海外レビューハイスコア『Elite Beat Agents』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア『Elite Beat Agents』

携帯ゲーム DS

IGN: 9.5/10
新しくなったキャラクター達、人気の洋楽曲、そしてプロットはとても納得がいく。このゲームは素晴らしい、ハマるゲームプレイコアを持っている。


AceGamez: 9.0/10/10
まさにNintendo DSが現在市場を支配している理由である、奇妙で創造的なゲーム。


1UP: 9.0/10/10
すべての年齢のすべてのプレイヤーに向けられたゲームはとても限られているが、このゲームはまさにそれだ。スラップスティックなユーモア、ハマる音楽、何度でも遊べるゲームプレイ、今まで最高の音楽ゲームのひとつ。お見逃しなく。


Gamespot: 8.9/10
このゲームより変でハマるリズムゲームは、携帯機で見たことない。


EGM: 8.8/10
マイナーな不満はあるが、"Guitar Hero"のように最高に独創的で楽しめる音楽ゲーム。


押忍!闘え!応援団は、先日Wiiでも発売された超執刀 カドゥケウスと並んで、日本ではなかなかメジャーになれなかったものの、ゲームの完成度がローカライズされる前から評判になったDSソフトで、ようやく発売された海外版Elite Beat Agentsは、今年のゲームオブザイヤーでも部門賞をたびたび受賞するなど好評のようです。

当然ながらキャラクターも曲も一新されていて、あの応援団達は国家のシークレットエージェント(!)になっております。収録曲にはQueenやRolling StonesからJackson FiveにEarth, Wind and Fireがあれば、Avril LavigneにMadonnaありと(国内版と同じく歌っているのは別人のようですが)有名ヒット満載の豪華ナンバー。

中身は新しくなっても、日本版をプレイしたファンにとってうれしいのは、一度見たら癖になるストーリーのテイストやイラストのノリもまったく一緒なので、国内版を気に入った方はそのまま別の新作として楽しめます。どんな感じになっているのか気になる人は、まずはゲーム動画通信]さんなどで一見の価値アリ。

(C) Nintendo. All rights reserved.
《Miu》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 【追憶ゲーマー】『ラブプラス』(2009年)―エンドレスな甘酸っぱさを、何度でも

    【追憶ゲーマー】『ラブプラス』(2009年)―エンドレスな甘酸っぱさを、何度でも

  2. 日本一、PS Vita『夜廻』を発表―幼い彼女は生まれて初めて「死ぬこと」について考えました。

    日本一、PS Vita『夜廻』を発表―幼い彼女は生まれて初めて「死ぬこと」について考えました。

  3. ニンテンドー3DSにはリージョン制限が存在−海外サイト報道

    ニンテンドー3DSにはリージョン制限が存在−海外サイト報道

  4. 【UPDATE】国内向けPS4/PS Vita版『UNDERTALE』配信開始! ボクと いっしょに あそばない?

  5. スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

  6. 海外レビュー速報『メトロイド サムスリターンズ』

アクセスランキングをもっと見る

page top