化という横展開もあります。そういう風に、ゲームにおいてもIPとして盛り上げていくぞっていうのをグループ全体で取り組める体制に変わったというところが大きいですね。

──IPを重視した戦略という方針はTBS GAMESの公式サイトからも見えてくるのですが、具体的にどういうものをイメージされているのでしょうか。例えばテレビ番組のゲーム化なのか、もっと大きなスケールなのか。

蛭田例えば「番組と連動したゲームを作っていきます」というのは“IPの出口”としてのゲーム化なんですね。過去にはアニメ化やドラマ化、舞台化はできていたけどゲーム化が組織的にできてなかったので、これをちゃんとできるようにするというのが一点。

対して『ゼルダの伝説』や『ポケットモンスター』など、ゲーム発のオリジナルIPで世界中で遊ばれているタイトルもありますよね。ゲームからそういったオリジナルIPを作って、それをアニメ化舞台化など横展開していく“IPの入口”としてのゲームもあります。その両方に取り組んでいくというスタンスですね。

──「TBS」と「ゲーム」と聞くと、過去にあったテレビ番組「筋肉番付」のゲーム化などが想像しやすいのですが、ああいったものを社内のゲームプロデューサーが開発会社と折衝しながら作って行く、というのも含まれるのですね。

蛭田一緒に作っていくのがやっぱり強いのかなと。TBSっていうのは単なる放送事業者ではなくて、実は優秀なコンテンツをたくさん作ってきているコンテンツクリエイターでもあり、ドラマのTBSって言われるように「逃げるは恥だが役に立つ」や「半沢直樹」といった大ヒットドラマもTBSが送り出しているんですよね。

そういったクリエイターが本格的にゲームにも取り組んだらどうなるだろう、というわくわくもあるので、ぜひ実現していきたいと構想しています。

──社内から事業に手を挙げて参加してくださっている方も多いというお話でしたが、ゲームプロデューサーとしての適性という意味で、テレビ局でお仕事されていた方々の特性をどう感じていますか?


《ハル飯田》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 最大86%OFF! 1,000円を切る『アライアンス・アライブ HD』や、オープンワールド2作品がセットで3,000円以下【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

    最大86%OFF! 1,000円を切る『アライアンス・アライブ HD』や、オープンワールド2作品がセットで3,000円以下【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

  2. Paradox自身ゲームの出来に満足していたはずなのに―開発中止の生活シム『Life by You』元開発者、法的措置覚悟の必死の告発

    Paradox自身ゲームの出来に満足していたはずなのに―開発中止の生活シム『Life by You』元開発者、法的措置覚悟の必死の告発

  3. 【PC版無料配布開始】英雄の魂を操る悪魔が主人公のアクションRPG『Shadows: Awakening』―最大95%オフのサマーセール中GOGにて

    【PC版無料配布開始】英雄の魂を操る悪魔が主人公のアクションRPG『Shadows: Awakening』―最大95%オフのサマーセール中GOGにて

  4. 『AC6』3,278円に『パワプロ2022』2,178円! ゲオの新セールが開幕─公式ストアでは『FF16』2,799円、『MGS:MC Vol.1』1,999円

  5. 『グランド・セフト・オート』シリーズ最新作『GTA6』正式発表!流出受けてトレイラーを予定より早く公開―舞台は「バイスシティ」

  6. 『真・女神転生V Vengeance』発売3日で販売50万本突破!無印と合わせて160万本以上を売り上げる

  7. 【PC版無料配布開始】ドーナツ工場パズル『Freshly Frosted』本編&最大20人の対戦乱闘『Rumble Club』インゲームアイテム―Epic Gamesストアにて

  8. 週末セール情報ひとまとめ『Forza Horizon 4』『Far Cry 6』『ライダーズ リパブリック』他(家庭用の情報も追加!)

  9. 高評価レビュー投稿者にSteamキー配布か?インディーパブリッシャーBD GamesがSteamからBAN…『バイオプロトタイプ』や『アーティファクト・シーカー』がプレイ不可に

  10. 『MGS V: TPP』は500万本―コナミ、平成28年3月期第2四半期決算を発表。営業利益は前年同期比の約2倍に

アクセスランキングをもっと見る

page top