海外レビューハイスコア 『Phoenix Wright: Justice For All』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『Phoenix Wright: Justice For All』

ニュース 最新ニュース



●[b]Console Gameworld: [size=medium]90[/size][/b]/[size=x-small]100[/size]
―現行のゲーム機の中で、最良のアドベンチャー体験が味わえるタイトルの一つ。

●[b]Worth Playing: [size=medium]8.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―完全な続編というよりは、ほとんど拡張キットに近い。サイコロック(英語でも一緒)を除けば変更点は非常に少ないが、これは失望というよりは古い格言のいい例です。――"壊れてないなら直すなかれ"

●[b]IGN: [size=medium]7.8[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―硬直化したデザインや、少々イライラさせられるプロットの欠陥を無視するのは正直なところ難しいです。しかし魅力的な登場人物のために、フェニックスライト(成歩堂)を嫌うこともまた難しいです。

●[b]GameSpot: [size=medium]7.7[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―よく出来た、とんでもないキャラクターが引っ張るストーリーの長編アドベンチャー。しかし、有望な初代の基礎をさらに高めることはできていない。

●[b]EGM: [size=medium]7.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―最初のゲームの方が充実していて、もうちょっと良かった。でも、新たな事件に挑戦したいDSオーナーはワクワクすることでしょう。



異議あり!の名台詞で口コミからスマッシュヒットになったGBA版が、海外ではDSに移植されて初登場これまた海外でも予想外の高評価を得た逆転裁判の第2弾です。

ストーリー主導のカッチリした続編ということで、海外市場では新作として新鮮味がない部分に対するハッキリとした異議も感じられますが、プレイしたユーザーからは第3弾への期待も高いようです。

関連記事:コスプレイヤーの祭典Ohayocon’07が開催、リアル成歩堂に異議なし!

(c)CAPCOM
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. “ルートボックスはギャンブル”ベルギー調査結果が公表―「お金と中毒性が組み合わさったものはギャンブル」

    “ルートボックスはギャンブル”ベルギー調査結果が公表―「お金と中毒性が組み合わさったものはギャンブル」

  2. 噂: 「Steamアワード」が今年も開催か―バッジページが見つかる

    噂: 「Steamアワード」が今年も開催か―バッジページが見つかる

  3. Q-Gamesが『PixelJunk Monsters Duo』を発表!―名作タワーディフェンスのモバイル向け新作

    Q-Gamesが『PixelJunk Monsters Duo』を発表!―名作タワーディフェンスのモバイル向け新作

  4. 噂: Steamハロウィンセールが近日開催か―ブラックフライデーセールやウィンターセールの日程も浮上

  5. 『STAR WARS バトルフロント II』少額課金停止の影響でEA株価が2.5%下落―海外報道

  6. PC版『Watch Dogs 2』Steamにて予約開始―豪華版の詳細や高画質スクショも!

  7. 最新作『Wolfenstein II』の国内発売が決定!―日本語吹替トレイラーも披露

  8. 『レインボーシックス シージ』「Year 3」が国内発表!新シーズンパスも発売決定

  9. GOTYは『ゼルダの伝説 BotW』に決定!「2017 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト

  10. シリーズ最新作『戦場のヴァルキュリア4』発売決定―トレーラーや限定版などの特典情報も

アクセスランキングをもっと見る

page top