『Devil May Cry 4』が、マルチタイトルに?依然、噂の渦中… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Devil May Cry 4』が、マルチタイトルに?依然、噂の渦中…

ニュース 最新ニュース



雑誌PSMの今月号に、カプコンが[b]Devil May Cry[/b]シリーズをXbox360に持ってこようとしているという記事が載っているんだそうです。なぜかプレイステーション専門誌からの話なのですが、本当でしょうか?



一部サイトが[url=http://www.xbox360fanboy.com/]転載するところ[/url]によると、今月のPSM誌(その名のとおりプレイステーション専門誌なのですが、何故か背表紙がXbox360専用ソフトの広告になっていると[url=http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?p=1023]話題になった[/url]号のようです)に、Devil May Cryの将来を議論している記事があり、そこでカプコンがXbox360にDevil May Cryを持ってくるだろうとリポートされているそうです。

カプコンは既にXbox360で、オリジナルタイトルを2作ともミリオンヒットにしていますし、開発環境としてはPS3向けのDevil May Cry 4でも地続きのものを使っているようです。状況証拠だけなら可能性はあるのでしょうが、今回新たに具体的な話があったとはいいがたいですね。

Devil May Cryシリーズもまた、カプコンらしい海外で強いアクションタイトルですが、今までの3作は発売タイミングの問題もあってか家庭用ではPS2以外に一度もシリーズが出ていません。良く考えてみると、Xbox360というか次世代機ではDevil May Cry/ God of War/ Ninja Gaidenタイプのアクションゲーム自体、意外にもまだ出てなかったかもしれませんね。(期待のGod of War 2はPS2ですし、Heavenly Swordもなかなか発売日が決まりません。開発が難航しているらしいToo Humanに至っては続報がパッタリ途絶えてしまいました……)

今までのようにデモ版ダウンロードを含めたプロモーション次第では、ライバルの少ない今は結構狙い目なのかもしれません。ハードはPS3でも360でも構わないので、対戦モードとはいいませんがもしこの手のゲームで、Gears of War並のCO-OPなんかあった日には急に欲しくなるかも…!無理かなぁ。[size=x-small](ソース: [url=http://www.xboxic.com/news/2302]Xboxic[/url])[/size]

関連記事:『デビルメイクライ 4』の最新ムービー

関連記事:『ロストプラネット』グローバルで100万本出荷達成!デッドライジングに続き2本目


(C) Capcom. All rights reserved.
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. 噂:海外ユーザーが『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』Steam版2Dアセット仕様を報告、720p解像度を採用

    噂:海外ユーザーが『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』Steam版2Dアセット仕様を報告、720p解像度を採用

  2. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

    『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

  3. 『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討

    『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討

  4. SAG-AFTRAのゲーム声優ストライキに合意の見通し―セッション回数によるボーナスやプロジェクトの内容の開示など

  5. 「2017 Golden Joystick Awards」の投票受付が開始!―ノミネート作品リスト

  6. 今からはじめる『Dota 2』 ― Valveが贈るMOBAの魅力を徹底解説

  7. デベロッパーの働きかけによりSteamがオーストラリアドルなど11の通貨に対応か

  8. 全DLC収録『Fallout 4: Game of the Year Edition』発表!海外で9月発売【UPDATE】

  9. アダルト向けアドベンチャー『House Party』がSteamから一時削除―相次ぐ「ポルノ」通報を受け

  10. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

アクセスランキングをもっと見る

page top