ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「在庫切れ」となった3.8mのロボット「クラタス」が再入荷―価格1億2,000万円、但し送料350円

ゲーム機 周辺機器

「在庫切れ」となった3.8mのロボット「クラタス」が再入荷―価格1億2,000万円、但し送料350円
  • 「在庫切れ」となった3.8mのロボット「クラタス」が再入荷―価格1億2,000万円、但し送料350円
  • 「在庫切れ」となった3.8mのロボット「クラタス」が再入荷―価格1億2,000万円、但し送料350円
  • 「在庫切れ」となった3.8mのロボット「クラタス」が再入荷―価格1億2,000万円、但し送料350円
少年時代に抱いた「ロボットパイロットになる」という夢を叶えてくれるかもしれない「クラタス」が、大手通販サイト「Amazon」に再び入荷しました。

この「クラタス」は、重量約5トン、身長は3.8mに及ぶ人型四脚巨大トイロボットです。ディーゼルエンジンを搭載し、「安全性・快適性は保障されませんが」との断り書きはあるものの人間が搭乗するスペースもあり、購入者に操縦する醍醐味を提供してくれます。



カテゴリーとしては“おもちゃ”に分類され、また「スターターキット」となるので両腕はありませんが、それでもこの「クラタス」が秘めている魅力は大きく、1億2,000万円という高額ながらも多くの注目と関心を集めています。

2013年12月にAmazonにて取り扱いを始めた「クラタス スターターキット」は長い間「在庫切れ」でしたが、今年の1月6日に「1点在庫あり」の状態に。しかも同日の夜には再び「在庫切れ」となったため、「もしかして売れたのか?」との話題が持ち上がりました。



存在だけでも大きな興味を引く「クラタス」ですが、このたびAmazonの在庫が再び復活していることを確認しました(2月1日 17時00分 現在)。相変わらず在庫は1点のみですが、1億2,000万円を支払うことが可能ならば誰でも巨大ロボットを購入できるというのは、一部の方々にとっては実に刺激的な状態と言えるでしょう。

現在発売中の「クラタス スターターキット」を誰かが購入するのか。購入者からのレビューは届くのか。そして、約5トンもの「クラタス」が350円の配送料で届くのか(関東の場合)。どれも、気になるばかりです。

(C)SUIDOBASHI HEAVY INDUSTRY

記事提供元: インサイド
《インサイド》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 30 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 海外アーティストが『DARK SOULS III』「ファランの城塞」をUE4で一部再現!

    海外アーティストが『DARK SOULS III』「ファランの城塞」をUE4で一部再現!

  2. PC版『The Crew』の動作環境が公開、NVIDIAの技術による視覚効果も紹介

    PC版『The Crew』の動作環境が公開、NVIDIAの技術による視覚効果も紹介

  3. VRでチェルノブイリ原発を歩く『Chernobyl VR』HTC Vive版が配信、360度トレイラーも

    VRでチェルノブイリ原発を歩く『Chernobyl VR』HTC Vive版が配信、360度トレイラーも

  4. 【特集】「Steamコントローラ」開封&使用レポ―Valveの提案する全く新しいコントローラをついに体験

  5. PS VR専用ホラー『Until Dawn: Rush of Blood』プレイ映像!―恐怖のお化け屋敷へようこそ

  6. 【特集】『期待のVRタイトル』10選―PS VRやOculus Riftがいよいよ今年発売!

  7. 『ポケモンGO』のプレイに便利なウェアラブルディスプレイ「Vufine」、ポケモンカラー(?)なバリエーションが登場

  8. AverMedia新型キャプチャデバイス「LGX GC550」をレビュー。ビギナーにもコアユーザーにもオススメの最上位機種!

  9. 【開封レポ】「Oculus Rift」製品版が編集部にやってきた!セットアップ手順やゲームプレイを解説

  10. PS4で本格的なゲーム動画作成に挑戦! キャプチャー機器を使った方法を解説

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top