海外レビューハイスコア 『Phoenix Wright: Justice For All』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『Phoenix Wright: Justice For All』

ニュース 最新ニュース



●[b]Console Gameworld: [size=medium]90[/size][/b]/[size=x-small]100[/size]
―現行のゲーム機の中で、最良のアドベンチャー体験が味わえるタイトルの一つ。

●[b]Worth Playing: [size=medium]8.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―完全な続編というよりは、ほとんど拡張キットに近い。サイコロック(英語でも一緒)を除けば変更点は非常に少ないが、これは失望というよりは古い格言のいい例です。――"壊れてないなら直すなかれ"

●[b]IGN: [size=medium]7.8[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―硬直化したデザインや、少々イライラさせられるプロットの欠陥を無視するのは正直なところ難しいです。しかし魅力的な登場人物のために、フェニックスライト(成歩堂)を嫌うこともまた難しいです。

●[b]GameSpot: [size=medium]7.7[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―よく出来た、とんでもないキャラクターが引っ張るストーリーの長編アドベンチャー。しかし、有望な初代の基礎をさらに高めることはできていない。

●[b]EGM: [size=medium]7.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―最初のゲームの方が充実していて、もうちょっと良かった。でも、新たな事件に挑戦したいDSオーナーはワクワクすることでしょう。



異議あり!の名台詞で口コミからスマッシュヒットになったGBA版が、海外ではDSに移植されて初登場これまた海外でも予想外の高評価を得た逆転裁判の第2弾です。

ストーリー主導のカッチリした続編ということで、海外市場では新作として新鮮味がない部分に対するハッキリとした異議も感じられますが、プレイしたユーザーからは第3弾への期待も高いようです。

関連記事:コスプレイヤーの祭典Ohayocon’07が開催、リアル成歩堂に異議なし!

(c)CAPCOM
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. 米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

    米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

  2. 米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

    米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

  3. 硬派中世RPG『Kingdom Come: Deliverance』100万本セールスを突破

    硬派中世RPG『Kingdom Come: Deliverance』100万本セールスを突破

  4. スーファミ風16-bitアクション『FOX n FORESTS』が今春登場! 様々な名作にインスパイア

  5. Naughty Dog、未発表の次回作は三人称視点ではない可能性―『ラスアス』開発秘話も

  6. 最もDDoS攻撃の標的になったのは「ゲーム業界」―攻撃総数自体は横ばいも79%占める

  7. 不定形エイリアンとなって人間を襲う逆ホラーゲーム『Carrion』発表! 強烈なビジュアルが刺激的

  8. 「初代ハーフライフのラスボスは自分」…ゲイブの息子グレイ・ニューウェルの海外インタビュー映像

  9. 54時間限定「Amazonタイムセール祭り」2月28日から―『ドラゴンボール ファイターズ』+ディスプレイセットなど

  10. 人気F2Pハクスラ『Path of Exile』プレイヤー数が1,300万人突破! 3月に新コンテンツ

アクセスランキングをもっと見る

page top