ハードコアゲーマーのためのWebメディア

誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露

ゲーム機 技術

誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露

ラスベガスで開催されているCES 2016の会場にて、誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術が披露されていましたのでご紹介。

URANIOMが開発したこの技術は、人物の顔を3Dスキャンし、『Fallout 4』などのゲームキャラクターの顔にしてしまうというもの。会期中、CESのIntelブースにて披露されており、1月5日に行われたIntelのKeynoteスピーチでもCEOの顔を取り込んでゲームのキャラクターにしてしまうというパフォーマンスを行いました。




専用アプリを起動させたタブレットのカメラで、人物の顔をぐるっと撮影すると3Dデータとなり、ほんの少しの調整を行うだけでゲームキャラクターとして表情豊かに動き出します。

この技術により、時間をかけて自分そっくりにアバターを作る必要がなくなる…かもしれません。

《Daisuke Sato》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 38 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 「3DMark」の新DX12ベンチマークテスト「Time Spy」発表!―過去から未来への進化を体験

    「3DMark」の新DX12ベンチマークテスト「Time Spy」発表!―過去から未来への進化を体験

  2. 【特集】「Steamコントローラ」開封&使用レポ―Valveの提案する全く新しいコントローラをついに体験

    【特集】「Steamコントローラ」開封&使用レポ―Valveの提案する全く新しいコントローラをついに体験

  3. 【特集】Valve製ストリーミング機器「Steamリンク」開封&使用レポ―リビングにPCゲームがやってきた!

    【特集】Valve製ストリーミング機器「Steamリンク」開封&使用レポ―リビングにPCゲームがやってきた!

  4. GeForce新製品「GTX 1080/1070」正式発表!性能はTITAN X凌ぐ【UPDATE】

  5. 『P.T.』をUnityで再現した『PuniTy』PC向けに無料配信中、開発風景に迫るイメージも

  6. スペックや発売時期は?新型本体「PS4.5/PS 4K」の気になる噂まとめ【UPDATE】

  7. 【開封レポ】「HTC Vive」が編集部にやってきた! セットアップ方法やVR対応ゲームを解説

  8. 【開封レポ】「Oculus Rift」製品版が編集部にやってきた!セットアップ手順やゲームプレイを解説

  9. PS4で本格的なゲーム動画作成に挑戦! キャプチャー機器を使った方法を解説

  10. 【E3 2016】『Fallout 4』『DOOM』VR試験版をE3でプレイアブル展示―2017年HTC Vive対応目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top