『Crysis』に利用されるCry Engine 2の驚愕テックデモ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Crysis』に利用されるCry Engine 2の驚愕テックデモ

PC Windows


今年9月に発売予定のCrytec最新作、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11524&kword=crysis]Crysis[/url]。ムービーが公開されるたびにそのグラフィックのレベルの高さに驚かされますが、今回もすごいものが公開されています。今回のムービーは[b]Crysis[/b]に用いられるグラフィックエンジン、[b]Cry Engine 2[/b]の技術を紹介するものです。このグラフィックエンジンは、同社の[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-10686&kword=far%20cry]FarCry[/url]にて用いられたCry Engineの後継で、木々の木漏れ日や風にたなびく様子、時間の移り変わりによる空の様子の変化などを非常にリアルに再現しています。




まずはテックデモ1。屋敷と多くの木が登場するデモですが、建物の形状に沿ってきちんと投影される木漏れ日に注目です。さらに、時間の変化に応じて太陽の角度が変わり、空の様子や影の形が変化する点にも注目です。



次にテックデモ2。これは路面電車の走る中央通りの両サイドに建物が並んでいるというもので、木々の葉が非常に細かく作られていることがお分かりになると思います。さらにムービー後半の路面電車のシーンでは影が動くものにも正確に投影されていることがわかります。

光と影に関して非常に細かく作られているこの作品、森の中での敵の発見に苦労しそうですね。

Crysis 過去の記事一覧

(c)Crytek. All rights reserved.
《Game*Spark》

PC アクセスランキング

  1. 『Bloodstained: RotN』のSteamページが公開! プレイシーン含む海外インタビュー映像も

    『Bloodstained: RotN』のSteamページが公開! プレイシーン含む海外インタビュー映像も

  2. オープンワールドを駆ける『ザ クルー 2』オープンベータ開始―Red Bullとのコラボも

    オープンワールドを駆ける『ザ クルー 2』オープンベータ開始―Red Bullとのコラボも

  3. ALIENWAREからワイヤレスゲーミングヘッドセット「AW988」が登場―最大15時間稼働

    ALIENWAREからワイヤレスゲーミングヘッドセット「AW988」が登場―最大15時間稼働

  4. 第二次世界大戦FPS新作『Post Scriptum』発売日決定!新たなWWIIスタンダードとなれるか

  5. Mojangが完全無料デジタルカードゲーム『Caller's Bane』リリース―サービス終了の『Scrolls』がフリーソフトとして復活!

  6. 『レインボーシックス シージ』国際大会「SIX MAJOR PARIS』日本予選開催決定―プロアマ問わず応募可能

  7. 新作近未来バトルロイヤル『Islands of Nyne: Battle Royale』ゲームプレイ映像が公開!早期アクセス開始も予告

  8. 『X-COM』フォロワーな戦術ストラテジー続編『XENONAUTS 2』Kickstarterキャンペーン開始!

  9. 『New ガンダムブレイカー』PC版発売延期が発表―「お客様に満足いただける品質をお届けするため」

  10. 『PUBG』初のSteamセールがスタート!全機種合計プレイヤー4億人達成を記念

アクセスランキングをもっと見る

page top