Wiiで遊ぶ子供は太らない?イギリスの大学教授が調査結果を発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Wiiで遊ぶ子供は太らない?イギリスの大学教授が調査結果を発表

ニュース 最新ニュース

Game*Sparkでもお伝えしたWiiで減量を成功させた男性のエピソードは、国内でも広く報じられていましたが、最近イギリスのとある大学教授が明らかにした調査結果によれば、普段Wiiで遊んでいる子供はカロリーの消費量が非常に高く、結果的に体重の減量につながることがわかったそうです。


このリサーチ結果を発表したのは、イギリスはリバプールにあるJohn Moores大学のTim Cable教授。調査は、13歳から15歳になる五名の少女と七名の少年を対象にして進められ、Wiiのゲームプレイによって生じるカロリーやエネルギーの消費量、心拍数など、様々な観点から集めたデータをもとにしています。

イギリスでは、ゲームで遊ぶ人々の平均プレイ時間が一週間で12.2時間というデータがあり、Moore教授の主張するところによると、この平均的なプレイ時間をWiiで遊んで過ごした子供は、同じ時間を別のゲーム機やテレビを観て過ごした子供に比べ、通常よりもカロリー消費量が[b]40%[/b]上昇し、一年間を通すと最大で[b]12.25キログラム[/b]体重が減少することも可能になるのだそうです。

Wiiの振り回し方は人それぞれだったりするので、このカロリー消費量や減量の数値は個人差が大きいような気もしますが、学術的なリサーチの結果だと聞くと説得力はあるのは確か。現在、Wiiの出荷台数は[url=http://www.vgcharts.org/ngwars.php]全世界で500万台[/url]ともいわれており、世界中で[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Wii+Sports&kcatid=&x=0&y=0]Wii Sports[/url]や[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=126-10005]おどるメイドインワリオ[/url]で遊んでいるユーザーのカロリーの消費量を想像すると、本当に社会的な影響もあったりして・・・[size=x-small](ソース: [url=http://news.spong.com/article/11835?cb=647]Spong:Wii – Kids Burn 40% More Calories Says Research[/url], イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/maypapers/356041315/]Flickr[/url])[/size]

関連記事:Wiiの遊びすぎで痛みや疲労を訴えるユーザーが続出
関連記事:『Wii Sports』ボクシング 超高速パンチ少女現る
関連記事:Wiiリモコンとヌンチャク型のホワイトチョコレート
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

    噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

  2. 米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

    米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

  3. 54時間限定「Amazonタイムセール祭り」2月28日から―『ドラゴンボール ファイターズ』+ディスプレイセットなど

    54時間限定「Amazonタイムセール祭り」2月28日から―『ドラゴンボール ファイターズ』+ディスプレイセットなど

  4. 90年代風ゴリマッチョFPS『Hellbound』クローズドβ開始! 初プレイ映像も

  5. 米トランプ大統領「映画やゲームには規制が必要だ」―パークランド銃撃事件受け

  6. 米ロードアイランド州議員が暴力的なゲームの販売に特別税を追加する法案を検討ー海外報道

  7. 硬派中世RPG『Kingdom Come: Deliverance』100万本セールスを突破

  8. 『ゼルダの伝説 BotW』がGOTYを獲得! 第21回「D.I.C.E. Awards」受賞作品リスト

  9. 米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

  10. 庵野監督のカラーとドワンゴ、インディーゲーム開発支援会社「バカー」設立

アクセスランキングをもっと見る

page top