『Crysis』やっぱり360版の登場も確実に。だけどゲームは別物!? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Crysis』やっぱり360版の登場も確実に。だけどゲームは別物!?

ニュース 最新ニュース



いまだオリジナルとなるPC版のリリースも見えて来ていませんが、先日のCES会場にて噂のXbox360版について開発スタッフが語りました。当然、同じ世界観でいくつかの同じストーリー要素を扱いますが、グラフィックどころかゲームプレイ自体もまったく異なるものになるかもしれないそうです。



2007年期待の新作PCゲームは、どうしてもDirectX10を使ったグラフィック面のアドバンテージを語られがちですが、実際のところ家庭用ゲーム機と比べて圧倒的に差があるのは(今も昔も)広大なメモリ空間による大規模なワーキングセットです。

3Dポリゴン初期に強かったレースゲームなどでもわかるように、スクリプトベースである種の豪華な一本道を進むタイプは、限られた範囲内を豪華にしつつゲーム的にはある程度妥協しやすい部分も多いのですが(最近の例で言えばCall of Duty 3など)、これが空間を丸まる再現してある程度どこに進んでも構わないオープンエンデッドなタイプになると、広いステージ自体が収まりきらないという話になってきます。(メモリをドカ食いするPC版BattleFieldと、家庭用版の別物に近いBattleFieldを考えればわかりやすいでしょうか。)

事実、前作に当たる[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Far+cry&kcatid=]FarCry[/url]はシングルプレイでありながらそういう形式のゲームプレイが売りの部分でもありました。もっともそのFarCryですら最後には家庭用版も作られましたし、実際のところどこまで別物になるかはわかりませんが、PC版のCrysisはそれだけ大物になるということなのかもしれませんね。

家庭用コンソールでのリリースが確実になったものの、今のところ発売日は未定。スタッフ曰く、360版はあらゆる意味で移植ではないし、今のところPC版を再現しようとすらしないかもしれないとまで語っているので、そもそもまだ[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11524&kword=Crysis]PC版[/url]の完成も見えていない状態で家庭用に取り掛かること自体、彼らはあまり乗り気ではないというのも確かのようです。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.xboxic.com/news/2227]Xboxic[/url])[/size]

関連記事:『Crysis』360版の発売はやっぱりなし!?今度はEA代表が否定

関連記事:『『Crysis』実はコンソールに移植可能。でも予定は今のところなし


[i]Crysis[/i]
過去の記事一覧


(C) Crytek. All rights reserved.
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. 【リサーチ】『あなたが最も期待する2018年新作ゲーム』結果発表

    【リサーチ】『あなたが最も期待する2018年新作ゲーム』結果発表

  2. 今度は3Dに!ムキムキ人間タワー新作『Mount Your Friends 3D』発表

    今度は3Dに!ムキムキ人間タワー新作『Mount Your Friends 3D』発表

  3. 米アニメ「アドベンチャー・タイム」オープンワールドゲーム海外発表!ウー大陸が水浸しに

    米アニメ「アドベンチャー・タイム」オープンワールドゲーム海外発表!ウー大陸が水浸しに

  4. 籾山庸爾氏原作のミニチュア『SteamCity』がPCゲーム化!―アジアンなスチームパンク世界

  5. 2016年にキャンセルされた『Hollowpoint』再発表!Red Kite Gamesが開発引き継ぎ

  6. 『METAL GEAR SURVIVE』国内オープンベータ開催決定―シングルゲームプレイも

  7. Google、Steamにて「YouTube VR」早期アクセス配信―VRの大迫力で好きな映像が楽しめる!

  8. コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴

  9. Bluehole創業者が『PUBG』PS4版についてコメント「SIEと協議している」

  10. Take-Two、インディーレーベル「Private Division」海外発表―Obsidian Entertainmentも参加

アクセスランキングをもっと見る

page top