Gamasutraによる、2006年の最も重要なゲームが発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Gamasutraによる、2006年の最も重要なゲームが発表

ニュース 最新ニュース



Gamasutraがその名もQuantum Leap Awards(とても革新的大賞)と題して、2006年の最も重要なゲームとされるタイトルを選び出しました。この時期のいわゆる各誌Game of the Yearと比べて、カテゴリやベストにあまり拘らずなかなかユニークな視点で2006年を切り出しています。トップになったWiiスポーツの他、意外な顔ぶれも。


[quote]
1位. Wii Sports:Wiiスポーツ
2位. The Legend of Zelda: Twilight Princess (Wii, Gamecube):ゼルダの伝説トワイライトプリンセス
3位. Gears of War (Xbox 360):ギアーズオブウォー
4位. Okami (PlayStation 2):大神
5位. Elite Beat Agents (Nintendo DS):押忍!闘え!応援団

選外佳作

Final Fantasy XII (PlayStation 2):ファイナルファンタジー12
Wii Console:Wii本体
Brain Age: Train Your Brain in Minutes a Day (Nintendo DS):脳を鍛える大人のDSトレーニング
Narbacular Drop (PC)
Dragon Quest Heroes: Rocket Slime (Nintendo DS):スライムもりもりドラゴンクエスト2
"Bit Generations" series (Game Boy Advance) :"ビットジェネレーションズ"シリーズ
Dead Rising (Xbox 360) :デッドライジング
Ray Hound (PC):レイハウンド
[/quote]

ゲーム産業のプロフェッショナルや教育者と学生たち相手に、革新性に重きを置いたという投票で選ばれたそうで、どちらかというと製作サイドよりの選出になっていていますが、例年になく日本のタイトルが多いのが嬉しいですね!

密かな注目作は最後に登場してる[url=http://www18.big.or.jp/~hikoza/Prod/]Ray Hound[/url]で、これはなんと日本の[url=http://www18.big.or.jp/~hikoza/]Hizoka T Ohkuba[/url]氏によるフリーの同人ソフトです。Hikoza氏の以前のインタビューは[url=http://littlemathletics.com/2006/05/23/hizoka-t-ohkuba-interview/]こちら[/url]でも読めます。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamasutra.com/features/20061220/cifaldi_01.shtml]Gamasutra[/url])[/size]

関連記事:米Spike TV Video Game Awards 2006の受賞作品が発表『Oblivion』他
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. パンツ一丁の中年男性が押し寄せるタワーディフェンス『Endless Flow』がSteam Greenlightに登場

    パンツ一丁の中年男性が押し寄せるタワーディフェンス『Endless Flow』がSteam Greenlightに登場

  2. 新マップや新ヒーローの噂も!『オーバーウォッチ』の気になる新情報公開

    新マップや新ヒーローの噂も!『オーバーウォッチ』の気になる新情報公開

  3. 「DEKKI」に『グウェント』が登場!サイト上で簡単デッキ作成&共有

    「DEKKI」に『グウェント』が登場!サイト上で簡単デッキ作成&共有

  4. PlayStation 3が出荷完了、「CECH-4300C」製品情報から明らかに

  5. 『ニーア オートマタ』世界累計出荷・DL販売本数が150万本突破!

  6. SWATチーム描く本格タクティカルFPS『Ready Or Not』発表!

  7. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  8. 噂: Steamサマーセール2017は6月下旬からスタートか

  9. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  10. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

アクセスランキングをもっと見る

page top