バイオハザード+カウンターストライクな『Left 4 Dead』海外雑誌スキャン | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

バイオハザード+カウンターストライクな『Left 4 Dead』海外雑誌スキャン

PC Windows

Counter-Strikeのクリエイターが手掛けるCo-opベース(協力プレイ)のゾンビものFPSとして、先日もトレイラーをご紹介した[b]Left 4 Dead[/b]。Xboxygenにて、海外雑誌に掲載されたと思われる[url=http://www.xboxygen.com/index.php?file=News&op=suite&news_id=3201]5ページにわたる特集記事のスキャン[/url]が公開されています。



ゾンビと闘うのもう飽きた・・・ と言いたくなってしまう程、巷にはゾンビもののゲームを氾濫しているのも事実ですが、この特集記事のスキャンを見るとなかなかおもしろそうな仕上がりになっていることがわかるはずです。

[size=x-small]バイオハザードの画面だよ、と言ったらだまされる人は多いかも・・・[/size]


パブリッシャーを担当すると言われているValveのSourceエンジンが使われていることから、グラフィック、物理表現は言うに及びませんが、本作のかなめとなるのはオンラインのCo-opプレイ。マルチプレイモードが主軸となる本作では、四人編成で仲間とチーム組んで、群れを成して押し寄せるゾンビと闘うことができます。ゾンビ達の行動パターンは一切スクリプト化されておらず、ステージの地形パターンやオブジェクトを自ら認識しながら、執拗にプレイヤーのチームを追い詰めてくるそうです。こうしたゲームデザインから、PvEフォーカスな内容ながら高いリプレイ性を備えているとのこと。

チームがビルの屋上でゾンビに包囲されて、限られた武器と弾薬でしのぎを削る、といった泣き出したくなってしまいそうなシチュエーションは、映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」や「ランド・オブ・ザ・デッド」を彷彿とさせますね。記事に掲載されているモーレツに気色の悪いゾンビのアートワークにも惹かれる人はいたりして・・・

[size=x-small]ゾンビのアートワーク。彼はDoom 3に出ていたような気もしますが人違いです。[/size]


尚、Left 4 Deadのリリース時期は、GameSpotの情報によれば、PCとXbox360で2007年Q2となっています。発表されてから思ったより早いペースで開発が進んでいるのかもしれません。

《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 『PUBG』が2200万セールス突破!勢いは止まらない

    『PUBG』が2200万セールス突破!勢いは止まらない

  2. チーム対戦型ストラテジー『Total War: ARENA』オープンウィーク開催!

    チーム対戦型ストラテジー『Total War: ARENA』オープンウィーク開催!

  3. タワーディフェンスFPS『Sanctum 2』Steam版、Humbleストアにて期間限定無料配信中!

    タワーディフェンスFPS『Sanctum 2』Steam版、Humbleストアにて期間限定無料配信中!

  4. SWAT戦術RTS『Door Kickers』オンラインCo-op実装!協力ミッション攻略が可能に

  5. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  6. 『Warface』の「バトルロイヤルモード」実装アップデートが配信!―新武器なども追加

  7. 開発期間約8年の『SpyParty』が近日Steam早期アクセス!―スパイとスナイパーによる1vs1

  8. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  9. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】

  10. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

アクセスランキングをもっと見る

page top