協力プレイ対応基地建設&迎撃シューター『Outpost: Infinity Siege』発売!ベータ段階ながら日本語にも対応 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

協力プレイ対応基地建設&迎撃シューター『Outpost: Infinity Siege』発売!ベータ段階ながら日本語にも対応

通常版が2,800円で配信中。

PC Windows
協力プレイ対応基地建設&迎撃シューター『Outpost: Infinity Siege』発売!ベータ段階ながら日本語にも対応
  • 協力プレイ対応基地建設&迎撃シューター『Outpost: Infinity Siege』発売!ベータ段階ながら日本語にも対応
  • 協力プレイ対応基地建設&迎撃シューター『Outpost: Infinity Siege』発売!ベータ段階ながら日本語にも対応
  • 協力プレイ対応基地建設&迎撃シューター『Outpost: Infinity Siege』発売!ベータ段階ながら日本語にも対応
  • 協力プレイ対応基地建設&迎撃シューター『Outpost: Infinity Siege』発売!ベータ段階ながら日本語にも対応
  • 協力プレイ対応基地建設&迎撃シューター『Outpost: Infinity Siege』発売!ベータ段階ながら日本語にも対応
  • 協力プレイ対応基地建設&迎撃シューター『Outpost: Infinity Siege』発売!ベータ段階ながら日本語にも対応
  • 協力プレイ対応基地建設&迎撃シューター『Outpost: Infinity Siege』発売!ベータ段階ながら日本語にも対応
  • 協力プレイ対応基地建設&迎撃シューター『Outpost: Infinity Siege』発売!ベータ段階ながら日本語にも対応

パブリッシャーのLightning Gamesは3月27日、デベロッパーTeam Ranger開発のアクションステラテジー『Outpost: Infinity Siege』を発売しました。

ゲームの仕様や特徴

本ゲームは、タワーディフェンス・FPS・RTSの3要素が同時に楽しめるとされている、シングルと最大4人のオンライン協力マルチプレイ対応作品。

プレイヤーは、人類の英知から生み出されたAIロボット軍団の反逆により窮地に立たされた人類最後の希望として、敵の猛攻を凌ぐ防衛基地であるアウトポストを建築し反撃に打って出ることになります。

本作の特徴として、ゲームのフェーズに合わせてマップ探索や資源収集、戦備のクラフト、分隊員の育成、防衛兵器や関連設備で敵を迎え撃つ基地建築などを行っていくほか、FPSのようにプレイヤー自身が銃器を携行し前線に赴いたり、リアルタイムストラテジーのように戦闘ユニットに指示を行ったり、自身がメカに搭乗したりして敵と戦うことができます。


Vanguard Edition特典内容映像

新たにStandard Editionに加えて用意されるVanguard Editionに付属するインゲームアイテムの映像も披露されました。

こちらはStandard Editionからのアップグレードはできず、特典だけの単体販売もされないこと、収録される基地用兵器2種に関しては非購入者でもゲーム内で研究を進めることで同性能のものが利用可能であることにご注意ください。

  • Type 30 CIWS

  • Viper Chain Gun

  • Paint: Gold & Wings of Freedom

日本語はベータ段階

本作は日本語対応が表記されていますが、発売時点でベータ段階とのこと。完成を急ぐとされる一方、現在は最適なゲームプレイとしては英語もしくは中国語でのプレイが推奨されています。

発売前ビルドのプレイレポート掲載

この後、Game*Sparkでは発売前に開発元より提供いただいた先行ビルド版のプレイレポートを掲載。アクションとストラテジーの複合具合やゲームの進行の仕方、実際にはどういったゲーム内容となっているかを確認できる、序盤を中心に解説したものとなります。購入前にプレイ内容が気になる方は是非チェックしてみてください。

協力プレイやタワーディフェンスアクションファン注目の『Outpost: Infinity Siege』は、PC(Steam)を対象とし、Standard Editionが2,800円、Vanguard Editionが通常4,500円のところ発売記念セールにより4月10日まで10%オフの4,050円で配信中です。


PlayStation 5(CFI-2000A01)
¥66,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
【純正品】PlayStation Portal リモートプレーヤー(CFIJ-18000)
¥29,981
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《technocchi》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 原始時代に戦隊ヒーロー参戦!?『ARK: SURVIVAL ASCENDED』に『パワーレンジャー』コスメティックパック登場!

    原始時代に戦隊ヒーロー参戦!?『ARK: SURVIVAL ASCENDED』に『パワーレンジャー』コスメティックパック登場!

  2. 悲鳴を上げると更なる恐怖に見舞われる一人称視点ホラー『Supernatural』7月15日リリース!マイクを使いながらプレイ

    悲鳴を上げると更なる恐怖に見舞われる一人称視点ホラー『Supernatural』7月15日リリース!マイクを使いながらプレイ

  3. 『ロマサガ2』がスイッチ/PS5/PS4/Steam向けにフルリメイク!新要素も加わった『ロマンシング サガ2 リベンジオブザセブン』発表【Nintendo Direct 2024.6.18】

    『ロマサガ2』がスイッチ/PS5/PS4/Steam向けにフルリメイク!新要素も加わった『ロマンシング サガ2 リベンジオブザセブン』発表【Nintendo Direct 2024.6.18】

  4. 製作時間はたった36時間!?『マインクラフト』でリアルな1:1スケールカンザスシティマップを作成するクリエイター現る

  5. 惨劇のループから脱出を目指すサイコロジカルホラー『Homecoming』トレイラー!一家殺害事件の謎を追う

  6. これは部活動ではない、戦争だ。SD女子高生ミリタリーSRPG『RED DAWN』Steamストアページが公開

  7. コーエーテクモゲームスが『FAIRY TAIL2』を発表!アニメのクライマックス「アルバレス帝国編」を舞台に、ナツたち最後の冒険が描かれる【Nintendo Direct 2024.6.18】

  8. Steam『深夜のラーメン』7月24日リリース!『VA-11 Hall-A』『コーヒートーク』から着想を得たナラティブダイアログゲーム

  9. 『Dear Esther』開発元の1人称シナリオホラー『Still Wakes the Deep』発売―リアルな石油掘削施設での“ディザスターストーリー”

  10. 素敵なしゅうまつを!ポストアポカリプス世界をキャンピングカーで旅するドライブ生活シム『Nomad Drive』Steamストアページ公開

アクセスランキングをもっと見る

page top