物理演算で技を繰り出す無料ターンベース格闘ゲーム『Toribash Next』配信開始! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

物理演算で技を繰り出す無料ターンベース格闘ゲーム『Toribash Next』配信開始!

20箇所の関節を制御してキャラクターを思い通りに動かそう。

ゲーム文化 インディーゲーム
物理演算で技を繰り出す無料ターンベース格闘ゲーム『Toribash Next』配信開始!
  • 物理演算で技を繰り出す無料ターンベース格闘ゲーム『Toribash Next』配信開始!
  • 物理演算で技を繰り出す無料ターンベース格闘ゲーム『Toribash Next』配信開始!
  • 物理演算で技を繰り出す無料ターンベース格闘ゲーム『Toribash Next』配信開始!
  • 物理演算で技を繰り出す無料ターンベース格闘ゲーム『Toribash Next』配信開始!
  • 物理演算で技を繰り出す無料ターンベース格闘ゲーム『Toribash Next』配信開始!
  • 物理演算で技を繰り出す無料ターンベース格闘ゲーム『Toribash Next』配信開始!
  • 物理演算で技を繰り出す無料ターンベース格闘ゲーム『Toribash Next』配信開始!
  • 物理演算で技を繰り出す無料ターンベース格闘ゲーム『Toribash Next』配信開始!

デベロッパーNabi Studiosは、2006年にリリースされた無料ターンベース格闘ゲームの続編『Toribash Next』の配信を開始しました。

関節を動かして動きを作る!

『Toribash』は物理演算を利用したサンドボックス格闘ゲームで、ターンの制限時間内にキャラクターの関節を制御して相手に攻撃が当たるように動きを作っていきます。今作『Toribash Next』では武器や4人対戦、新しいリプレイエディターに加えて、カスタマイズやModオプションなどを特色としています。

主な特徴

  • 3Dの体の動きと物理演算による革新的なターンベースゲームプレイ

  • それぞれ操作できる20箇所の関節ポイント(武器を含めると21箇所)

  • クラシック、サムライファイト、アイキドー、ガンデュエルなどのゲームモード

  • チーム戦やフリー・フォー・オールを含む新規の3~4人プレイヤーモード

  • 銃、剣、杖などの装備可能な武器

  • 新しいリプレイエディターにより終了した試合の任意のポイントに戻り、結果を変更することができる

  • 多彩なキャラクター、環境、ルールカスタマイズ

  • ゲーム内経済: カスタムキャラクターやModの売買

  • プレイヤーがホストするサーバー

思ったとおりに動かせた時に盛り上がりそうな『Toribash Next』はSteam/Epic Gamesストアにて無料配信中です。

※UPDATE(2024/1/25 20:38):記事リンクを修正し、再公開しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございました。


《RIKUSYO》

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ひらめくスカートの躍動感!アニメ『ニーア オートマタ』より「2B」フィギュアが予約開始―白の契約を構える姿もクール

    ひらめくスカートの躍動感!アニメ『ニーア オートマタ』より「2B」フィギュアが予約開始―白の契約を構える姿もクール

  2. 『FF14 黄金のレガシー』で、「光のお父さん」原作者・マイディーさんに酷似したNPCが発見される―ヒカセンたちが想いを伝えるフォトスポットに

    『FF14 黄金のレガシー』で、「光のお父さん」原作者・マイディーさんに酷似したNPCが発見される―ヒカセンたちが想いを伝えるフォトスポットに

  3. 懐かしいけど、実際にクリアしたことのないゲームは?との質問に数々のファミコンタイトル『メトロイド』『ゼルダの伝説』『トップガン』などが挙がる

    懐かしいけど、実際にクリアしたことのないゲームは?との質問に数々のファミコンタイトル『メトロイド』『ゼルダの伝説』『トップガン』などが挙がる

  4. あなたには、思わず「一目惚れ」したゲームキャラクターはいますか?

  5. サッカーゲームをただひたすらに3日以上プレイし続け…ナイジェリア人男性「サッカーゲームマラソン」のギネス記録を更新

  6. 中世RPG続編『キングダムカム・デリバランスII』前作クラファンの一部支援者には無料で提供へ

  7. なにかと嫌われがちなQTE…その中でも最悪のものとは?がっかりラスボスから有名ミームになったものまで

  8. 『パルワールド』が“Twitch”にて最も盛り上がったゲームに―2024年リリースタイトルのなかで圧倒的にトップ

  9. 日本の神話や民話を題材にした和風メトロイドヴァニア『ボウと月夜の碧い花』配信開始!

  10. 小島秀夫監督「メタルギア(ステルス)以上に、説明が難しかった」―実際の“太陽の光”を使って遊ぶ名作『ボクらの太陽』21周年を振り返る

アクセスランキングをもっと見る

page top