今年を振り返る:2006年の埋もれてしまった最優秀ゲームとは!? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

今年を振り返る:2006年の埋もれてしまった最優秀ゲームとは!?

ニュース 最新ニュース


今年を締めくくるシリーズ、前回に引き続きGameSpotの裏ベスト企画番外編。今度は[b]Best Game No One Played[/b]と題して、今年[b]最も埋もれた[/b]ゲーム大賞が掲載されています。中古待ちになりがちな日本と比べて、ゲームレンタルなどのおかげもあるのか、マニアックだったり新規のゲームでも比較的埋もれにくいと言われる海外市場。登場する名前も日本とはちょっと違うようです。



[b]ノミネート[/b]

・Dreamfall: The Longest Journey (PC, Xbox)

・Exit (PSP) / イグジット

・[b]GTR 2[/b](PC)

・Super Robot Taisen: Original Generation (GBA) / スパロボ : OG

・WTF (PSP) / バイトヘル2000

今年これを受賞したのは、Xbox360版も予定されているPCの超リアルカーシミュレータGTR 2。レースゲーム部門の最優秀賞も受賞し、日本でもグランツーリスモなどに飽き足らないレースゲームファンの間で非常に評判のタイトルなのですが、PC専用というマーケットはこういうジャンルでも急速に狭くなりつつあるようです。何気に日本のタイトルが3作品も選ばれていますが、ノミネートされただけでもとても高い評価を得ていると思って間違いありません。[b]だけど売れなかった[/b]、話題にならなかったゲームということなので、単純に喜んで良いかは微妙ですが…。

ちなみに今年のGameSpot定番[url=http://www.gamespot.com/special_features/bestof2006/index.html?tag=;header]Game of the Year特集[/url]は、いわゆるCGM化が進んでいて盾のマークにあるVoteのボタンを押すと、その場で自分も投票しながら他の読者の投票数が見られます(あくまで参考意見)。さらにノミネートに投票したいソフトがない場合は自分で検索して投票することも出来るのですが、ここでなんとなく[b]Okami[/b]とか入れてみると…現在80票で選外部門の一位だったり。海外でも評判は大変良いのですが、売り上げはまたまた苦戦したようです。

次回Game of the Yearで2006年を振り返るシリーズ、最後はまじめに(?)最優秀賞をまとめてお送りします。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamespot.com/special_features/bestof2006/honors/index.html?page=9]GameSpot[/url])[/size]

続きの記事へ>>

関連記事:今年を振り返る:2006年の『Worst』 of the Yearに選ばれたのは…前編
関連記事:今年を振り返る:2006年の『Worst』 of the Yearに選ばれたのは…中編
関連記事:今年を振り返る:2006年の『Worst』 of the Yearに選ばれたのは…後編

関連記事:今年を振り返る:2006年の埋もれてしまった最優秀ゲームとは!?
関連記事:今年を振り返る:2006年の『Game of the Year』に輝いたゲームをまとめ!
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. 海外の複数有名タイトルに導入されたユーザー情報解析ソフトが“スパイウェア”としてクレーム、一部メーカーは対応

    海外の複数有名タイトルに導入されたユーザー情報解析ソフトが“スパイウェア”としてクレーム、一部メーカーは対応

  2. Steamにパブリッシャー/デベロッパーページの作成機能が追加、ベータが開始に

    Steamにパブリッシャー/デベロッパーページの作成機能が追加、ベータが開始に

  3. 『PUBG MOBILE』400万DL突破―FPPなど実装する大型アップデート間もなく配信

    『PUBG MOBILE』400万DL突破―FPPなど実装する大型アップデート間もなく配信

  4. 『フォートナイト』大物ストリーマー「Ninja」レッドブルとパートナー契約

  5. 噂:2018年Steamサマーセールは6月21日から?大手データベース解析サイトがツイート

  6. 美少女STG『Deep Space Waifu: FLAT JUSTICE』が「貧乳キャラ」やゲーム名に大幅修正、その真相は…

  7. 光なき近未来世界を生きるRPG『サイバーパンク2077』国内向け情報公開!【E3 2018】

  8. 人気アニメ「キルラキル」が対戦アクションゲーム化!『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』発表

  9. 「ゲーム依存症」認定にメンタルヘルス専門家も非難「支持者の間ですら定義が混乱している」―ESA声明

  10. 『Friday the 13th: The Game』権利問題により追加コンテンツの制作を中止

アクセスランキングをもっと見る

page top