【終了しました】無料オンラインイベント「2024年のeスポーツ~未来を切り開くトレンドと戦略~」4/24 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【終了しました】無料オンラインイベント「2024年のeスポーツ~未来を切り開くトレンドと戦略~」4/24

2024年4月24日(水)、無料オンラインイベント「2024年のeスポーツ~未来を切り開くトレンドと戦略~」を開催決定。浜村弘一氏、古澤明仁氏、ヒョン・バロ氏が登壇します。

ゲーム文化 イベント
【終了しました】無料オンラインイベント「2024年のeスポーツ~未来を切り開くトレンドと戦略~」4/24
  • 【終了しました】無料オンラインイベント「2024年のeスポーツ~未来を切り開くトレンドと戦略~」4/24
  • 【終了しました】無料オンラインイベント「2024年のeスポーツ~未来を切り開くトレンドと戦略~」4/24
  • 【終了しました】無料オンラインイベント「2024年のeスポーツ~未来を切り開くトレンドと戦略~」4/24
  • 【終了しました】無料オンラインイベント「2024年のeスポーツ~未来を切り開くトレンドと戦略~」4/24
  • 【終了しました】無料オンラインイベント「2024年のeスポーツ~未来を切り開くトレンドと戦略~」4/24

※本イベントは終了しました。

イードとGRITzが共同で運営するWebメディア「e-Sports Business.jp」は2024年4月24日(水)、無料オンラインイベント「2024年のeスポーツ~未来を切り開くトレンドと戦略~」を開催します。

これまでe-Sports Business.jpでは、eスポーツ業界での新たなビジネスの可能性を模索する方に情報を届けるべく、先進的なビジネスや新規参入の事例を紹介するインタビュー・ウェビナーを行ってきました。しかし、日々めまぐるしく変化するeスポーツ業界において、現在どのようなトレンドが生まれており、どのようにビジネスに取り組めばよいのかを知ることは簡単ではありません。

そこで今回、「2024年のeスポーツ~未来を切り開くトレンドと戦略~」と題したオンラインイベントを実施することが決定。eスポーツ業界では今何が起きているのか、そして2024年はどのようなトレンドが生まれていくのか、eスポーツ業界の最先端で活動している3名の登壇者に展望を伺います。

当日は、視聴者の皆様からのQ&Aも受け付けます。eスポーツ業界の動向に興味がある方、eスポーツを活用した新規ビジネスを検討している方はぜひお気軽にご参加ください!

登壇者

浜村 弘一

株式会社KADOKAWA デジタルエンタテインメント担当シニアアドバイザー
一般社団法人日本eスポーツ連合 理事

1961年、大阪生まれ。早稲田大学卒1986年、ゲーム総合誌『週刊ファミ通』(当時は『ファミコン通信』)創刊から携わる。『週刊ファミ通』の編集長に就任したのち、株式会社エンターブレイン代表取締役社長、株式会社KADOKAWA常務取締役を経て、現在は同社デジタルエンタテインメント担当シニアアドバイザー。また、様々な角度からゲーム業界の動向を分析し、コラムの執筆なども手掛ける。2018年2月に設立した一般社団法人 日本eスポーツ連合(JeSU)の理事として、日本におけるeスポーツ産業の普及とさらなる成長・発展に向けて活動中。ほか、一般社団法人 デジタルメディア協会 理事、株式会社GameWith社外取締役、ZEN大学歴史アーカイブ研究センター 副所長、立命館大学映像学部 客員教授を務める。

古澤 明仁

GLOE株式会社 代表取締役

2003年Logitech Internationalの日本法人、ロジクールに入社。その後サンディスク株式会社にてマーケティング、スマートデバイス向けの新規事業の立上げに従事し、2012年にロジクールに再入社。国内・アジア地域のプロダクトマーケティング業務を歴任する。2013年からスポーツマーケティングの要素を取り入れた独自のeスポーツ戦略を打ち出し、事業拡大に大きく寄与する。eスポーツが生み出す喜怒哀楽・ドラマ、そして可能性に魅了され、2016年10月にRIZeST株式会社を設立。2021年2月にウェルプレイド株式会社と合併。(現GLOE株式会社)日本初のeスポーツ専門施設「e-sports SQUARE」の立ち上げと運営に加え、世の中にあふれる社会的課題にeスポーツを用いたソリューションという新たな切り口にも積極的に取り組み、学校講演や企業講演にも登壇している。

ヒョン・バロ

LunaTone Inc. Founder / CEO
テンプル大学ジャパンキャンパス eスポーツ修了証書プログラム 特任准教授

米国ミシガン大学にて航空宇宙工学博士号取得後、韓国ヒョンデ自動車本社の責任研究員を経て、2017年から日本KPMGコンサルティングに入社。2023年よりゲーム・eスポーツ・メタバースなどのデジタルコンテンツ事業に特化した戦略ファームLunaTone Inc.を創業。テンプル大学ジャパンキャンパスで日本初のeスポーツ修了証書プログラムの特任准教授。

モデレーター

森 元行

イード 社長室/「e-Sportsの裏側」「e-Spots Business.jp」企画責任者

自動車情報サイト「レスポンス」や雑誌「アニメディア」を中心とした21ジャンル79メディアを運営する株式会社イードにてメディア事業本部のビジネス統括として従事。現在は社長室にて投資先のグロースを担当。 メディアプロデュース、デジタルアド、企画(プランナー)、アライアンス、マネジメント、BizDevなどを得意領域とする。 2020年から専門学校で「メディア概論」の講師も務める。 ライターとして記事執筆も行っており、eスポーツ系やビジネス系をメインで取材。2021年よりeスポーツサービスプロバイダーである株式会社JCGの取締役に着任。2022年3月立教大学大学院ビジネスデザイン研究科修了。

「2024年のeスポーツ~未来を切り開くトレンドと戦略~」
イベント概要

日時:2024年4月24日(水)12:00~13:00
登壇者:浜村弘一氏、古澤明仁氏、ヒョン・バロ氏
モデレーター:森 元行
トークテーマ(予定):「2024年のeスポーツ業界におけるトレンド」「新規eスポーツビジネスを検討している方へのアドバイス」など
主な対象:企業のマーケティング/新規事業担当者(eスポーツビジネスへの参入、eスポーツ業界の動向に関心のある方はどなたでもご参加いただけます)
参加費:無料
形式:Zoom(ウェビナー)
※あらかじめZoomアプリをダウンロードして、サインアップ(登録)しておくことを推奨します。
※質疑応答は、セミナー開催中よりZoomのQ&Aにてテキストで受け付けます。すべての質問に回答できない場合がありますことを、あらかじめご了承ください。
申込方法:下記のボタンのリンク先フォームより申し込む。

※申込直後に、参加用URLをメールにてお送りしますのでご確認ください。届かない場合は、迷惑フォルダ等もご確認ください。

お問合せ:こちらのフォームからお問い合わせください。

《e-Sports Business.jp》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ゲーム自体は好きなんだけど…。「プレイヤーが原因でゲームをやめたことはある?」の質問に寄せられた多数のタイトル

    ゲーム自体は好きなんだけど…。「プレイヤーが原因でゲームをやめたことはある?」の質問に寄せられた多数のタイトル

  2. 【メカスマインパクト】で「モスピーダ」「聖刻1092」「リューナイト」など多くの関連商品が発表!『スパロボ30』の「アルティメットダンクーガ」驚愕の追加合体ロボ設定も明らかに

    【メカスマインパクト】で「モスピーダ」「聖刻1092」「リューナイト」など多くの関連商品が発表!『スパロボ30』の「アルティメットダンクーガ」驚愕の追加合体ロボ設定も明らかに

  3. 自分だけのディストピア未来都市を建設する『Dystopika』Steamで発売―目的も勝ち負けもない心地良い現実逃避であなたは幸せです

    自分だけのディストピア未来都市を建設する『Dystopika』Steamで発売―目的も勝ち負けもない心地良い現実逃避であなたは幸せです

  4. 2003年、のちのゲーム史を分けたかもしれない「残り開発期間12ヶ月」の判断―幻の旧『Fallout 3』開発中止の裏側を初代『Fallout』主要スタッフが明かす

  5. 166時間ぶっ続けの配信で『エルデンリング』をクリアした海外ストリーマーがDLCに挑戦―気合いの入った予告映像も公開

  6. 戦略的なFPSバトルと没入感が楽しめるマルチプレイ脱出ホラー『Level Zero: Extraction』早期アクセス開始日決定!

  7. “非常に好評”の単純作業ジオラマ作成シム『Diorama Builder』Steamにて正式リリース―ボクセルで表現されたミニチュアを心行くまで組み上げる

  8. 30年の時を経て初のプラモデル化!SFC向けACT『超攻合神サーディオン』伝説の超攻アーマー「サーディオン」―森木靖泰氏監修

  9. ハードコアPvEvPタクティカル脱出シューター『Project L33T』早期アクセス開始日決定!

  10. 『ペルソナ』シリーズの影響受けた日本舞台の農業生活シム『サニーサイド』配信開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top