『Crysis』に利用されるCry Engine 2の驚愕テックデモ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Crysis』に利用されるCry Engine 2の驚愕テックデモ

PC Windows


今年9月に発売予定のCrytec最新作、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11524&kword=crysis]Crysis[/url]。ムービーが公開されるたびにそのグラフィックのレベルの高さに驚かされますが、今回もすごいものが公開されています。今回のムービーは[b]Crysis[/b]に用いられるグラフィックエンジン、[b]Cry Engine 2[/b]の技術を紹介するものです。このグラフィックエンジンは、同社の[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-10686&kword=far%20cry]FarCry[/url]にて用いられたCry Engineの後継で、木々の木漏れ日や風にたなびく様子、時間の移り変わりによる空の様子の変化などを非常にリアルに再現しています。




まずはテックデモ1。屋敷と多くの木が登場するデモですが、建物の形状に沿ってきちんと投影される木漏れ日に注目です。さらに、時間の変化に応じて太陽の角度が変わり、空の様子や影の形が変化する点にも注目です。



次にテックデモ2。これは路面電車の走る中央通りの両サイドに建物が並んでいるというもので、木々の葉が非常に細かく作られていることがお分かりになると思います。さらにムービー後半の路面電車のシーンでは影が動くものにも正確に投影されていることがわかります。

光と影に関して非常に細かく作られているこの作品、森の中での敵の発見に苦労しそうですね。

Crysis 過去の記事一覧

(c)Crytek. All rights reserved.
《Game*Spark》

PC アクセスランキング

  1. 『Call of Duty: WWII』PC版オープンベータテストのプリロードが開始!

    『Call of Duty: WWII』PC版オープンベータテストのプリロードが開始!

  2. 『PUBG』同時接続プレイヤー数が150万人を突破!歴代記録も更新中

    『PUBG』同時接続プレイヤー数が150万人を突破!歴代記録も更新中

  3. 【TGS2017】アリーナ対戦ロボACT『Garrison: Archangel』―カスタムしたロボで勝利を目指せ!ストーリーも搭載予定

    【TGS2017】アリーナ対戦ロボACT『Garrison: Archangel』―カスタムしたロボで勝利を目指せ!ストーリーも搭載予定

  4. 『Fortnite』に100人バトルロイヤルPvPが追加へ!開発元は『PUBG』にも言及

  5. 『サイコブレイク2』ボス戦含む「チャプター5」海外ゲームプレイ映像!

  6. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  7. 【TGS2017】ハイエンドゲームPCの存在感ヤベェ!日本HPブースフォトレポ

  8. 【特集】バトロワシューター『PUBG』が遊ばれ続ける10の理由

  9. ガストの『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』Steam版が日本語対応で発売予定―『よるのないくに2』Steam版も発表

  10. ドスパラで『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』推奨デスクトップPCが販売開始

アクセスランキングをもっと見る

page top